ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫全体表示


スカナ島で、この前はじめてヒトデも発見した。

イメージ 1


前にも、話したがスカナ島は珊瑚の死骸が堆積してできた干潟。

しかし、スカナ島の周辺には、まだ生きた珊瑚もいる。

大潮の日の干潮時には、その珊瑚たちも海水から顔をのぞかせている。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


こちらで、ゆらゆらしているのはイソギンチャク。

イメージ 6


海ブドウの様なものが、スカナ島に流れ着いている。

イメージ 7


植林をした当初のスカナ島は、珊瑚の死骸がそのまま原型をとどめているものが多くあった。

イメージ 8


地表は珊瑚や岩でごつごつしていた。

イメージ 9


しかし、それから2年、地面の様子が変わったように感じる。

イメージ 10


これは、スカナ島に住みはじめた生き物たちのおかげではないかと思っている。

カニや貝が多く住みはじめ、すみかとしての穴を掘る。

そのため、珊瑚の下の方にあった砂地の部分から砂をすくいだしてくれる。

地表に砂が多くなったため、地表の凹凸が目立たなくなってきたのではないだろうか・・・。

それと同時に、珊瑚の死骸を生き物たちや波が少しずつ砕いて、

砂にしていってくれているのではないだろうか。

でこぼこの多い地面より、なだらかな方が

マングローブたちも根を広く、大きく伸ばすことができる。

スカナ島では、マングローブたちと生き物たちの共生がはじまっているのかな!

Ayo menanam bakau!!
 

  • マングローブも元気に育っていますね!!ウレシイネ。
    海葡萄は食べられるでしょう?
    先日沖縄ではじめて海葡萄食べました。

    mat*har**ai

    2008/1/30(水) 午後 8:46

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。そういう地道な活動のお陰で少しずつでも生態系が戻ってくると思うと嬉しいですね。そういうお仕事の大切さが分かるお写真でした。ありがとうございます。

    らじかる200

    2008/1/30(水) 午後 8:51

    返信する
  • 顔アイコン

    確かに2年前の地表と今の地表はぜんぜん違いますね〜。
    こうして、沢山の生き物たちが住み、
    マングローブが育っていけば、また現在から2年後のスカナ島は
    まったく違った表情になるのでしょうね!!

    青々と茂ったマングローブの林を見ることができるのを
    楽しみにしています。頑張ってください!! 削除

    [ mike ]

    2008/1/31(木) 午後 4:08

    返信する
  • 顔アイコン

    matahariさん、コメントありがとうございます。
    私も沖縄では海ブドウを食べたことがありますが、こちらに来て食べてません。
    以前、私が海ブドウを食べても良いかと聞くと、駄目と言われたので...
    このあたりの漁師さんは、海ブドウやなまこを食べないようです。
    生魚を食べる習慣もないのです。

    ayo_menanam_bakau

    2008/1/31(木) 午後 7:37

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして、rajikaru200さん。コメントありがとうございます。
    多様の生物が戻ってきたためか、地元の漁師さんが早くもこの干潟にカニ獲り用の仕掛け網を設置していました。
    もっとより多くの生物が繁栄することを願っています。

    ayo_menanam_bakau

    2008/1/31(木) 午後 7:48

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして、mikeさん。コメントありがとうございます。
    2年前、はじめてこの干潟に降り立ったときは、岩肌がごつごつしていて果たしてマンブローブが育つのかと思っていたほどの島です。
    植林するときには、鉄筋で地面に穴を掘らないと、掘れないほど硬い状態でした。
    しかし、今では歩くと足跡が残るほど地面がやわらかくなっているところもあります。
    空や陸地から見ても、マングローブの緑の葉が見えるようになるときを、私も心待ちにしています。
    今はグーグルアースで、スカナ島は白く見えますが、将来緑色にかわるでしょう!!

    ayo_menanam_bakau

    2008/1/31(木) 午後 8:00

    返信する
  • 顔アイコン

    先月4日にBSでマングローブを特集していました。朝日子供新聞にも大きく取り上げられていて、感心の高さが分かりました。特集は子供と見ていましたが子供は大人以上に環境に敏感だと思いました。
    自分達に出来る事を子供なりに考えている様で、Ayo menanam bakauサンたちの活動が実を結んでいると感じています。更新を楽しみにしています。頑張って下さい。(マイバック持参で買い物を親子でしていますよ)

    こっちん

    2008/2/1(金) 午後 11:46

    返信する
  • 顔アイコン

    こっちんさん、ありがとうございます。
    こういったコメントを頂くと非常に励みになり、もっと頑張らなければと思います。植林もブログも!!

    親子でマイバッグでお買い物...ほほえましいですね!
    親のそういった環境認識が子供たちの環境意識を高めるのでしょうね!
    これからも頑張って下さい、マイバッグ!
    将来の子供たちのために!!

    ayo_menanam_bakau

    2008/2/2(土) 午後 0:26

    返信する
  • 顔アイコン

    順調に育っている姿,写真で見れて嬉しいです.
    動物の遊園地,順調に出来上がるといいですね♪ 削除

    [ mangro-lady ]

    2008/2/4(月) 午後 3:25

    返信する
  • 顔アイコン

    mangro-ladyさん、コメントありがとうございます。
    動物の遊園地ですか。
    いい表現ですね!
    これからも、より多くの生き物が集まってくる遊園地を作ります。
    これからも、よろしくお願いします。

    ayo_menanam_bakau

    2008/2/4(月) 午後 7:30

    返信する
  • 顔アイコン

    mangro-lady さん♪わざわざに、ポチありがとうございます凄く嬉しいです^^v
    マングローブは海水でそだつのですね・・・不思議な樹木だな〜!
    ポチッと〜☆

    ケビン

    2008/2/6(水) 午前 9:48

    返信する
  • 顔アイコン

    ケビンさん>
    汽水域で生息する樹種を総称してマングローブと言います。
    マングローブには、世界中に100種以上の木があって、私達が育てているのは、その中の一つのフタバナヒルギという木です。
    このように海水でも生きることができる。
    本当に逞しいですよね。

    ayo_menanam_bakau

    2008/2/6(水) 午後 0:25

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事