ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫全体表示

 
今回、マングローブ植林ツアーに参加してくださった方々には、

感謝の意を込めて、記念となる植林認定書と、

その地図(インドネシア林業省発行)のコピーを遅らせて頂いた。



イメージ 1


イメージ 2


植林ツアーをすることにより、逆にCO2排出が増えてしまっては意味がない。

今回のツアーの行程で排出されるCO2排出量を算出し、

参加者が植林してくださったDapur Enamとは別の干潟に

ワイエルインベストがマングローブを植林・育成し、その吸収量でOFF SETする。 


ツアーによるCO2排出量は、ワイエルインベストが責任を持ってOFF SETするため

参加者が植林してくださった分は、全て純粋なCO2マイナス分になるということだ。


このツアーでは、地球温暖化対策や、マングローブなどの森林や緑の大切さを見つめ直し、

再認識して頂くためのきっかけとなって頂きたいという思っている。


地球にマングローブを!


地球に緑を!


未来の子供たちに、美しい地球を残すために


今、私たちができることは何だろうか。


今、私たちがしていることは何だろうか。








Ayo menanam bakau!!

  • 顔アイコン

    私には何ができるかな…
    電気をマメに消すこととか〜レジ袋をいらないって断ることとか、割り箸を使わないようにすることとか??
    こんなこと〜って思わずに小さなことからコツコツやってみてます。

    YUKO

    2008/6/26(木) 午前 11:54

    返信する
  • 顔アイコン

    どきんさん>
    そうです!!
    どんなことでも、実行することが大切です!
    自分の身の回りのことから続けてください。
    今なら、エアコンの温度を調節するとか、近いところは車を使わないようにするとかもいいかもしれませんね。
    無理してつらい思いをするのではなく、楽しみながらがんばっていきましょう!

    ayo_menanam_bakau

    2008/6/26(木) 午後 5:17

    返信する
  • 顔アイコン

    地球温暖化阻止の活動は、自己満足に浸った誰にも見返りを求めない
    人の心の優しさ慈悲などからの、真のボランティアの姿を絶やさずに
    自然な形としてあり続けてさえいれば、澄んだ美しい心の人達が
    自然に沢山増えて、エコを意識しなくてもみんなが普通に地球を
    守る行動をしている姿が、ごく当たり前に成るのでしょうね。

    ayo_menanam_bakau様 いやだなぁ〜 エコ心とすれば
    遠い所への移動こそ、公共交通機関の利用が基本でありまよ。
    近いところでは車を使わない人達が増えていますね。
    理由は単純で、ガソリン代の節約、二酸化炭素を減らす為ではなく
    財布の中身を減らさない、皮肉なエコ活動ですが結果オーライですね

    自由を束縛される事を嫌う現代人が、長距離を移動するのに
    何処まで団体行動が我慢できるかが、温室効果ガス削減目標に
    近づけるかの、その辺がネックになりそうな予感がします。
    流通関係も品物の発送から到着まで、4日とか5日とか掛かるのが
    ごく普通の感覚として日本に定着すれば、日本国の経済活動も
    自然環境に対する意識も、大きく変われるのかも知れませんね。

    suk**ukis*ript

    2008/6/26(木) 午後 6:56

    返信する
  • 地球に優しく。。何をしてるかなぁ〜〜。
    私は、エコバックを使い始め、近くは自転車でを実行してます。
    気が付いた事は、すぐ実行しなくては。。

    mat*har**ai

    2008/6/27(金) 午後 9:21

    返信する
  • 顔アイコン

    sukisukiscriptさん>
    地球温暖化対策の活動は、偽善やボランティア精神からではなく、未来への危機感や不安、将来への希望などからおこるものだと感じています。
    もう今は、エコを意識し行動することで自己満足を味わう時代ではないと思います。
    誰もが、このままではいけないという思いから、生活や環境を考え行動しているのだと思います。
    それが、例えガソリン代や物価高騰が原因で、節約を心がけるようになったとしても、結果的にはいいことです。

    よくニュースなどでは、国民に負担が回ってくるという表現をしますが、少し違うように感じます。
    便利な生活をしている国民一人一人が、その責任を負うことが本当なら当たり前なのではないでしょうか。
    <続く>

    ayo_menanam_bakau

    2008/6/30(月) 午前 9:32

    返信する
  • 顔アイコン

    sukisukiscriptさん>
    <続き>

    ドイツでは電気代などCO2排出分も上乗せした料金を徴収することで、国民はその義務を負い、負担しているそうです。
    反対の声は出ても、それをつき通したことが、後になってやはり良かったのかもしれないと気付く・・・
    それが、ドイツのあのCO2排出削減にも繋がったと思います。
    (当然、それだけではありませんが・・・)

    地球温暖化問題は、政府が?誰かが? 責任を負うものではなく、私たちひとりひとりにも、義務があると思います。
    住みよい環境を作り上げてきた、つけであるのならば、私たちがそのつけを払う努力をしなければいけないと思います。

    みんなで、一丸となって努力をしていきたいですね!!
    みんなで一緒に頑張っていきましょう!!

    ayo_menanam_bakau

    2008/6/30(月) 午前 9:33

    返信する
  • 顔アイコン

    matahariさん>
    みんなが、エコバッグを持って、みんなができるだけ車を使わないようにする。
    みんなが実行すれば、それだけでも、大きな成果になると思います!!
    できることから、コツコツと!!
    気づいたことから、頑張って行きましょうね!!
    お互い頑張りましょうね!!

    ayo_menanam_bakau

    2008/6/30(月) 午前 9:37

    返信する
  • 顔アイコン

    今の切迫した現実を個人がどう感じどう動くかが重要ですね。
    経済重視からガセネタをばら蒔いた、アメリカ政府の様な国があり
    人々を騙し別世界を築き上げている、腐敗した政治の日本国があり
    目に見えない二酸化炭素を利用して、商売を始めるイギリスがあり
    様々な人々の思惑の中で、水没し欠けている島があり、氷か張らない
    北極海で今がビジネスチャンスだと、化石燃料を掘る人々が居て
    誰かが強引に経済活動にストップを掛けたならば、直ぐさま争い事が
    起きてしまう事も懸念されますね。アフリカを助ける各国で掲げる
    大義名分は、あの国の地下資源を狙う意図がどうも丸見えですし
    切迫した事態を呑み込めていない人が、あまりにも多すぎますね。

    suk**ukis*ript

    2008/7/1(火) 午後 5:58

    返信する
  • 顔アイコン

    sukisukiscriptさん>
    そうですね。
    今は、誰かがじゃなくて、自分が真剣に取り組まなくては。
    個人レベルで、努力をしていかなければなりません。

    北極海での化石燃料発掘のための権利争いなど、
    地球温暖化により、北極・南極が最初に大きな影響を受け、環境に対する意識も高まり、脱炭素社会を目指そうとしている中でのこと。
    世界が向かおうとしていることのはずなのに、それに逆行する動きですね。
    アフリカのことの、資源ももちろんですが、次の中国・インドのような新興国を作ることで、景気が芳しくない先進国に変わる大型の消費市場を作り上げようとしている感が否めませんね。
    <続く>

    ayo_menanam_bakau

    2008/7/2(水) 午前 9:24

    返信する
  • 顔アイコン

    sukisukiscriptさん>
    <続き>
    このようなことは、私たちがどうにかしようとしてもなかなか影響力を持たないことですが、
    地球温暖化対策は誰にでもできることだと思います。
    ある意味、個人の働きが直接地球に影響を与えることだと思います。
    大なり小なりあるとは思いますが、個人一人では些細な影響力でも、それを多くの人が実行すれば・・・。
    個人がしっかりと知識をもち、今の状況に危機感を感じるならば、少しずつでも実行していけると思います。

    諦めずに頑張っていきたいですね!!

    ayo_menanam_bakau

    2008/7/2(水) 午前 9:25

    返信する
  • 顔アイコン

    そうですね 諦めずに頑張って行きたいですね。

    15年でも個人投資額が回収できない、太陽光発電セル・設備も
    しっかりと特許の網が掛けられていて、高額な価格の侭で
    売られ続けていますが、「特許権を政府の命令」で外して
    もっと安価にして、10年程で個人投資が回収できる価格帯にして
    日本国全土に普及させれば、温室効果ガスの日本国が掲げる削減
    目標値に一気に近づき進むのですが、大企業の経営にはとことん甘い
    与党の自民党・公明党の日本国政府ですから、大ナタを振り下ろす
    ことなどなく、政治献金集めに必死な侭なんでしょうね。
    地球が危ないのに、なんとものんきで、私利私欲ばかりで
    大臣もお役人も危機感ゼロの悲しい話ですね。

    suk**ukis*ript

    2008/7/2(水) 午前 11:55

    返信する
  • 顔アイコン

    sukisukiscriptさん>
    環境対策など、実際に設備や制度を整えるには、いろいろをお金がかかります。
    そういったことを優遇してくれる制度があれば、多くの人や企業が積極的に取り組み、対策もどんどん進んでいいと思うのですが。
    日本はCO2排出枠が、具体的に個々に課せられていませんから、責任を感じる部分が少なく、対策費用とを天秤に掛けた時に、今のままでいいと思う企業も多くあると思います。
    行政にの思い切った対策を取ってほしいと思う反面、生活分野から出る排出が一番増えていることも事実ですので、
    個人一人一人が真剣に取り組まなくてはなりませんね。
    頑張っていきましょう!!

    ayo_menanam_bakau

    2008/7/3(木) 午前 9:56

    返信する
  • 大した事はできないですが、私も少しづつやっていきますね♪
    ポチ☆

    [ 島娘 ]

    2008/7/6(日) 午後 8:46

    返信する
  • 顔アイコン

    島娘さん>
    ポチありがとうございます!
    できることから、やっていきましょう!
    コツコツ頑張っていけ、大きな成果になるかもしれません!!

    ayo_menanam_bakau

    2008/7/7(月) 午前 10:52

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。植林活動の様子を拝見させていただきました。大変なご苦労を超えた結果に頭が下がる思いです。ところでエコツアーのよる二酸化炭素の排出量はどのくらいだったのでしょうか?ツアー挙行による排出量はオフセットするということですが、具体的にはどのような形でオフセットされたのでしょうか? 削除

    [ Real_Eco ]

    2008/8/4(月) 午後 1:58

    返信する
  • 顔アイコン

    Real_Ecoさん、はじめまして。訪問・コメントありがとうございます。
    今回のツアーで排出された二酸化炭素は97.0227トンでした。
    私は排出量計算の専門家ではないので多少の誤差はあると思いますが、カーボンオフセットプロバイダーさんや独立行政法人GIOさんの二酸化炭素算出方法に基づき算出しました。

    今回のツアーで排出された二酸化炭素を、ワイエルインベストが全く別の植林地にマングローブを植林しオフセットしていこうと考えています。
    木が生長するには時を要しますので、相殺し終えるにはまだまだ先になると思いますが。

    ayo_menanam_bakau

    2008/8/5(火) 午後 2:15

    返信する
  • 顔アイコン

    お忙しいところ、早速のレスをありがとうございました。
    ツアーによる排出量は意外と少ないのですね。
    排出量計算は前提条件の設定やら何やらで面倒ですが、参考にさせていただきます。ところで御社は排出権開発をされているということですが、現在、排出権を販売されているのですか?
    私の会社内でも排出権について勉強し始めていまして、どのようなものなのか調査中です。オフセット・サービサーや商社、信託銀行など様々な媒介業者がするようですが排出権のオリジネーターは大手がほとんどみたいですね。
    お手隙のときで結構ですのでよろしくお願いします。 削除

    [ Real_Eco ]

    2008/8/8(金) 午後 1:09

    返信する
  • 顔アイコン

    Real_Ecoさん>
    日本の一般家庭が1ヶ月に排出する二酸化炭素量は、約4.5トンで、この97.022トンは、21ヶ月以上の量です。
    現在、排出権取得のための国連申請手続き中ですので、排出権そのものの販売はまだ行っていません。
    植林CDMからの排出権にはまだまだ時間を要しそうです。

    現在、企業等のCSRとしての森作り等をサポートしています。
    日本の企業・団体の皆様がおのおのの森を作りたいとの依頼に対し、我々がインドネシアで植林し管理していく活動です。

    排出権開発には膨大な費用が必要ですので、大手企業の活動が目立っているようです。もう少し簡単なシステムが構築されれば、もっと多くの方が参加できるようになるのでしょうが。

    ayo_menanam_bakau

    2008/8/10(日) 午後 1:46

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは、レスありがとうございました。
    CDMに関しては素人ですのでよくわかりませんが、一日も早く御社のプロジェクトが認められるといいですね。
    ツアーの排出量は、私が読み違えていました。九万七千二十二トンということですね、大変失礼しました。
    ただ、一般家庭からの排出量データについては、一年間あたりの数字ではないでしょうか?マンスリーの数字としては大きすぎるように思いますが・・。

    くれぐれもお体に留意され、ご活躍されますことお祈りしています。
    ありがとうございました。 削除

    [ Real_Eco ]

    2008/8/11(月) 午前 11:14

    返信する
  • 顔アイコン

    Real_Ecoさん>
    説明が悪くて申し訳ありません。
    ツアーによる排出量は約97トンです。

    御指摘のように一般家庭からの排出量データ1年あたりの数字です。
    すみません。

    ayo_menanam_bakau

    2008/8/12(火) 午後 3:53

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事