あやこさんの自然観察

ジオログから移行してきました。

4月の風景4



4月も残りわずか、もうすぐGWに入りますね。
皆さんは、ご予定はありますか。。。。
連休中は混むので、私はいつもの散歩をするくらいです。
 
早岐瀬戸に行ったら、観潮橋の近くに、こいのぼりが泳いでいました。
近づいてみると、幼稚園の子供たちが製作したこいのぼりでした。
こういうこいのぼりもいいですね。早岐瀬戸は川のような幅の海なのですが、このように早岐から針尾島に渡って、こいのぼりが泳いでいる様は気持ちが良いです。
イメージ 1

イメージ 2  
イメージ 3

こちらのこいのぼりは個人のお宅のものですが、海が目の前に広がっているので、こいのぼりも悠々と泳いでいます。初節句のお宅では、このように、こいのぼりと一緒に旗を立てます。
イメージ 4
 

海岸沿いの道では、白藤が満開でした。藤の花も満開です。
イメージ 5

イメージ 6
 
こちらの花も満開でしたが、名前がわかりません。
イメージ 7

イメージ 8
 
八重のヤマブキは豪華ですね。
イメージ 9
 
キケマンだと思いますが。
イメージ 10

イメージ 11
 
ムベも雄花と雌花があるそうです。
 
こちらが雄花
イメージ 12
 
真っ白なのが雌花。実は雌花の木に生ります。
イメージ 13
 
フデリンドウが咲き始め、山や林では、地面に気をつけて歩かなくてはなりません。
イメージ 14

イメージ 15
 

林の淵ではタツナミソウも咲いていました。
イメージ 16  
帰化植物のナガミヒナゲシ。繁殖力が強いので、庭に生えてきたら、すぐに駆除しないと、他の植物が負けてしまうそうです。
イメージ 17
 
園芸種のナニワノイバラ。原種に近いバラなので、こちらも勢力があり、どんどん増えていきます。
こんなにおおきくなっていませんが、我が家のナニワノイバラも、随分広がってきました。
イメージ 18

イメージ 19
 
シラー・ベルビアナ。この花、あちこちの花壇で見かけますね。とてもゴージャスです。
イメージ 20
 
シラン。こちらも良く見かける花ですが、庭から脱出して野生化している姿も見かけます。
イメージ 21  
 
カワトンボに出会いました。今年初見で、嬉しかったです。
 
アサヒなカワトンボの♂です。
イメージ 22  
こちらもアサヒなカワトンボですが、♀か、♂か、判別できません。
イメージ 23

イメージ 24
 
初めてニワハンミョウ?に出会いました。お尻の先が緑色に光っていました。
イメージ 25
 
ヤマトシリアゲ♂です。腹端をサソリのように巻き上げているので、ヤマトシリアゲと名前が付きました。
イメージ 26
イメージ 27
 
クロコノマチヨウ。翅の裏側はこのように、枯れ葉そっくりで、枯れ葉に止まっていると見分けがつきません。表側は目玉模様があり、とても綺麗なのですが、翅を広げたところを見たことがありません。
イメージ 28
 
ムラサキシジミ。
翅の裏側はこのようにとても地味です。
イメージ 29
 
翅を広げるとこのように美しいムラサキ色ですが、成虫越冬していたので、翅がボロボロでした。
イメージ 30  
 
ヒメアカタテハ。
幼虫で越冬するそうですが、近年成虫で越冬する個体も出て来たようです。
この個体は綺麗なので、幼虫越冬だと思います。
イメージ 31  
 
 
今週も猫さんに会えませんでした。
これから暑くなるので、出会える機会が少なくなるかもしれません。
 


イメージ 32

恩田陸の「蜜蜂と遠雷」を読みました。
ファンタスティックで、リズムがあって、ドキドキしながら、あっという間に読み終えていました。
一緒に、コンクールの本選まで鑑賞した気分です。
私はとても興味深く読みましたが、全員に合う本かどうかは、わかりません。
興味のある方は読んでみてください。507ページあります。
 
 
それでは皆さん、GWを楽しんでください。
 
 

.


みんなの更新記事