私の中の見えない炎(旧館)

おれたちの青春も捨てたものじゃないぞ まあまあだよ サティス ファクトリー

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全31ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ブログ移転のお知らせ

 
 Yahoo!ブログでの更新を終了し、はてなブログへ移転いたします。


 “私の中の見えない炎” http://ayamekareihikagami.hateblo.jp


 ご来場ありがとうございました。
 はてなの方も見ていただけると、幸いに存じます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 先月、愛知県の刈谷市美術館にて開催中の“宇野亜喜良展 本にみる少女譚”を見る機会があった。イラストレーター・宇野亜喜良の初期作品から昨年の仕事まで、点数は多くないがその精力的な創作が展示されている。

 筆者が、いまも思い出すのは今江祥智作・宇野亜喜良絵『あのこ』(理論社)を読んだときの衝撃である。1966年に限定1000部で刊行された『あのこ』は、熱心なファンの心をとらえ、その後復刊された。

イメージ 3

 「日本がいくさに負けたとしのはじめごろ、山と山にかこまれた“疎開地”の村」を舞台に、馬と話せるというミステリアスな少女を描いた絵本は、掌編小説としての完成度もさることながら、白黒で描かれた馬と少女と少年のイラストが、見る者を打ちのめす。

そうして太郎は、あのこに会ったのだった。
 いまでも太郎は、あのときのようすを、あざやかに思いだすことができる」(『あのこ』理論社)

 今江祥智による文は、ある程度曖昧に描かれているとはいえ、あくまで太平洋戦争下の田舎の物語であり、「お寺の裏」「庄屋の太郎」「馬と話せるちゅう女(おなご)」といった語が出てくる。いかにも日本的な野暮ったい挿絵が添えられていても不思議ではないのに、宇野亜喜良による国籍不明の少年少女は、そんな時代背景を全く想起させない。微細に描かれた絵の中の“あのこ”は、馬と見つめ合い、あるいは馬といっしょにこちらへ強烈な視線を向ける。その姿は、まるで神話の世界から現れたかのようであった。戦時下の不思議譚をつづる文章と、現代的でミステリアスなイラストとが、そぐわないように思えながら一体となって強烈な魅惑を放ってくる。今江の言葉による“あのこ”と宇野のイラストとは、ほとんど運命的なセッションの見事さを感じさせた。

太郎は、あのこのやさしくとがった肩に血がにじんでいるのを、まぶしそうに見つめた。あのこは、くちびるまで白くなりながら、声ひとつたてなかった」(同)

イメージ 2

 今江祥智と宇野亜喜良は、他にも多数の絵本やエッセイを共作している。“宇野亜喜良展”をきっかけに、『あのこ』に出会ったときの記憶が呼び覚まされ、今江 × 宇野コンビの仕事を既読未読含めて、改めてチェックしてみた。近作の『せんべいざむらい』(佼成出版社)などは、さすがに『あのこ』のような衝撃はなくごく普通の絵本になってしまっているが、それでも『ゆきねこちゃん』(教育画劇)は、文では大阪と北海道が舞台と説明されていながら、その地域性・時代性を逸脱する奔放なイラストには陶然となる。
 
 昨年、トンデモ昼ドラ『天国の恋』(2013)が静かに話題を集めたけれども、数日前に「週刊文春」をめくっていたら、シナリオライター・中島丈博が『真・天国の恋』と題してノヴェライズの連載をスタートさせていた。その題字・挿画が宇野亜喜良。『真珠夫人』(2002)や『牡丹と薔薇』(2004)などで知られる中島丈博氏と宇野氏とは、年齢もさほど離れていないし、これはもしかして新たなコンビ誕生かもしれない(笑)。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 3

 上田耕一氏はゴジラシリーズの常連で、大森一樹監督の『ゴジラvsビオランテ』(1989)以降は、『ゴジラ FINAL WARS』(2004)まで12作品すべてに出演。

大森「『ビオランテ』では自衛隊の幕僚長。これが受けて、その後のゴジラ映画には全部出てるんですね。『ゴジラvsキングギドラ』(1991)では、屋台の親父でした」
上田「恐竜島の生き残りの親父です。あれは面白い役でしたね」

 『継承盃』(1992)は、『キングギドラ』の翌年である。

大森「(『継承盃』では)上田さんが(継承式を)全部つぶしてしまったから(笑)」
上田「若かったですね。元気に暴れてました」
大森「途中で上田さんが病院に運ばれて、その日の撮影は中止になっちゃったからね。ガラスもバンバン割って、あぶないなあって」
上田「監督の要求ですよ(一同笑)」
大森「(『継承盃』の)最初のナレーションは、ぼくですからね。(きょう見ていたら)始まっていきなり自分の声で、ぞっとしたね(笑)。タイトルは、“継承式”はどうかと東映から言われたんだけど、“けいしょうさ・かずき”って自分の名前が入ってるんで、押し通しました(一同笑)」

大森「『満月』(1991)の役は覚えてます?」
上田「易者だったかな。あまり覚えてないですね」
大森「『わが心の銀河鉄道 宮澤賢治物語』(1996)を見直したら、うわ上田さん出て来たって驚いて。宮澤賢治をいじめる悪い校長先生ですね。油断してると出てくる(笑)」
上田「いつもたくさんのシーンで出ているわけじゃないんだけど、強烈な印象を遺せたんですね。監督の演出の力です。俳優をそんなふうにさせてしまうという」

 上田氏は『マルサの女2』(1988)、『あげまん』(1990)、『ミンボーの女』(1992)など、故・伊丹十三監督の作品にも頻繁に出演している。

イメージ 2

上田「ぼくは悪役、嫌われる役がセールスポイントで(笑)。『マルサの女2』が、悪役の集大成みたいなつもりでした。それ以後は、年代的にあまりパワーがないんで。悪役はパワーがいりますので。いい人役とか政治家とかもやりますけど」
大森「いい人と言っても、どこかに何かあるいい人というか(笑)。こう言うと何ですけど、上田さんはいろいろいじれるというか、面白いですね」

 上田氏は、大森監督と同世代の金子修介監督の作品にも、『恐怖のヤッちゃん』(1987)、『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃』(2001)など多数出演している。

大森「金子修介も、上田さんが好きなんです。金子組とぶつかることが多くなって。どっちが多いか、そんなことでお互い意地を張り合って(笑)」
上田「監督が変われば、芝居も変わりますね」
大森「(初主演作『友だちと歩こう』〈2014〉の)緒方(明監督)のを見ても、金子修介のを見ても、違いますね」
上田「緒方明さんのにも、ほぼ出ていますね。ぼくの姿勢としては、監督のカラーに染まるという。白紙で入っていくというか」
大森「上田さんはいつも謙虚ですね。誠心誠意やっていただいて、その成果が20年経って出ていますね」

イメージ 1

 200本以上の映画に出演してきた上田氏だが、主演は『友だちと歩こう』が初めてであるという。

上田「初めての主役ですね。年とってからどんな姿勢で生きていくかという。高橋長英さんとコンビでやりました。映画っていいなと思っていただけるといいですね。
 (大森監督の)『トットチャンネル』(1987)でも高橋さんとふたりで共演しています。長いこと映画をやっていると、いろいろな組み合わせがありますね。
 (『友だち』は)大手の映画会社ではやらないような企画で、充実した時間を過ごさせてもらいました」

 上田氏は、大森監督より10歳以上年上なのだけれども、監督への感謝を謙虚に語っていた。作り手と役者の信頼関係が伺えて、好ましいトークショーだったと思う。おふたりの今後のご活躍に期待したい。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 4

 今年3月に、フィルムセンターにて行われた大森一樹監督のレトロスペクティブでは、『継承盃』(1992)の上映後に大森作品に多数出演した上田耕一氏のトークショーが行われた。

 上田耕一氏は、にっかつロマンポルノからゴジラ映画、テレビ『相棒』(2005)に至るまで、膨大な数の作品に出演してきたベテランである。筆者が上田氏を初めて知ったのは大森監督の『ゴジラvsビオランテ』(1989)で、若い指揮官(高嶋政伸)と口論になったりしながらも最後には彼を認めたそぶりをする自衛隊幹部役が素晴らしかった。上田氏は、『ビオランテ』以降のゴジラシリーズの常連で、『ビオランテ』や『ゴジラ × メガギラス G消滅作戦』(2000)のような自衛隊のお偉方から、『ゴジラvsキングギドラ』(1991)のラーメン屋、『ゴジラvsデストロイア』(1995)の警備員、『ゴジラ モスラ キングギドラ 大怪獣総攻撃』(2001)の村長役など多彩な役所を演じた。『相棒』では、シリーズ屈指の名エピソード「ありふれた殺人」に出演しているが、その熱演にゴジラを思い出して、失礼ながらつい吹き出したりした(下の写真は『ゴジラ × メカゴジラ』〈2002〉)。

イメージ 1
イメージ 2

 『継承盃』(けいしょうさかずき)は、アイドル主演の青春コメディやゴジラ映画などを撮っていた大森監督が東映やくざ映画に挑戦した作品である。興行的に不入りでネット上の評価も低いので、全く期待していなかったのだが、これが面白かった。
 元証券マンのやくざ(真田広之)が組長の継承式のために悪戦苦闘するさまをコミカルに描く快作で、控え役を担当する親分(緒形拳)とその妻(古手川祐子)に振り回されるのには笑ってしまう。『たそがれ清兵衛』(2002)などで重いイメージになってしまった真田広之が、当時はまだ若く、明るく跳ねていて、緒形拳もどうしようもない中年男を好演。全編笑いとアクションにあふれている。
 上田氏は、暴れて継承式の式場をめちゃくちゃにする男の役で、すごいインパクトだった。
 上映終了後、客席で映画をごらんになっていた上田氏と大森監督が登壇された。上田氏のトーク参加は、急遽決まったようである(以下のレポはメモと怪しい記憶頼りですので、実際と異なる言い回しや、整理してしまっている部分もございます。ご了承ください)

大森「(特集の)最初の週に、今回いちばんたくさん出ている俳優さんは誰かってみんなで話してたら、上田さんがいちばんたくさん出ていらっしゃる。いま新宿で(主演映画が)上映中ってことで、上田さんも東京に来られていて」

 過去に膨大な映画・テレビで脇を固めてきた上田氏の初主演映画『友だちと歩こう』(2014)が、このトークの数日前に封切られた。
 
大森「今回(上映されるの)は7本ですが、(大森作品では)全部でいくつ?」
上田「テレビも含めると、19本お世話になりました」
大森「上田さんを知ったのは、根岸吉太郎さんの『キャバレー日記』(1982)のキャバレーの店長役。こんな面白い人がいるのかと。一生懸命やればやるほど笑いを醸すというか」

 大森作品初参加は、吉川晃司主演の『すかんぴんウォーク』(1984)だった。

大森「『すかんぴんウォーク』のときに岡田裕プロデューサーに上田さんがいいって言ったら、“上田さん、撮影所の近くに住んでるよ”って」
上田「にっかつの近くの団地、いまも住んでます」
大森「出てないときはスケジュールの都合だけで、それ以外は全部出ていただいて」
上田「ひとつひとつ精いっぱいやるっていう。だから掛け持ちができないんです」

 大森監督のテレビ作品『法医学教室の午後』(1985)、『女優時代』(1988)にも出演。前者では、大森監督が脚本も執筆した。

上田「『法医学教室の午後』では、自分の娘が子宮外妊娠で亡くなって、公表するかどうか、保険金は欲しいけどっていう。愁嘆場をやりました。若かったから、現実ならこうだろうと思ってやってみて、監督もダメを出しませんでした」
大森「自分でホンも書いているんですが、その台詞がこんな言い回しになるのかって(笑)。そこから上田耕一さんにはまっちゃって、どんなふうになるのかなって」
上田「監督は、ぼくを励ましてくれたんですよ。このシーンでは上田さんが主役ですよって。『「さよなら」の女たち』(1987)のときとか」(つづく)

イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 今回のレトロスペクティブでは、大森一樹監督の自主映画時代の作品も2本(『ヒロシマから遠く離れて』〈1972〉、『暗くなるまで待てない!』〈1975〉)上映された。

「最初の自主映画は、(特集上映では)やりたくなかったんですが、フィルムセンターのほうからやってくれと言われて。でもつづけて見ていただくと、撮影所の技術が入るとこんなに変わるんだというのが判る。『オレンジロード急行(エクスプレス)』(1978)だけ見ると下手な映画なんですが、その前に自主映画が入ると、『オレンジロード』がうまく見える(一同笑)」

 1980年に発表した医学生の群像劇『ヒポクラテスたち』は、高い評価を受けた代表作である。主演は、2003年に死去した古尾谷雅人。

アメリカンニューシネマとかがあったから、(この時期の自作は)物語性からは逸脱させてもらった(笑)。
 『ヒポクラテスたち』はキネマ旬報のベストテンで3位だった。あの年は『ツィゴイネルワイゼン』(1980)と『影武者』(1980)が1位と2位。鈴木清順、黒澤明と並んで3人目(笑)。自分が1位なんてとんでもないと(笑)。2人と並んで、(自分も)監督になったんだなと思いましたね。この時期は、もうこっちが愉しくて、医者になろうと思っていなかったです」

 大学で教えていると、いまの映画について、思うところもあるという。

「変化というのは、ないに越したことない。変化の度に煩わしい思いをしたんですけど。
 デジタルの時代が始まって10年くらいです。別の映画の歴史が始まったと、最近思っています。3Dなんて、映画110年の歴史とは全く違った発想になっていますね。去年の洋画だったら、『ゼロ・グラビティ』(2013)は全く新しいほうで、『愛、アムール』(2012)は映画110年のほうから来てますね。これを比べるっていうのはね。どちらがいい悪いじゃなくて、全く別のものであると。このフィルムセンターはフィルム担当で、デジタルはデジタルシネマセンターをつくるとか(一同笑)。
 カメラ1台で撮るのが映画の規則だったのに、いまのカメラは安いから何台も用意できる。3台で芝居を撮ってたりすると、モンタージュではなくてテレビのスイッチングみたいになってるね。デジタルになって4時間、5時間の映画も多くなった。すると中身も変わってきます。
 ぼくは映画110年のほうですから、その流れの中で、やりたいですね」

 大森監督は、やはり医師免許を持つ漫画家の故・手塚治虫のファンで、以前に何かで見た大森監督の書棚には『手塚治虫漫画全集』(講談社)がずらりと並んでいた。『ヒポクラテスたち』では、手塚が医師役で登場する。

「『ヒポクラテスたち』で、手塚治虫さんに出ていただいた。手塚さんは医者であり、漫画家だった。ぼくも漫画が好きやったし、親にも手塚さんも医者になったんだからあんたも国家試験には受かっときなさいと言われました(一同笑)。
 だから、手塚作品(の映画化)とか、手塚さんの少年時代を描くとか、やってみたいですね」

 今回の特集上映は12プログラムであったが、まだ上映したい作品もあるという。

「何で『恋する女たち』(1986)がないんだとか、『すかんぴんウォーク』(1984)が入ってないとか、漏れた作品があるんで、(特集上映を)もう1回できませんか(一同笑)」

 大森監督は、やはり娯楽作家と目されてきたせいか、あまり再評価されることがなく、近年はなかなか監督の機会がないようである。監督と近い世代の人にとっては自主映画から鮮烈にプロデビューした俊英監督、筆者のように幼いころにゴジラに魅せられた者にはゴジラシリーズ中興の祖である。今回をきっかけに、大森作品の魅力が語られることを願う。

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全31ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事