全体表示

[ リスト ]

スカナ島 1ヵ月

 
スカナ島にマングローブの種を2000本植えてから1ヶ月。

私たちはスカナ島まで小さな舟に乗ってでかけた。

舟に揺られながら、

マングローブの種は根付いているだろうか・・・、芽を出しているだろうか・・・、

いや、種が流されてなくなってしまっているのでは・・・?

期待と不安が頭の中を駆け巡る。

果たして種から植えるという、私たちの選択は正しかったのか・・・。

スカナ島に上陸して私たちが目にしたものは、

数本ではあるが、種の先のとがった部分がわかれて、双方に葉がひろがっている。

やった!!!

イメージ 1


思わず自分の子供が増えたような、そんな気持ちになった。

マングローブ、かわいい。

世界中に、このかわいいマングローブたちを、たくさん増やしていきたい。

イメージ 2


しかし、植えたマングローブの内の5%の種は流されていた・・

私のマングローブの恩師である琉球大学の馬場繁幸先生の話では80%残っていれば、

大成功と言われていた。

ここのマングローブは95%生存していたので、まずまず。

私たちのやり方は間違っていなかったと確信できる瞬間でもあった。

(流された5%の種は後日、植えなおしましたV)

この2000本のマングローブが出したくれた答えから、

私たちはこの種から植える方法でいこうと決め、その干潟全体に125,000本の種を植えた。

この干潟全体が緑色にうめつくされるのを願って。

イメージ 3

イメージ 4


Ayo menanam bakau!!

閉じる コメント(4)

顔アイコン

やあー 広いところへ沢山種が挿してありますね。芽も出て元気に育っていますね。ここから後はどんな管理があるのですか。

2007/11/29(木) 午後 5:47 [ iss*i*891 ] 返信する

顔アイコン

このマングローブたちは、満潮の時には水深1メートルに沈んでしまいます。
その為、波に流されてきた藻や海草が、マングローブの葉や枝に引っかかります。
干潮時に、絡まった藻や海草の重みで、マングローブが折れたり倒れたりしないように、取り除く作業をしています。
満潮時でも沈まないくらい成長するまでは、常にこの作業を行っていきます。

2007/11/29(木) 午後 6:20 ayo_menanam_bakau 返信する

顔アイコン

履歴から伺いました!地球温暖化は発展途上にある国の方に被害が及ぶんですね!日本は来年のサミットで地球環境についてをアピールするようですが、大国はもっと考えなくてはいけませんね。二酸化炭素を出さないばかりでなく、、このようにマングローブを植えていくなどの努力もしないといけませんね!!皆さんの努力に( ^-^)σ[]ポチッ♪

2007/11/29(木) 午後 10:09 かいるd(。▼▼。)b 返信する

顔アイコン

kaeru538さん、コメントありがとうございます。
そうですね。このまま地球温暖化が進めば、数十年後に海面に沈んでしまう途上国もあります。
途上国の中には、温暖化効果ガスを多く出してないのに、しわ寄せがきて、自国では対処できない国もおおくあります。
こういった国のためにもkaeru538さんのような考えをもってくれる人が多くなってほしいですね!!

2007/11/29(木) 午後 10:35 ayo_menanam_bakau 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事