大方生活絵日記

日々の出来事、それと絵。

春休み

イメージ 1

三学期のめまぐるしさから打って変わって急激に暇な春休み。仕事は四月に入るまで完全にオフ。普段遠方にて寮生活の子どもたち二人も帰宅し、まったりとした日々である。

2月3月の色々が影響したのか、一昨日から風邪をひいてしまい、のどは痛いしだるいし。なのに今日はなぜか、ピカと二人で(といっても実際動いていたのはほぼピカだが)剪定した枝の整理(風呂をたくとき用に保存しておくため、鋸で小枝と中枝に切り分け紐でくくる作業)をした後、買い物に行き、ピカと一緒にプリンを作り、さらに、数日前から味噌作りのために仕込んでいた麹を使って塩麹とだし麹を作ってしまった。

塩麹が簡単にできたから気をよくして、ついでにだし麹も、と気軽な気持ちで作り始めたらこれがすり鉢で麹やゴマをすりつぶす作業が目白押し、結構な重労働であった。うーむ。けどこれで、だしいらずでお手軽に汁物ができる!とある。プリンには興味津々のピカも、麹には一向に興味を示さず、結局ゴマをなっぱちゃんがすってくれたが、あとは自分でやった。風邪ひきにはまあまあ息切れのする作業だった。

風邪なのに欲望のまま動いたからか頭痛がして食欲もなくなってきた。「もうお母さんは今日のエネルギー使い切りました。あとはよろしく。」と、子どもたちに、夕飯の準備から後片付けまでを丸投げ。私はコタツでこの前からはまっている高野秀行の「幻獣ムベンベを追え」を読破。むむむ。面白い。身体はだるいがテンションあがる。次は「アヘン王国潜入記」かな。

夕飯のあとも子どもたちとだらだら、7年ぐらい前の写真を見て懐かしがったり、ピアスをあけたら失明するかどうか議論したり、ピカのクラスの噂と真相について話したり、なっぱちゃんに高野作品の面白さをアピールして無理やり貸し出したり、手作りプリンを食べたりした。

春休みにしようと思ってた資料作りや勉強の予習などは全く進まず、である。まあいいか。


.


みんなの更新記事