非公認ブログスノーボードスクールYahoo!分校

本校にもお越しくださいませ。アドレスバーに ayim.net です!

全体表示

[ リスト ]

ボードの性能々渋

イメージ 1

シーズンオフの楽しみといえば、
オフトレもそうですが来シーズンのボード選びも楽しみの一つですね。

もちろん、メーカーやブランド、グラフィックなど選択肢は多いですよね。
そこで、最後の2,3本まで絞ったけど、決断できないという場合の参考になるように
何回かに分けてスノーボードの性能について語ってみたいと思います。

試乗して体感してボードを選ぶ事ができれば良いのですが、
なかなかそうもいかないこともあるので、参考になればと思います。

1回目は構造です。

大きくスノーボードは2種類の構造に分けられます。
それは、サンドイッチ構造とキャップ構造です。
見た目上の違いは、サンドイッチ構造は横にサイドウォールといわれるパーツがあること。
キャップ構造は、表面のシートがサイドまで覆われています。
画像は、ボードを輪切りにした感じです。

これによってボードの性能にどのように関わるかというと、

サンドイッチ構造は、
コアの性能が出やすく、コアを厚くしたり材質を変える事で
思い通りのフレックス(しなり)、トーション(ねじれ)が出しやすいです。
それは、設計の変更がしやすいので
ボードテストをした時、感覚が悪ければ変更がしやすい事を意味します。
つまり、テストを繰り返し良い物を製品化していると言えます。
というよりそういうことが可能ということですね。
構造上、乗り心地がマイルドになりやすく、
どちらかというとボード中心にグリップが集中しやすいと言われています。

キャップ構造は、
必要な部分に補強材等を自由に配置でき3D構造にする事が出来て
(ちょっとかっこいい・・)
これによってボードの性能を決定しています。
サイドウォールがないため軽量です。
構造上、乗り手の力をダイレクトに加えやすく、エッジグリップが良いです。
ボード全体にグリップ感が良いといわれています。

デメリットもあります。

サンドイッチ構造は、
良い性能を出すためにはコアも良いものを使う必要が高く、
サイドウォールがあるため
部品点数も多くボード自体が高価になりやすい。
乗り心地がマイルドなため、ノーズ・テールのパワーが逃げやすい。

キャップ構造は、
一度作ると設計の変更がしづらいので、上級者モデルで使われることが少ない。
(使われているとすれば、よほど経費をかけているか、テストが少ないか・・)
ボード全体がグリップしやすいので、ターン中の微調整がしづらいと言われています。
レールに乗ったカービングターンがしやすいと言われています。

長くなってしまいましたが、こんな感じです。

経験上、サンドイッチの方が力強いターンが出来るような気がします。
キャップ構造は、楽にカービングができるような気がします。

今回は構造ですが、次回はコアについて語ってみます

この記事に

閉じる コメント(12)

お具合は良くなられましたか? ボードも奥が深いんですね。勉強になります。

2005/5/26(木) 午前 6:15 shinayu 返信する

顔アイコン

shinayuさん>全快ではないですが、良くなりました。今日は休日なのでゆっくり休んで回復させます。本当に奥が深いですよね。

2005/5/26(木) 午前 11:11 ayi*38 返信する

来期は買えないけどがっつり勉強しますよ、でも難しいですね〜。

2005/5/26(木) 午後 2:58 ナカちゃん 返信する

僕はスキー板でキャップとサンドイッチの違いを体感したことがあります。書かれているようにキャップ構造の板の方がターンが容易に出来たような記憶がありますよ。今はサンドイッチ&カーボンコアのヨネックスマニアでした。。。

2005/5/26(木) 午後 3:25 [ non*ee ] 返信する

顔アイコン

nanaさん>確かに難しい部分もありますけど、僕にとっては商売道具でもありますから・・(笑)もう少し簡単にしましょうか?

2005/5/26(木) 午後 9:24 ayi*38 返信する

顔アイコン

nonveeさん>最近はサンドイッチとキャップの複合構造のものも多いですよね。僕は今はキャップのボードに乗ってます。コアはウッドです。

2005/5/26(木) 午後 9:32 ayi*38 返信する

分かりやすいご説明ありがとうございました。私はキャップ特有の板の反発で滑るのが好きですが、サンドイッチのどっしり感もバーンが荒れたときは乗り易いですね。来期はサンドイッチメインで滑ります。僭越ながらトラックバックさせていただきました。では、また。

2005/5/28(土) 午後 1:15 ヨレ田ヨレ蔵 返信する

顔アイコン

yorezoさん>トラックバックありがとうございました。トラックバック理論について不明な点が多かったのですが、少し理解できましたよ。今まで、サンドイッチばっかりだったのですが、キャップにして楽ちんさに引きずられています・・

2005/5/28(土) 午後 6:56 ayi*38 返信する

勉強になりました。はじめに乗っていたK2の板がサンドウィッチ構造で、あとからかったバートンの板が確かキャップで、ayimさんが言われるようなフィーリングがありましたね。(^^)

2005/5/28(土) 午後 8:38 Hiro 返信する

板の構造の違いが滑っててわかるんですね!すげー、、、自分でも感じれるようになりたいです。。経験あるのみですね☆☆むんっ!

2005/5/29(日) 午後 1:47 [ あたり ] 返信する

顔アイコン

Hiroさん>構造によって滑りの質(というかフィーリング)が変わりますよね。それぞれの良さがあるので、いろいろ乗ってみると良いですよね。

2005/5/29(日) 午後 11:03 ayi*38 返信する

顔アイコン

あやさん>確かに、この辺の違いが分かるのは経験かもしれませんね。でも、この構造だとこういう滑りが出来るという事を知っておくと上達に役立つと思いますよ。

2005/5/29(日) 午後 11:10 ayi*38 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事