全体表示

[ リスト ]

 
「NPO法人 ライオンズの森プロジェクト」は前福岡市長 山崎広太郎氏が

中心となって設立したNPOであるが、

実は山崎氏は博多東ライオンズクラブのメンバーでもある。

元々弊社のマングローブ植林プロジェクトに賛同してくれ、

博多東ライオンズクラブでマングローブの森を作ろうと尽力され、「ライオンズ島」を作った。

しかし、このマングローブ植林事業は1ライオンズクラブで取組む事業にあらず、

日本中、アジア中のライオンズクラブに広げ、さらにはクラブの枠を超え、

世界中の一般の人々が参加できる事業でなくてはならないと思い、

誰でも参加できるNPO法人を立ち上げたのだ。

現在は、世界中の人々に参加して頂けるように活動している。


2008年12月12日

NPOライオンズの森メンバーがバタムを訪れ、

現地バタムのライオンズメンバーとミーティングを行った。

イメージ 1


イメージ 2



NPOメンバーは以前にも数回バタムを訪れ現地ライオンズメンバーと以前から交流を深めている。

バタムには2つのライオンズクラブがあり、両クラブとも

このマングローブ植林プロジェクトに賛同してくれている。

今後、共に協力して森作りを行っていこうと約束し、絆を深めた。

イメージ 3

写真左より、
Oennyさん(バタムホース現会長)
山崎広太郎さん(NPO法人 ライオンズの森プロジェクト理事長)
FARIDAさん(バタムセンター現会長)

FARIDAさんが着ているハッピは以前 博多東クラブと交換し合ったものである。


イメージ 4



ミーティングが終わり、その足で以前共にマングローブ植林を行ったライオンズ島へ。

イメージ 5



しかし、ライオンズ島のマングローブの成長は芳しくなかった。

イメージ 6



ライオンズ島はスカナ島同様、海の中に干潮時にのみ現れる干潟であるが、

この干潟は地盤高がスカナ島よりもかなり低い。

その為、浸水時間が長く、マングローブにとって、呼吸や光合成を行いにくい環境である。

現在植えているマングローブはフタバナヒルギとオオバヒルギという2種類であるが、

もっと塩分濃度や浸水時間の長さに耐性のあるアビセニアという種類に

転換していこうと話し合った。→(マングローブへの架け橋)


翌13日

バタムライオンズ、NPOのメンバーは新規植林地へと向かった。

イメージ 7



昨日のライオンズ島では、マングローブの樹種をかえ、補植を行っていく。

それと同時にライオンズ以外の方々や地元住民も一緒になってやれるように、

新しい広い干潟で植林を始めていく。

イメージ 8


イメージ 9


上の地図は新規植林地の位置を示したもので、赤で囲んでいる部分が植林を行う干潟である。

干潟の広さは、約300haある。




NPOライオンズの森は、2009年3月に再度バタムを訪れると

現地バタムライオンズと約束し、その際に新しい植林地で、

再び一緒にマングローブの植林を行うことをお互いに確認し合い、別れとなった。

このマングローブ植林プロジェクトを皮切りに、

インドネシア中、いつかはアジア中の海岸がマングローブの森でいっぱいになる日を強く願っている。


Ayo menanam bakau

閉じる コメント(8)

顔アイコン

マングローブにも種類があるのですね。ビックリ
こんどのマングローブが
大きく成長してくれるといいですね。

マングローブを植える前に様々な情報があると
その地域にあったマングローブを植えることが
出来ると思うのですが。。

2009/3/6(金) 午後 4:05 mat*har**ai 返信する

やはり再生させていくという事は手探りで大変なようですね・・・
でも、とてもやりがいがあっていいですね!

2009/3/6(金) 午後 6:14 293-FUKUMI 返信する

顔アイコン

matahariさん>
マングローブは海水と淡水の混じりあう汽水域に生息する植物群の総称です。世界中では100種類以上あると言われています。

植林する前に、その周囲でどんな種類のマングローブが生息しているか等、調査します。
しかし、周囲にあるからと言っても育つとは限らないのです。
地盤高や塩分濃度、浸水時間、波の影響、海草、フジツボ等、少し違う土地であれば、また活着も成長も様々・・
そこが難しいところですね。

マングローブの権威である琉球大の馬場先生でも、その土地その土地によって、植えて育ててみないとわからないとおっしゃっていました。

2009/3/11(水) 午後 0:17 ayo_menanam_bakau 返信する

顔アイコン

293さん>
私達が植林しているところは、再生ではなく、今までなにも植物が生息していない干潟での新規植林です。
もともと森があった場所であるなら、育つ可能性は高いですが、新規なので育つのか育たないのかというところが難しいところです。
しかし、293さんの言うとおり、やりがいはすごくあります!

2009/3/11(水) 午後 0:21 ayo_menanam_bakau 返信する

300haの干潟ってどれくらいなのか想像がつきません(笑)
でもこの活動がどんどんと広がっていくといいですね♪
普段、生活していても中々そういった機会に巡りあえる事が
ないので、活動が広がれば参加しやすくなりますね♪
ayoさんも頑張ってくださいね(^−^)ポチ★

2009/3/15(日) 午後 9:52 [ 島娘 ] 返信する

顔アイコン

こうした活動が「認知」、普及していくと嬉しいですね♪

2009/4/1(水) 午前 0:56 かいざぁー 返信する

顔アイコン

島娘さん>
返事が遅くなりすみません。
ポチありがとうございます。
私もこの活動が広がってくれたらいいなと思います。
もっと多くの人に参加してもらい、植林の大切さ、マングローブのすごさを知って頂きたいと思います。
多くの人が自らの手で緑を増やしていけたのなら、毎日伐採されていくいく以上の本数を植えていけたのなら、この地球も本来の緑に輝く地球の姿を取り戻せるでしょうね。

2009/4/15(水) 午後 3:37 ayo_menanam_bakau 返信する

顔アイコン

カイザーさん>
そうですね。
まず知って頂き、緑の大切さ重要性再認識し、自らの手でやってみようと思って頂けたら嬉しいです。
そのためにも色々な人にも参加して頂きたいと思っております。

2009/4/15(水) 午後 3:40 ayo_menanam_bakau 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事