ここから本文です
綺音 SEASIDE RIPSEA
体も顔も間違えて生まれたため悪戦苦闘する『遅れてきた女子』綺音(GID-MtF)の日常を神戸のウエストコーストからお届け♪

書庫全体表示

去年の10月のことです。

知り合いから、今、バレーボールの世界大会が日本で行われていて

日本代表は東京だけど、

タイの代表選手が神戸で試合をするよ、と言われました。


何となくその大会があったことは気づいてたのですが

まさか、地元神戸にタイ代表が来るなんて

言われるまでノーマークでした。


そこで、向かったのが会場のグリーンアリーナ神戸というところ。

ほっともっとフィールの裏手にあり、うちからだと車で20分ほどのところです。


タイ代表と言えば、2年ほど前のワールドカップか何かで見たとき

プルムジット選手という、とても印象に残っている選手が目に浮かんだのです。
イメージ 1
ひょっとして、実際にこの目で見られるのだろうか?という期待を持って

グリーンアリーナへと向かいました。
イメージ 6

イメージ 8

イメージ 7
試合が始まるまで、いろんな国の代表選手が練習をするのですが

国籍を問わず、どの選手もととにかく足が長い!!



そろそろ、タイの試合時間が近づいたとき


すでに試合前の練習をしていた他の選手に遅れて


ゆっくりと現れました!!プルムジット選手!!
イメージ 11
通称ノーンと呼ばれるプルムジット選手!

キャプテンなので、打ち合わせがあって遅れたようですが

何でしょう、この風格、このオーラ!!

ネットの画面でしか見られなかったその姿を

生で見ていることが信じられないくらいでした。



練習でも、チームメイトに指示を出し

存在感を発揮しています。
イメージ 10

試合前の国歌斉唱です。

国際大会はほとんど見たことがないので

この光景は厳かながら、とても新鮮でした。
イメージ 2

ほんと、かっこいいです!!
イメージ 4

イメージ 3
試合は相手国のアゼルバイジャンに勝ち

2回戦へと進むことができました。




会場のボードでも紹介されたタイおじさん!!
イメージ 9
イメージ 5
実は、ツーショットをお願いしました^^










本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事