心の医者の医論彩々

「趣味」、「四季」や「時事」で感じた雑記帳です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 柔道・女子70kg級の上野選手・・・。決勝では、「朽木倒し」で一本!これまで、欧州選手が日本選手に多用した技ですね。お見事!
 注目したのは、体操・女子団体でした。これまでは、旧・東側の独壇場で男子の陰に隠れていましたが「予感」?を感じさせましたね。5位に「天晴〜!」

 さて、明日は8月15日です。2008年、昭和で換算すると83年ですね。「終戦」から63年間が経過しました。
 「終戦」60周年は、沢山の映画がありましたが「ローレライ」は名作と言っても良いのではないでしょうか?

?H1>「終戦のローレライ」

 原作:福井晴敏
 吉川英治文学新人賞、日本冒険小説協会大賞受賞です。ミステリーともエンターティメントともとれる作品ですね。
 映画の方も、ただの「泣かせ」でもなく軽くもなく「え?」っというようなストーリー展開でメッセージも多々こめられているようです。
 「原子爆弾」「特別攻撃」そして「ユダヤ」問題まで・・・。

?H1>史実に近い?

 映画「ローレライ」では、潜水艦もドイツから新鋭艦導入の設定になっていますが「Uボート」よりも日本の「イ号潜水艦」の方が優秀でした。
 史実で特記すべきは「イ400型潜水艦」です。巡洋艦並みの大きさで「晴嵐」という特殊攻撃機を3機も搭載していました。パナマ運河の爆撃が目的だったのですが、1945年には戦況不利な中ウルシー爆撃に向かう途中に「終戦」となり米国に投降しています。
 ストーリーが似ていますね。

?H1>「イ507潜」の砲塔・・・

 これが、奇妙に見える方も多いかもしれませんね。
 しかし、これも史実に近いですね。かつてフランス海軍の潜水艦で、ほぼ同様な形状のものがありました。
 そこへ「N式・ローレライシステム」ですが、これは「回天」や真珠湾以来の「甲標的・特殊潜航艇」がモデルですね。

?H1>ん?「22号電探」??

 映画では、ドイツ製潜水艦を誇示するようにマニュアルや各種計器にドイツ語?横文字が目立ちます。
 艦長・絹見少佐(役所広司)や航海長・木崎大尉(柳葉敏郎)らが艦橋へ上がりますとラッパ型の何かがあります。
 双眼鏡かなぁ?とマジマジと見ますと、どうも旧帝国海軍の「22号電探(レーダー)」のようです・・・。

?H1>「ピ〜ン、コ〜〜ン、ピ〜ン・・・」

 潜水艦映画でこの音は大事ですね。
 当時の聴音測定では自分から音波を発する「アクティブ・ソナー」が最新鋭ですね。近代戦では、1発でも索敵音を発すれば負けですね。敵に位置を教える訳ですから。
 「N式」の概念は、現代でも同様で「海上自衛隊」の潜水艦は、全艦が曳航式ソナーを装備しています。当然、音波を発しない「パッシブ・ソナー」です!

?H1>生命の尊さ・・・

 「ローレライシステム」の中枢である少女・パウラ(香椎由宇)は、ユダヤ人のようです。人間の能力の特殊性を出した「人間兵器」?しかし、生命を奪う度に自分自身が消耗していきます・・・。
 8月9日11時2分の「長崎」のシーンは意味がすぐに解りましたね。
 絹見艦長は「特攻反対派」です。途中で志願者以外は下艦させます。しかし、シッカリと登舷礼で見送ります。
 使命とは何か?が問われるシーンですね。戦う使命、生きる使命、復興の使命・・・様々な使命があるものです。

 「終戦のローレライ」・・・
 「核戦争」・・・
 「潜水艦建造争い」・・・
 「回天」・・・
 「特攻」・・・
 人種や民族・・・
 エンターティメントではあるのでしょうが、映画「ローレライ」には多くのエッセンスが箱詰めになったような印象です。

この記事に

閉じる コメント(28)

戦争映画は見ない主義ですが、ローレライの内容は興味深いですね。
時の流れに風化しがちですが、悲劇を二度と繰り返さない為にも 伝えていかなければいけませんね。

2008/8/15(金) 午前 9:44 [ - ] 返信する

顔アイコン

ヽ(^0^)た(^。^)だ(^-^)い(^O^)ノま
今度観てみますm(__)m

2008/8/15(金) 午前 11:05 姐 返信する

顔アイコン

戦争の映画は生生しく最後まで正視できないんですよ。あまりに現実的なこの映画は後世に残る名作ですね。わずか63年、全てを失った日本人がいたことを忘れてはなりませんね。

2008/8/15(金) 午後 5:53 tsu*u*amont* 返信する

顔アイコン

回天、特攻の話とか、昔から興味あり「丸」とい戦記雑誌で読んでました。いまでも、その雑誌出版されてます、自衛隊のいろんなことものってます。

2008/8/15(金) 午後 6:55 [ - ] 返信する

顔アイコン

BUGINNOSEさん。こんばんは。
私は、当然「戦後」生まれですが、幼い頃は周囲に沢山戦争の遺物が残っていました。教育もです。風化は怖いですね。

2008/8/15(金) 午後 7:23 アリス 返信する

顔アイコン

べあさん。こんばんは。
こういう映画って一度では、メッセージが伝わり難いですよね。

2008/8/15(金) 午後 7:24 アリス 返信する

顔アイコン

あいさん。こんばんは。
これは、必見の価値ありかと。「亡国のイージス」よりは深いような気がしました。

2008/8/15(金) 午後 7:26 アリス 返信する

顔アイコン

KATUNAさん。こんばんは。
本筋からズレてはいないと思います。多くの野球名選手が戦死されています。あの沢村さんもですね。

2008/8/15(金) 午後 7:28 アリス 返信する

顔アイコン

ykawai0319さん。こんばんは。
原作を読んで映画を観ると、物足りなかったという感想が多いそうです。

2008/8/15(金) 午後 7:29 アリス 返信する

顔アイコン

TKさん。こんばんは。
当初、日本人の女優さんだとは分かりませんでした。

2008/8/15(金) 午後 7:30 アリス 返信する

顔アイコン

gaden7mamaさん。こんばんは。
「ローレライ」は、単純な泣かせでもなく、スリルも多くあるサスペンスでもあるようです。

2008/8/15(金) 午後 7:32 アリス 返信する

顔アイコン

オーラさん。こんばんは。
63年間・・・。63歳以上の方々の頑張りがあって、今の国家があるような気がします。

2008/8/15(金) 午後 7:33 アリス 返信する

顔アイコン

NAGIさん。こんばんは。
「ローレライ」は、潜水艦エンターティメントでもあり、フィクションですから入り易いかもしれません。

2008/8/15(金) 午後 7:35 アリス 返信する

顔アイコン

姐御さん。こんばんは。
役者さんもいい味を出していますよ。柳葉敏朗さんが、名脇役です。

2008/8/15(金) 午後 7:36 アリス 返信する

顔アイコン

TMONTEさん。こんばんは。
63年前の日本人は凄いと思います。力強いですね、生き方が。

2008/8/15(金) 午後 7:38 アリス 返信する

顔アイコン

マレーネさん。こんばんは。
雑誌「丸」は、史実に忠実で教科書が教えない社会科でしょうか。

2008/8/15(金) 午後 7:39 アリス 返信する

顔アイコン

アリス先生。こんばんは。

乗り物好きの私ですけれど、潜水艦だけは乗るのコワイです。。。

読み物や、映画だけで充分です。。。

小学校の頃は、空想科学小説家のジュール・ヴェルヌが好きでして、「海底二万里」に出てくる「原子力潜水艦ノーチラス号」のネモ船長の冒険を読んで楽しんでいましたが、大人になって、映画「Uボート」を観て、こんな乗り物だけは乗りたくないとしみじみ思いました・・・・

2008/8/15(金) 午後 10:30 KOKO 返信する

顔アイコン

この時期になるとTVもいろいろな特集を組みますね。
今、戦下にあったら生き延びられるか、全然自信ありません。

2008/8/16(土) 午前 0:03 chi*a96*ii 返信する

顔アイコン

KOKOさん。おはようございます。
潜水艦と潜水艇は違いますよね。海底探検と戦争では、まったく意味が違ってきますね。

2008/8/16(土) 午前 7:32 アリス 返信する

顔アイコン

chihaさん。おはようございます。
私も自信がありません。しかし、現実に最近でも戦闘がありました。いゆも、何処かが戦禍です。

2008/8/16(土) 午前 7:35 アリス 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事