□■ピアニスト ラプソディー■□

たくさんのやさしさ、おなじくらいたくさんのしなやかさ、そのまえにたしかなつよさ。

ポエム C−Dur(心の航路)

[ リスト | 詳細 ]

    このこころ もうすこしだけ  きれいでつよくなるほうへ

    迂回路は いつまで経っても迂回路

    しなやかなつよさで たくましいやさしさで

    もうすこしだけ このこころ きれいでつよくなるほうへ



   仔犬のような小さく頼りない生き物一匹でも、私は、かくありたい。
記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 
 
 
 
今日の雨は
 
あしたの澄んだ空。
 
待ってみようかな、雨上がり。
 
なににも抗わずに
 
そう・・・ワイパーで ここの雨だけ消すよりも。
 
 
夜景は ことさら
 
闇に居る人へ向かって光るもの。
 
今日の雨は始発駅
 
あした という場所の澄んだ空は 終着駅のその向こう。 
 
 
 
傘で ワイパーで この雨だけ 消すよりも
 
待ってみようかな、あしたという場所の澄んだ空。
 
ゆるしてみようかな、、 雨。
 
 
 
 




 
 
 
 
 
 
かみさまが、「目に雨が降るようにした」んだと思う。
 
どしゃぶりのあとは 洗われて光り出すものがありますよね?
 
 
 
雨上がり という言葉はあるのに
 
涙上がり という言葉はない。
 
それって・・・気付きなさいと、試されてるのかな。
 
 
 
 
 
 
 
らぷそでぃ

華やかな街から

 
イメージ 1
 
こじゃれたサンクスカードが欲しくて
 
華やかな街へ、よりみち、そしたら。

あっちこっちのショーウィンドウに誘われ わたし千鳥足
 
笑ってしまった 

街へ出ると
 
いろんなものが 欲しくなるよなぁ。
 
そう、街へ出ると。
 
 
 
ほんとうに身につけたいものは 街には 無いんだろうに
 
 
・・・おうちにかえろう。
 
 
台風が来てるからじゃないよ

ショーケースを照らす光じゃ 明るくならないものもあるって わかるから。
 
 
 
明日のパンひとつ 思いついたみたいに 買ったら
 

 おうちにかえろう
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
読めないようなパン屋、もといペィストリーで、
横文字の名前のパン、買って帰りました。
 
気付けばデパートに居た私。なんだか、今日は妙に街が眩しくて、
並んだ(並ばされた)高価なパンもだんだん食べ物っぽく見えなくなって(爆。
 
こんな日は、おうちに帰るに限ります。ふふふふ。 
おっしゃれ〜なサンクスカードをゲットしましたから、お手紙をしたためて、と。
 
それにしても、と思う。
街に出なくても、街に出なくても、欲しいものは。なんだっけ。なんだっけ。
 
 

風と呼ぶ人

イメージ 1
  
 
ときどき あたりを探してた
こたえをくれるひとが いるような気がして。
 
そうして幾たび また目を伏せて
 
すこし 感じ始めた
こたえは いま まだ どこにもないこと。
 
時間や。
面影や。
巡る季節に咲く花が。
いつか いつか
語ってくれることなんだ って。
 
それらは そのとき
もう こたえのかたちじゃ なくなって
もう ことばのすがたすら なくなって
 
ただ触れにくる ただ撫でにくる
あたしはきっとあとから気付いて振り向くんだろう
 

なみだが ながれてくる
だからそうだったんだ と声に出す代わりに。
 
だから  人はそれを
 
風 と 呼んできたんだ
風 と 呼んできたんだ


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いのちは
いつか
そうなります。
 
遠い道の先で
わたしが
風に触れるとき
どんなことを感じるのかな
どんなことを教わるのかな
 
 
 

かたち

.
 
    
ほんとうに たいせつなものごとは
 
一滴のかたちをしている
 
両の手であれやこれや抱えてると 見えてこないんだろう
 
 
ほんとうに かなしいものごとは
 
砂金のかたちをしている
 
両の手にすくう砂の中 結局すべて水に流れてゆくんだな
 
 
 
一滴のかたちには わけがある
 
どんな巡り合わせでも かならず しのびこめるように。
 
 
砂金のかたちをして 教えている
 
あどけない子どもの川遊びに もう託してしまいなさいと。
 
 
イメージ 1
 
 
                                                             らぷそでぃ

無題(ポエム)

.
 
イメージ 1
 
鳥になってみたい
 
鳥になって空から見れば
 
真昼の月も すこし違うんだろう
 
 
 
わかれ道のあたり 街灯から見下ろし
 
刈り入れまばらな 田の上を飛び
 
渋柿を それと見抜き
 
つがいで 羽を休めて
 

明け方は南へ飛び
 
夕暮れは北に帰る
 

鳥になってみたい
 
 
ただ 貴方に 忘れずに伝えたいのだけれど
 

鳥になったあとには 
 
ただいまと両足で着地して
 
にんげんに  ちゃんと もどりたい
 
 

鳥になってみたい
 
かみさまのまえで 告白するなら
 
 
鳥になったことがある にんげんになりたい
鳥にもなれるけどにんげんのままでいるような 
 
じぶんの足で あるいてゆくひとに なりたい
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                            らぷそでぃ
 
 
                

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事