あやこさんの自然観察

ジオログから移行してきました。

7月の風景1


西日本豪雨災害から1週間経ちました。
沢山の犠牲者を出した、悪夢のような豪雨でした。これからこのような豪雨が毎年繰り返されるのではないかと、危惧します。連日40度に達することもある猛暑日が続いています。被災地での作業でも熱中症にかかる人が続出しているようです。少しでも暑さが和らぎますように。。。
 
佐世保も近くの早岐川が氾濫しそうになりましたが、幸い氾濫せずにすみました。しかし、いつ被災するか紙一重だと思い知りました。
その後、35度まで気温が上昇するようになり、散歩には出かけられません。
 
今日載せる画像は715日以前に撮影したものです。
今後も気温次第では、しばらくブログの更新はできなくなるかもしれません。
 
梅雨が明けた佐世保はすっかり夏空になりました。

イメージ 1
 
青空に向かって、オニユリが咲いていました。
イメージ 2
 
ヒメヒオウギズイセンも鮮やかなオレンジ色の花を咲かせています。
イメージ 3
 
ヤブカンゾウも控え目なオレンジ色の花です。
イメージ 4
 
ノウゼンカズラもあちこちで目を惹きます。
イメージ 5

イメージ 6

ナツメの実も食べごろです。
イメージ 7
 
早岐瀬戸ではハマボウの花が盛りを迎えていました。
オクラの花に似ていますが、少し黄色みが濃いように思えます。
イメージ 8

イメージ 9
 
ジャのヒゲの白い花、地面近くに咲くので、野道を歩いていると、目に止まります。秋に生る種子はブルーで宝石のように美しい。
イメージ 10
 
木にぎっしり着生しているのはノキシノブというシダの一種です。
イメージ 11


さて、この夏最後になるかもしれませんが、今までに撮影できた昆虫の紹介です。
 
まずは大型のゴマダラカミキリに久しぶりに出会いました。
イメージ 12

イメージ 13
 
美しい複眼のアオメアブ。姿はグロテスクですが、その眼の色の美しさには魅せられます。
イメージ 14

イメージ 15

 
カノコガ、翅の表側から撮りたかったのですが、どうしても移動してくれませんでした。カノコ模様の美しい翅を持っています。
イメージ 16
 
今年も会えました。ハンミョウです。怖い顔つきをしていますが、とても鮮やかな色の虫です。
イメージ 17
 
ナナフシに出会いました。よく見なければ、虫だとは気が付きませんでした。
イメージ 18
 
これはツユ虫の仲間かな?
イメージ 19
 
こちらはツマグロイナゴモドキかな?
イメージ 20
 
トンボ達です。トンボの名前、全然自信がありません。
バッタ類もよくわかりません。
 
田圃の上空を群れで飛んでいるウスバキトンボ。どこから渡って来たのでしょう。
イメージ 21

イメージ 22
 
オオシオカラトンボ♂です。
イメージ 23
 
田圃の中で交尾をしているところ。
イメージ 24
 
ため池にいたのはタイワンウチワヤンマです。
イメージ 25
 
こちらはコオニヤンマでしょうか。
イメージ 26
 
ショウジョウトンボ♂です。
イメージ 27
 
こちらはショウジョウトンボ♀かな。
イメージ 28
 
モンシロチョウ。
イメージ 29
 
こちらはスジグロシロチョウです。
イメージ 30
 
 
今週の猫さんです。初めての場所で、初めての出会いでした。
イメージ 31
 
皆さん、まだまだ続きそうな猛暑です。なんとか知恵を絞って、乗り切りましょう。
 
 
 
 
 



.


みんなの更新記事