あやこさんの自然観察

ジオログから移行してきました。

11月の風景1


11月に入りました。
10月は悪天候の日がつづきましたが、台風も去り、これから一月、晩秋を楽しみたいと思います。昨日、一昨日と、月が綺麗に見えました。今日は見えませんが。

佐世保の作家の小説を、ほとんど読まないで過ごして来たのですが、佐藤正午が「月の満ち欠け」で、直木賞を受賞してから読み始めて以来、佐藤正午に入り浸っています。

イメージ 1

いずれも、優柔不断で冴えない男が主人公なのですが、その空気感にすっかり馴染んでしまって、作中に自分も入り込んで暮らしているような毎日です。この生活から抜け出すのは、ちょっと大変そう。。。
この画像はそんな小説とは違う雰囲気の短編で、1話ごとに描かれている牛尾篤のイラストが素晴らしいのです。
イメージ 2


衆院選の結果ですが、今回も自民党圧勝に終わりました。皆、安倍政権の批判はしますが、他に入れたい党がなかったとかで、自民党に入れるくらいですから、日本人の多数は、現状にほぼ満足しているということですね。革新の家で育ち、革新系の強い地域で暮らしている私としては納得できない部分もあるのですが、皆さんの意思がそうなら、再び戦争に参加することになっても、やむを得ない気がします。

ドバトが電線に群れていました。
イメージ 3
 
どこにも行けないで、いつもの散歩コースですが、ススキの穂が風に揺れて、秋だなあという景色になりました。
イメージ 4
 

川にはコガモが渡来していました。まだ♂は冬羽になっていないようでした。
イメージ 21

オオバンはだいぶ数が増えて来ました。
イメージ 22

アトリの群れも来ていました。
こちらが♂
です。
イメージ 23

こちらが♀。
イメージ 24

冬の使者、ジョウビタキの♂も来ていました。
イメージ 25


イヌホオズキの花と実です。
イメージ 5

イメージ 6
 
こちらはキカラスウリ。
イメージ 7

こちらがカラスウリです。
イメージ 8
 
ハナミョウガの実です。もう少しすると真っ赤になります。
イメージ 9
 
ビナンカズラの実。まだ真っ赤になっていませんでした。
イメージ 10
 
センダンの実は黄色く、色づいてきました。
イメージ 11


キンモクセイの花は遠くまで香りを漂わせています。
イメージ 12

ナンキンハゼの実は白くなります。
イメージ 13

クサギの実は紫色。綺麗ですね。
イメージ 14
 
 
こちらの樹木の実がなんだかわかりません。

★房総いちこさんに回答いただきました。
赤い実の正体はテイカカズラの虫こぶのようです。
調べて見ましたら、右上に見えている細長い鞘が、テイカカズラの実で、丸い実は、ミサキフクレフシというタマバエの虫こぶだそうです。それにしても、随分寄生されていますね。
イメージ 15

アケビの実は、ほとんど採られていて、中身が残っていないものばかりでした。
イメージ 16

ヤクシソウがまたあちこちに咲いています。夏から秋にかけて、花期が長いですね。
イメージ 17

ツマグロヒョウモン♀がセイタカアワダチソウに止まっていました。
イメージ 18


ホソヒラタアブはヤクシソウに止まっています。
イメージ 19

こちらの虫は種類がわかりません。
★ベッコウバエの仲間のようです。
イメージ 20

フキバッタのカップルでしょうか。
上にいるのが♂なのですが、なんだか、可愛い姿ですね。
★zai*iosさんに教えていただきました。トノサマバッタのカップルのようです。
イメージ 26

ヤブキリかな。
★zai*iosさんの回答で、ヒメクダマキモドキのようです。
イメージ 27

コアオアハナムグリ、今年はあまり姿を見ませんでした。
イメージ 28

カマキリさん、秋も深まってきて、最期の時を迎えているようです。
イメージ 29

イメージ 30

ツチイナゴの幼虫。成虫の姿で越冬します。
イメージ 31

川辺に咲くミゾソバの花。可愛いです。
イメージ 32
 
小さなツタの葉の紅葉も素敵ですね。
イメージ 33

これから本格的な紅葉シーズンを迎えますが、佐世保にはあまり紅葉する樹木がありません。ちょっと寂しい晩秋です。
 
今週の猫さん、だいぶ前に出会った方々です。
イメージ 34

イメージ 35

それでは良い週末を。。。
 



.


みんなの更新記事