あやこさんの自然観察

ジオログから移行してきました。

11月の風景1


11月も半ば過ぎになりました。
今年は例年より少し紅葉の時期が早いようで、紅葉狩りに出かけてみました。
 
11月7日佐世保市上原町の浄嶄寺に散歩に行きました。
例年ですと11月後半にならないと紅葉しないのですが、今年はもう4割ほど紅葉していました。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 5


イメージ 3

イメージ 4
 
 
そこで、11月11日の日曜日は、佐賀県武雄の御船山楽園に行きました。
着いたのはまだ10時前でしたが、もうかなりの人で、シャトルバスを運行していました。近年、中国人をはじめ、外国人の観光客が増えて来たので、この日も随分賑わっていました。夜は庭園全体がライトアップされるそうです。
 
大池の周辺が最もモミジが多く植えられていて、モミジの中を散策できます。
イメージ 6
 
池の対岸の紅葉も、池のこちら側から見る景色が一番美しいと思います。
イメージ 7

イメージ 8
 
御船山楽園は、御船山をシンボルにして、作られている庭園で、どこからでも御船山を見ながら散策できるところが、他の庭園と違い、庭としてはスケールの大きな風景になっています。
 イメージ 9
 
大イチョウもだいぶ紅葉していました。
イメージ 46

イメージ 47


帰りに奇岩で有名な乳待坊に寄ってみました。
元は修験道者の修行の場だったそうで、弘法大師様が祀られています。
乳待坊は黒髪山ルートの出発地点にもなっていて、カラフルな衣装を着た山ガールたちが、駐車場に集まっていました。
紅葉はまだ始まったばかりのようで、11月下旬がピークではないかと。
11月22日にはいい夫婦の日にちなんで、夫婦岩がライトアップされたり、様々なイベントが催されるそうです。

夫婦岩です。
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14



 
出会った植物たち。
 
これはノイバラの実でしょう。
イメージ 15
 
こちらはサルトリイバラの実。
イメージ 16
 
宝石のようにきれいなのは、ヒヨドリジョウゴの実。
イメージ 17
 

サネカズらの実も赤くなってきました。
イメージ 18
 
こちらはイヌホオズキの実です。
イメージ 19
 
クチナシの実は形が好きです。
イメージ 20

アケビの実も食べごろです。
イメージ 21
 
この可愛らしい水色の実は何かしら。。。
イメージ 22
 
ハゼの実は地味な色ですが、小鳥たちの栄養源になります。
イメージ 23
 
ツワの黄色い花が盛りです。あちこちに咲いていますが、どこに咲いていても目立ちます。
イメージ 24 
セイタカアワダチソウと一緒にさいているのは、アキチョウジの花かな。
イメージ 25 
これは同じ花でしょうか。
イメージ 26
 
川のほとりにはミゾソバがいっぱい咲いていました。
イメージ 27

イメージ 28
 
 
下野原ダムのナンキンハゼも赤く紅葉していました。
イメージ 29

もうホシハジロの大群が訪れていましたよ。
去年は短い期間しか滞在しなかったようですが、今年はいつまでいるでしょうか。
400羽くらいはいたと思います。
イメージ 30

イメージ 31
 
ダイサギが小森川で佇んでいました。流れの急な場所で、魚が捕れるのでしょうか。時々この場所で見かけます。
イメージ 32
 
早岐瀬戸で出会ったのは、カワウたち。綺麗にシンクロしていました。
イメージ 33
 
ミサゴは狩りの現場も見たのですが、撮影できず、これはかなり遠いところの電線に止まっています。
イメージ 34 
コサギは正面から見ると、別人のよう。表情ががらっと変わります。
イメージ 35

イメージ 36
 
セグロセキレイもやんちゃな目つきをしています。
イメージ 37
 
カルガモ達の泳いでいるため池にも落ち葉が浮かんで、とても綺麗です。
イメージ 38
 
マガモ、コガモたちの姿も少しづつ増えて来ました。
イメージ 39

イメージ 40
 
 
モズはあちこちで見かけるようになりました。近づいても逃げません。
イメージ 41
 
ジョウビタキ♂に出会いました。
イメージ 42
 
 
バッタさんのカップル。下の大きい方が♀。上に乗っているのが♂です。種類はちょっとわかりません。調べてみます。
☆クルマバッタモドキかなと思います。
イメージ 43
 
ツマグロヒョウモンの♀です。産卵して役目を終えます。冬は幼虫や蛹の姿で越冬します。
イメージ 44 
 
だいたいこんなところで、秋の報告を終わります。
 
最後に出会った猫さん。この猫さんは、何度か登場しているかもしれません。
イメージ 45 
11月18日からコーラスの出演が3つ続きますので、また忙しくなりそうです。ブログの更新もなかなかできませんが、どうぞ気長にお付き合い、よろしくお願いします。
 
 
 



.


みんなの更新記事