ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫全体表示

 
2009年3月31日

Dapur Tigaにやってきた。

イメージ 1


村長のダルウィスさんと現場G西側から上陸。

この波打ち際は、2008年12月に植林し、現在植林後3ヵ月である。

苗木の90%程度は残っていて、70〜80%の苗木は葉を携えている。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


ずいぶん前にもこの現場Gについての記事を書いたのだが、覚えてくれているだろうか。

植林前から植林を開始した時くらいまでは、

地面いっぱいにビッシリと落葉が落ちていたが、

今ではパラパラで、あの頃に比べるとその量は減っている。

イメージ 5


イメージ 6


この干潟は奥にある自然構成のマングローブ林から流れ出る水の通り道であるため、

マングローブ林から出てきた落葉が堆積し、

また流れによって落葉が沖に流されていったのだろう。

ここの苗木はフタバナヒルギであるが、幹が細く、かわいいが、

まだ頼りない感じである。

イメージ 7


イメージ 8


もう少し陸の方へ近い場所では、現在10〜11ヵ月である。

残っている苗木は70%くらいで、そのうち葉が付いているのは40%くらいである。

葉は2〜6枚程度携えている。

すでに8〜9節伸びていて、背丈は約110cm程度になっている。

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


この写真はDapur Tigaの村長のダルウィスさんだ。

彼もマングローブのことに熱心に取り組んでいる。



折れている苗木も多く見かけられる。

イメージ 12


イメージ 13





この干潟には、多くの流木が落ちている。

小さいものから、木が丸ごと1本あるような大きなものまである。

イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


ここは水の通り道であるため、色んなものが流れてくる。

しかし、それにしてもこの流木の量は大量である。

2〜3m歩けば、流木に行きあたると行った感じである。

この流木が潮の流れや満ち引きによって動かされることで、苗木をなぎ倒してしまう。

ところどころで苗木が折れてしまっているのをみかける。

せっかく成長しても流木に折られるようでは、かわいそうだ・・・

Dapur Tigaの村長に相談した。

この干潟に流木の侵入を防ぐことはどうやらできないようなので、

除去する他方法はないようだ。

Dapur Tigaの村長は、流木を干潟から撤去するには、満潮時に流木を舟に引き上げ、

他の場所へ移動させておくと言っていた。

満潮時で干潟に水がある時ならば、木が浮力で浮き、

干潮時より容易に撤去できるそうだ。

しかし、そこでバスリィさんが思いついたのは、

その場で木を折って砕いて、地中に埋めてしまう方法だ。

イメージ 17


イメージ 18


1本1本流木を運び出すのは、満潮時であっても大変な作業であるが、

踏んで砕くだけなら誰でもできるだろうと。

流木は日頃から水に浸っている為、中身が腐っているものもある。

流木の補ほとんどがマングローブの木であるため、幹などはそんなに太くはなく、

枝などは踏むだけで砕くことができる。

また、地中に埋めれば、干潟の栄養分になる。

なかなかいい考えかもしれない。

村の住民とこの干潟で、流木踏み大会を開いたらいいんじゃないか?などと、

村長をバスリィさんが話していた。

イベントにすれば、楽しみながら流木処理の作業ができる。

マングローブの管理を楽しくみんなで行っていくための知恵である。


Ayo menanam bakau!!

  • 顔アイコン

    現場の写真,ありがとうございます.
    落ちた葉っぱが溜まって,小さな島みたいになるんですね.
    ちゃんと育っているもの,折れて枯れるもの.いろんな姿...
    本当に,1本,1本...地道な再生活動ですね.
    いつの日か大きな森に育つこと,心から祈っています☆ 削除

    [ mangrolady ]

    2009/5/15(金) 午前 10:08

    返信する
  • バスリィさんのアイディアに感激しました!
    踏んで砕ける状態であればその方が楽ですもんね!
    干潟だから埋めるのも楽なのかな?
    流木踏み大会も面白そうです!!

    293-FUKUMI

    2009/5/15(金) 午前 10:52

    返信する
  • 顔アイコン

    mangroladyさん>
    訪問・コメントありがとうございます。
    順調にいかないことも多くありますが、そこが大変なところでもあり、やりがいがあることでもあります。
    これからもできるだけ多くのマングローブを育て、立派な森に育て上げられるように頑張っていきたいです。

    ayo_menanam_bakau

    2009/5/18(月) 午前 10:39

    返信する
  • 顔アイコン

    293さん>
    バスリィさんのアイデアは私もいい案だと思いました!
    舟で一つ一つ運び出す作業に比べると、こんなに簡単なことはないと思います。
    干潟なので、歩いていても足が埋まるくらいですから、木も簡単に埋めることができますよ!
    というよりは、踏み砕いている途中から地面に埋まっていっている状態です。

    ayo_menanam_bakau

    2009/5/18(月) 午前 10:46

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事