ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫全体表示

 
2008年7月22日。

Dapur Tigaに植林してから約3ヶ月。

前回、落葉がたくさん堆積していた干潟の「Dapur Tiga」

しかし、今回来てみると地面を埋め尽くしていた落葉はほとんど見られない。

イメージ 1


前回訪れたのは5月16日。

約2ヶ月間の期間であれほどの落葉が分解されてしまうものなのだろうか・・・。

どのくらいの速度で葉が分解されるのかは知らないが、

何か違うような気がする。

自然構成のマングローブ林がある手前まで来て見る。

ここは最も落葉がたくさんあった場所である。

すると、川の流れに沿って、葉が流された痕跡が見られる。

イメージ 2


川のある場所に植林している苗木に落葉がひっかかっている。

イメージ 3

イメージ 4


この川は潮が引き、干潟ができる時には、同じように水がなくなっている。

雨が振った時などは奥のマングローブ林から川の流れとなって流れ出してくるのだろう。

この川の中にある苗木の上流側には落葉が1本の苗木に3〜8枚引っかかっている。

苗木の中にはその葉の重みで、倒されてしまっているものも・・・・。

近づいてよく見てみる。

苗木の上流側には落葉が、下流側には真っ黒い木炭のようなものが堆積している。

イメージ 5

イメージ 6


この真っ黒いものは触ってみるとぼろぼろともろく崩れる。

おそらくこの真っ黒いものは元々、木の枝などであろう。

苗木の周りの様子からみると、

落葉も腐葉土も川の流れ、潮の流れによって沖の方へ流されていったのだろう。

この真っ黒いものは苗木とそれに引っかかった落葉のため、流されずにここに残っているのだろう。

落葉や腐葉土の栄養をたっぷり頂けると思っていたが、

そうは問屋が落おろさないようだ。

川の流れ、潮の流れによっておおきなマングローブの森からもたらされた落葉という恵みは、

また川の流れ、潮の流れによって、他の場所へと流されてゆく・・・



マングローブの苗木たちの様子は、

今約3ヶ月で、葉を2枚、または4枚つけているものが見られる。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


しかし、葉は小さく分厚い。

これはあまりよくないことだ。

前に佐賀大学農学部教授の野瀬先生に聞いたことがある。

海水の塩分濃度が高いと葉が小さく分厚くなるそうだ。

このあたりの塩分濃度は平均3.0

塩分濃度は高めでマングローブの苗木たちにとって厳しい環境だ。

しかし、奥にある自然構成のマングローブ林も同じ塩分濃度の中で

ここまで立派に成長しているわけである。

なんとか頑張ってくれ!

この苗木の種たちもその奥のマングローブ林から集めてきたものである。

親や先輩たちのように、たくましく成長し、いつか大きな木となり森となって欲しい!!

イメージ 11



Ayo menanam bakau!!

  • こんなに育ったんですね^^
    とても嬉しく思って記事を読みました。
    レポートを拝見して、改めて干潟の大切さを感じています。

    それから・・・
    護岸工事などで干潟の環境が変わり、生物が生き辛い環境になることを愁えています。
    こちらは苗木を植える以前に河川のゴミを片付けることがテーマで、自然の中で分解されないゴミ退治に明け暮れています。

    ぴいすけ

    2008/8/12(火) 午後 4:59

    返信する
  • 腐葉土の土地だと栄養分が高そうなので良く育つと思ったら、
    そうでもないものもあるんですね・・・。
    芽を出して立派に育つまでには、本当に色々な好条件が重ならないと
    駄目なんですね。この木、一本から環境を感じとる事ができますね。
    空気・水・土・・・本当に貴重な事だと痛感します。

    ここが早く森になりますように!ayuさん頑張って下さいね(^.^)/~~~
    ポチ☆

    [ 島娘 ]

    2008/8/13(水) 午前 9:53

    返信する
  • 顔アイコン

    汽水を好むマングローブではありますが、塩分が濃い海でも
    必死に生きようと頑張る若いマングローブの姿を見ていると
    国民を虐げ増税までも言い出す、裏ではすき焼きを食べているだろう
    自分達の都合ばかりを世に出し続ける、国会議員や政財界の親分達を
    憎き塩分に代えて見ると、弱い者がいつも虐げられている、理屈の
    全く通らない世の中でも、強くたくましく悪意のある者達には
    決して負けないと生き続けている、強い意思を持つ平民国民、市民の
    強い姿に重って見ているようで、とても元気が出てきます。

    suk**ukis*ript

    2008/8/13(水) 午前 11:17

    返信する
  • 腐葉土で成長がはやいと思っていたら。。残念。
    自然は思うようには、いかないものですね。
    塩分も気になりますが 育っているマングローブもあるのですから。
    日本から応援します!!

    mat*har**ai

    2008/8/13(水) 午前 11:49

    返信する
  • 顔アイコン

    ぴいすけさん>
    コメントの返事が遅くなり、すみません。
    塩分濃度などの心配な点もありますが、なんとか成長はしてくれています。
    自然の過酷さに負けずに、頑張って欲しいです!

    確かに、護岸工事などで、どんどん自然の川岸や海岸がなくなっていますね。
    自然災害などの対策としてなど必要性もあるとは思いますが、自然の環境・風景がなくなってしまうのは、淋しい気がします・・・
    沖縄ではゴミの片づけからはじめるのですね。
    大変だと思いますが、頑張って下さい!!

    ayo_menanam_bakau

    2008/8/18(月) 午後 2:13

    返信する
  • 顔アイコン

    島娘さん>
    ポチありがとうございます!!
    返事が遅くなりましてすみません。

    私も腐葉土の土地に期待をしていたのですが、なかなか順風満帆とは行かないようです。
    私も最近、マングローブにとっての好条件というものの希少さを痛感します。
    インドネシアでは多く見られるマングローブであっても、植林するとなると障害となるものも多いです。

    私たちが植林している、現在マングローブ林でない干潟=自然構成のマングローブが進出していない干潟、つまり自然構成では進出しにくいということなのかもしれません・・・

    自然構成のマングローブよりも植林しているマングローブたちのほうが条件としては厳しい環境におかれているのかもしれません・・・。

    しかし、その中でも頑張って成長してくれている苗木たちは、本当に素晴らしい生命力を持っていると感じています!!
    自然も恵みをたっぷり受けて、大きく立派に成長して欲しいです!!

    ayo_menanam_bakau

    2008/8/18(月) 午後 2:24

    返信する
  • 顔アイコン

    sukisukiscriptさん>
    コメントの返事が遅くなりまして、申し訳ありません。

    マングローブたちはどんなに厳しい環境に置かれても、太陽に向かって少しでも海水から頭を出そうと上へ上へ、双葉を空へ向かって伸ばしています。
    本当にマングローブたちの頑張って伸びようとする健気な姿には勇気を貰っています!
    私たちも、マングローブたちを見習って、強く逞しくありたいですね。

    ayo_menanam_bakau

    2008/8/18(月) 午後 2:33

    返信する
  • 顔アイコン

    matahariさん>
    コメントの返事が遅くなり、すみません。
    腐葉土に期待していましたが、なかなか上手いこといかないです・・・
    しかし、matahariさんの言うとおり、マングローブたち自身が頑張っているのですから、私が弱気になって入られません!

    マングローブたちに負けないように、一生懸命頑張っていきたいです!!
    ありがとうございます!!

    ayo_menanam_bakau

    2008/8/18(月) 午後 2:38

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事