心の医者の医論彩々

「趣味」、「四季」や「時事」で感じた雑記帳です。

旅・出張

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

阿蘇ファームビレッジ

 鬼門の阿蘇
 
 通常の休日も混雑しますが、GWなどは途中の高速道路で4050㎞渋滞は当たり前です。
 もう30年も前の学生時代にもよく行っていましたが、混雑は変わっていません。
 結局、熊本ICからの国道も凄いことになるのです。昔は、草千里辺りが目標でした。

イメージ 1
 
 阿蘇ファームランドです。
 
 阿蘇には昔から牧場兼・ペンションなどがありましたが、観光化されていませんでした。
 広大な土地を使っています。多分、「道の駅」が発祥なのでしょうか?少々複雑です。
 全室一戸建ての阿蘇ファームビレッジがあります。球形構造物が無数に並んでいます。

イメージ 2
 
 フロント〜端の方はシャトルバス
 
 幸いフロント近くのお部屋でした。54日は雨天で、庭ではくつろげませんでした。
 中は広々していて、ベット4台は余裕で入ります。バス・トイレもしっかりしています。
 当然、阿蘇ですから温泉が充実しています。イベントも充実で老若男女が楽しめます。
 
 建築を見て思ったこと。
 
 ホテル建設・経営のためだけですと、あまりにも奇抜なデザインでかつ重厚な造りです。
 あくまでも想像なのですが、火山用シェルターとの関連?コンクリが異様に厚いのです。
 もし正解でしたら、火山国土の日本における新たな事業展開の可能性なども考えました。
  突然の出張
 
 通常の出張は、少なくとも数ヶ月前に決まっています。事前に不在通知を掲示します。
 9月上旬になって、急遽上京することになりました。日程調整が難しかったですね。
 会議は、921日ですから、なかなか上手くいきません。世の中は、飛び石連休ですね。
 
  汐留は、空いていました
 
 東京駅界隈のホテルは、満室ばかりでした。ステーションホテルが空いている?おや?
 とんでもない値段のスウィートなら空いておりましたが、研究会発表だけですからね。
 会場は、汐留シティーセンターの24階でした。真ん前のホテルは、結構空いていました。
 
 
イメージ 1
 
  ロイヤルパークホテル汐留です。
 
 24階がフロントになっています。個人的には、圧迫感があって好きではありません。
 フロントから、またまた奥まったエレベーターで客室に移動するのです。30階でした。
 部屋は、狭いながらも洗練されていますが、田舎者にとっては息がつまりそうです。
 
 
イメージ 2
 
  東京タワーです。
 
 東京タワーが見えるお部屋ということで、予約したのですが窓から鋭角の方向でした。
 ブルーのイルミネーションで飾られています。22時になりますとパッと変わります。
 やはり、通常の照明が好みなのは年代でしょうか?まあ、単なるお上りさんでしたね。

学会出張、徳島

 また学会出張です。
 
 今回も、ポイントゲットが主な目的ですから動機は不純です。先週と同じ時刻に出ました。
 新幹線は乗り慣れていますのでいつもの感覚です。問題は、乗り継ぎの多さで緊張します。
 今回は、岡山駅で「マリンライナー」に乗り換える必要がありますので爆睡出来ません。
 
イメージ 1
 
 「マリンライナー」です。
 
 岡山→高松が56分もかかるものなんですね。陸路?鉄道での四国は初めてなんです。
 瀬戸大橋を渡ったことがありませんから大冒険です。船か飛行機しか経験がありません。
 1両目は、2階建てになっていました。2階席でしたから眺望は抜群でした。曇天でした。
 
イメージ 2
 
 特急「うずしお」です。
 
 JR四国の列車名は、海自の護衛艦に似ています。確か、潜水艦で同名があったような。
 これで、高松→徳島が1時間10分です。古典的な車両でした。2両編成の特急でした。
 ディーゼル機関車ならではで、エンジン音と共に引っ張られるような加速感もあります。
 
イメージ 3
 
 帰途は逆ルートです。
 
 徳島滞在は、実質十数時間です。近年は、自分で発表演題を出すことが無くなりました。
 20年以上入っている学会ですが、随分と大きくなってしまいました。若い方が多いです。
 最近の学会受付は、ATMのような感じですが、外の最後尾から20分以上はかかりました。
 

横浜、学会出張

 学会出張です。
 
 学術的なことよりも当然必要ですが、各種認定医のポイント収集で出席せねばなりません。
 学会の資金集めという批判もありますが、各地への経済波及効果も無視出来ないでしょう。
 日常診療の犠牲を最小限にするために、木曜日午後を中心に日程を自己調整しています。
 
イメージ 1
 
 ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルです
 
 水曜日の深夜に到着しました。確か、学会出張では2年ぶり2回目の利用です。
 パシフィコ横浜と連結しているために便利なホテルです。In&outが厳しい学会です。
 横浜中華街や横須賀なども行ってみたいのですが、学会場だけで手一杯のとんぼ返りです。
 
 学会認定とは?
 
 現状では、多くの認定医が移行措置期間の認定のために、あまり効力がありません。
 厚労省は徐々に専門医制度を拡充する動きを見せています。In&outが厳しくなります。
 一方では、家庭医を奨励する動きもありますから、矛盾する医療政策かもしれません。
 
イメージ 2
 
 観光地が眩しいですね。
 
 チェックインするなり、お部屋の写真と窓の外の夜景を撮りました。華やかな都会です。
 初回も同様だったのですが、港の方に出る時間はありません。観覧車が眩しいですね。
 観光で、のんびりくつろいでみたいものです。いつも残念です。出張はいつも慌ただしい。

京都、5月5日

 京都の最終日は残念ながら雨模様でした。
 
イメージ 1
 
三条大橋です。
 
 都会なのですが鴨川の水は綺麗です。つい川で石遊びです。ところが足を滑らせました。
 幸い、ホテルの近所でしたからグチョグチョのスニーカーのまま部屋に戻れました。
 
イメージ 2
 
 三十三間堂です。
 
 平清盛の栄華が偲ばれます。仏像は当然撮影禁止ですが中は圧巻というよりも荘厳です。
 木造建築が多い京都ですが、直線美も感じられます。どうやって測量したのでしょう。
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 京都タワーと京都駅です。
 
 賛否両論の京都タワーですが、土地勘の無い者にとっては駅への最高の目印になります。
 京都駅ビルが新しくなっていました。何となく新旧の京都駅を象徴するような印象です。
 
イメージ 5
 
 ウェルカムラウンジです。
 
 京都オークラホテルに宿泊しました。駅前にラウンジがあって荷物を預かってくれます。
 帰りも荷物を届けてくれます。空港の雰囲気ですが、拠点に出来ますので便利でした。
 
イメージ 6
 
 西利の漬物料理です。
 
 京都漬物は、実に美味しいですね。京都駅の地下名店街で漬物の食事処を見つけました。
 握り寿司にも見えるのですが、すべてのネタ?が漬物です。白味噌の汁は独特でした。

全22ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事