ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫全体表示

 
2009年2月21日

トモヨン島の現場視察へ向かった。

トモヨン島と呼んでいるのはトモヨン島近くにあるからで、

正確にはトモヨン島沖に干潮時に出現する干潟である。

名前はない。その為、トモヨン島と呼んでいる。

イメージ 1



トモヨン島の干潟は3つに分かれている。

それぞれA、B、Cと呼んでいる。


ここは2007年8月にフタバナヒルギ212,863本、オオバヒルギ約50本を植林し、

2008年9月にオオバヒルギ30,000本の補植を行った。


最初の植林で、多くの苗木が活着できず、枯れてしまい、残っているのは、

地図に示してあるA1、A2、A5、B1周辺のみだ。

さらに去年の9月にA3、A4地区に、樹種をかえオオバヒルギの補植を行ったのだ。


A3、A1側の干潟は舟が干潟に近づけず、上陸できないため、舟上から視察。

この写真はA3地区の様子である。

イメージ 2


イメージ 3



うっすらと緑色の葉が見えるだろうか。

小さいながらちゃんと葉を付けている。

現在、植林後5ヵ月である。

やや他の植林地に比べると成長は遅いよう方であるが、

厳しい環境でも頑張って成長しているようだ。



こちらは、A1地区の写真。

イメージ 4


イメージ 5



現在植林後1年6ヵ月で、背丈も伸び、葉もたくさんつけている。

本数は少ないが、残った苗木は順調に成長している様子である。




舟で現場Aの周りをぐるっと回り込み、A2、A4地区側へ。

A2地区。 かなりまばらではあるが、ちゃんと活着し、緑色の葉を揺らしている。

イメージ 6


イメージ 7



A4地区から干潟へ上陸。

このトモヨン島はすごく土壌がドロドロで、足が土に20〜30cm程度埋まってしまう。

この中を歩くのは結構体力を使う。

ここは補植して5ヵ月になる。

先ほどのA3地区と同時に合わせて30,000本のオオバヒルギの補植を行ったのだ。

順調に芽を出し葉を付けている。

苗木の残存率は70〜80%で、葉を付けているのは50%程度である。

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11





Ayo menanam bakau!!

  • 顔アイコン

    芽を出し、葉を付けた木々が、どんどん大きく成長してくれるといいですね!

    [ すなべしょう ]

    2009/3/12(木) 午前 11:22

    返信する
  • 顔アイコン

    すなべしょうさん>
    ありがとうございます。フジツボという大きな課題がありますが、マングローブたちも頑張ってくれることでしょう!!

    ayo_menanam_bakau

    2009/3/13(金) 午後 0:47

    返信する
  • 顔アイコン

    苗木の残存率が70〜80%で
    葉を出してくれるのは50%。。ということは
    生き残ってくれるのは植林の半数なのですか?

    もう少しパーセンテージが上がってくれると
    張り合いがありますね!!

    mat*har**ai

    2009/3/13(金) 午後 1:26

    返信する
  • 顔アイコン

    matahariさん>
    植林の半数が生き残っていればまだ、いい方らしいです。
    私たちが行っている種から植えるという方法はなかなか難しい方法ですが、フタバナヒルギ・オオバヒルギに関しては、まだまだこの方法で頑張っていきたいです!

    ayo_menanam_bakau

    2009/3/13(金) 午後 3:46

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事