□■ピアニスト ラプソディー■□

たくさんのやさしさ、おなじくらいたくさんのしなやかさ、そのまえにたしかなつよさ。

私。音の葉も言の葉も

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]

余白

イメージ 1



 
                                 余白 を読むのは 

                                 余白 だとおもう

                                 こころ を伝えるのが

                                
                                        こころ であるように。




                     五線譜や手紙の余白、Deleteで隠した想いを
                  

                     読みとるのはスキルじゃない、わたしの余白なのだ




                     たぶん、アンテナが、ひとつ。 


                     人のこころの 余白 には建っていて


                     誰かの 余白 のメッセージを聴いている


                     だとしたらわたしは、だとしたらあなたは・・ 

                        

                               ( 余 白 )






                     広い余白を読むのは 広い余白だとおもう

                     白いこころが 白いこころでこそ伝わるように。




                     どんなときも、ただ広く、ただ白く 在れ。


                     もっと、アンテナが、人間讃歌を、歌うまで。

ぶらんこ

イメージ 1

.
.
                前を向いてみても

                前に進めない日は

                心ごと ぶらんこに揺られて。


                立ち止まってこだわると

                かなしみがおおきく見えるから。


                ぶらんこの やさしさ 

                ぶらんこの いきおい 

                身をゆだねれば あたたかくて
  


                本当は知っている。


                揺れているわたしのぶらんこ


                あなたが背中を押している。









じぶんの元気が萎えたときこそ、
背中に添えられた手を知る。・・そんな気がします。
                
お写真はこちらからお借りしました、
撮影はヒロ ヤマナシさまによるものです^^

春の魔法

イメージ 1

           仕事のために選んだ

           休日の特急列車。

           券売機の告げる指定席は

           先頭車両の窓際で。



           田園風景を一直線に走る路線。

           旅と云えない移動でも

           少しうれしく車窓の人となる。



           春の景色が

           流れるのではなく飛び込んでくる。

           進行方向から春があふれてくる。



           あの色は菜の花、あの色はレンゲ、

           あの色は生まれたての若い草。


           飛ぶ鳥に 生気、

           佇む人に 笑顔。


           耕す前の田は緑、

           苗床の其は水鏡。




           遠くに見える案山子は

           まさか人間だったりして

           特急列車が近づけば本当にそうだった。


           幼子が万歳してるのは

           電車にむけてだったりして

           通り過ぎる間際に確かめたら本当にそうだった。


           陽を浴びる黒い小さなボロ布は

           まさか日向ぼっこするカラスだったりして

           目を凝らせば翼をもたげて本当にそうだった。




           あぜ道に苦心して自転車を漕ぐ

           Tシャツ姿の少年が爽やかでハンサムに見えてくる。

           自分の乗るこの特急列車が

           わぁーっと歓声を上げながら春を走ってる気がする。



           首筋を無造作に

           冷房の風に撫でられて


           違和感に冷え

           何かから醒め


           席を変え目を閉じて考える。

           音楽が歌う春のよろこびってこれなんだ

           そう いまわたしが触れたものは




           まちがいなく

           春の魔法だった。

           窓の外に萌えていたものは

           春の魔法だった。




           れんげ畑みたいな色をした


           春の魔法だった。









                                            らぷそでぃ

ポエム わすれがちな

イメージ 1

                 わたしと目が合う瞬間に

                 だれかの目が輝いたなら しあわせ。


                 わたしの姿を見た瞬間に

                 ほころぶ顔が在ったなら しあわせ。



                 その時 無意識でそうなって。

                 なんの装いも嘘もないことが。


                 人としてじゃなく ただ生き物として、

                 ぽたぽたとあたたかく泣けるほどのしあわせ。
                 


                 それら気付くためにこそ使いたい。


                 気まぐれな この五感も知性も。


                 わたし という生き物の 存在も。















                                         

自分という生き物が、誰かという生き物に出逢えて、
そこに、嬉しそうな笑顔が自然に生まれたら
きっとそれだけで最高にシアワセじゃないですか☆
街のショッピングで手に入りっこないタカラモノ☆

よろこびって何?と考えるとき、
たまに、知識が邪魔をします。知性はそんなこと無いと思いたいけど・・。
だから、「しあわせの原点もしくは原典」を見失いたくないんです。
              


                                           らぷそでぃ
イメージ 1

すこし、のことなんだけど

変わるのかな

この世界は。


・・たとえば わたしたちの

我にこそ という 欲、 人を想う ココロ。

すこし、多すぎた、とか、

すこし、届かない、とか。



・・たとえば、だれしもの

夢を追う強さ、宝物を手放した夜。

すこし、遠すぎて、とか、

すこし、暗すぎて、とか。




すこし、の違いで

廻るのかな

この世界は。

だって 絶対 って

なんのことか わからないんだもの





すれ違いに泣いた日も

ああすればと後悔した日も

それから わたしとあなたの存在すらも


すこしずつの積み重ねだったのかな

どんな すこし を

頑張ったのかな 諦めてきたのかな




すこし、

背伸び、して。

すこし、

夢を、見て。

すこし、

笑って。



すこし

無理を、して

後ろも、見て

真の愛や強さや優しさが わからないと

泣いて。



だれかの 

すこし に

気付いて

自分を

すこし

変えて







未来は

すごく先のことじゃなくて

すこし

つま先が届かないだけだから



すこし

ずつ。





いつか

ずしりと重いものを

ふわりと受け止める

そうなれたらいいな




わたしよ

考えなさい?



すごく、じゃなくて



すこし、なのだから。







イメージ 1






イメージ 2

すこしの違いだと想うんですけれども、
出来ないことが、たくさんあります。
音楽だけじゃなくて・・。

でもねっっ☆
すこしでいいのだったら、
変わろうと想う、自分も、居ます☆

すこしだけ。

そう、憧れまで、

・・・すこしの一歩が、万とあるだけ。









                                           らぷそでぃ

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事