全体表示

[ リスト ]

2009年4月2日

スカナ島干潟にいつもの通り南側から上陸。

波打ち際には2008年11月に補植したオオバヒルギがあり、現在植林後4ヵ月である。

イメージ 1


補植した苗木の80%程度は残っており、その内の65%程は葉を携えている。

波打ち際では、他の部分よりも土地の高さが低いため、海水に沈んでいる時間が長くなる。

その為、中心部分よりは活着率が低いようだ。


今回マングローブの苗木達の葉の数がいつもよりも多いように感じられた。

葉も青々としておりみんな元気そうだ。

イメージ 2



インドネシア語に「ムシム スミ(musim semi)」という言葉がある。

これは春を意味する言葉であるが、直訳すると「発芽の季節」である。

赤道直下の常夏の国であるインドネシア共和国であるが、

植物の観察を通して、発芽の季節を感じる事が出来る。


スカナ島中心部により南側の部分では、2008年9月に植林したオオバヒルギが、

現在植林後6ヵ月である。

こちらも順調に成長している。

イメージ 3


イメージ 4



葉は4−6枚付いている。

「musim semi」(=春)になってマングローブ達が元気に見えるのは、

新しい芽が多く出てることはもちろん、葉が若葉色で輝いていること、

それに葉が多く付いていることだ。

新しい葉は一年を通して常に出てきているのだが、

この春の時期は、冬の強い風や波浪が治まり、穏やかになるため、

普段より葉が落とされにくく、苗木は多くの葉を携えていれるのだろう。

一年の中でマングローブが一番生き生きしている時期である。


こちらは植林後1年10ヵ月になる本植林のオオバヒルギの写真である。

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


上から二段目の葉の付け根の部分を見てほしい。

イメージ 8


葉の付け根の部分から小さな小さな枝を伸ばしている。

試験植林で植えたフタバナヒルギである。

枝を思う存分伸ばしている。

フタバナヒルギはオオバヒルギに比べ、支柱根の成長が遅かったが、

この木は負けじとぐんぐん伸ばしている。

イメージ 9


密集させたフタバナヒルギはこんなにもにぎやかだ。

イメージ 10


一番初めに植えた試験植林のオオバヒルギである。

イメージ 11


支柱根も数本生えてがっしりしてきた。

もう海草の時期になっても倒されることはなくなるだろう。


Ayo menanam bakau!!

閉じる コメント(18)

顔アイコン

ムシム スミの季節になり葉が輝いて見えます。
嬉しいですね。発芽の季節は。ポチ!!
みなさんの努力が報われたように感じています。

2009/6/9(火) 午後 3:22 mat*har**ai 返信する

顔アイコン

葉っぱの色がきれいですね。
春が、新緑の季節が、来ましたね〜〜

2009/6/9(火) 午後 5:31 YUKO 返信する

顔アイコン

ここまで育てば、後はそのままにしておけばひとりでに大きくなっていくんですか?

2009/6/9(火) 午後 10:00 [ setentados ] 返信する

顔アイコン

matahariさん>
ポチありがとうございます。
やはり春はいいものですね。
日本のようなはっきりした四季はないものの、このような小さな春の発見は嬉しいものです。
ありがとうございます。

2009/6/10(水) 午前 9:59 ayo_menanam_bakau 返信する

顔アイコン

どきんさん>
やはり、春にはマングローブも生き生きしています。
日本でもインドネシアでも植物が一番輝いて見えるのは春ですね!

2009/6/10(水) 午前 10:01 ayo_menanam_bakau 返信する

顔アイコン

setentadosさん>
私たちは、最初の3年間が一番注意して管理する必要があると考えています。
その後は木も立派になってきているので、海草になぎ倒されたり、フジツボにやられたりの心配は少なくなります。
直接手を加えることも少なくなり、見守っていくことが中心になってきますね。
植林して30年間は私達が責任もって管理していきますよ!

2009/6/10(水) 午前 10:05 ayo_menanam_bakau 返信する

顔アイコン

失礼します。
以前、エコツアーのオフセットについてお尋ねした者です。
植林活動に敬意を表します。
弊社も最近の環境意識の高まりから、社内で具体的な活動の検討を行っております。わたくし個人的にはマングローブ植林はすばらしいと考えております。
社内検討を定期的に行っているのですが、貴社(ワイエルインベスト社)の事業内容をホームページで拝見させていただきましたが、貴社は植林活動以外で環境保全プロジェクトを行っていらっしゃるのでしょうか?
また貴社の売上規模は公開されていないようなのですが、どのような事業展開をされているのでしょうか?
差し支えない範囲で結構です。 削除

2009/6/10(水) 午前 10:46 [ Real_Eco ] 返信する

顔アイコン

根を伸ばして「生きよう」とする姿は凛として美しいですね♪
これからも益々成長して、早く安心できる大きさに育ってほしい
ですね☆
ayoさん、頑張ってくださいね(^−^)ポチ★

2009/6/14(日) 午後 9:58 [ 島娘 ] 返信する

顔アイコン

おはようございます
素晴らしいですね
これからも成長を見守っていきたいですね

2009/6/15(月) 午前 10:36 [ すなべしょう ] 返信する

顔アイコン

Real_Ecoさん>
おひさしぶりです。
御社の環境活動に協力できることがあれば、お力になりたいと思います。
基本的には排出権獲得と主体とし、「企業・団体の森」の育成支援等も行っています。
弊社はインドネシア行政と10万Haの土地の覚書を交わしていますので、その土地全ての植林を実現するために排出権で得た資金を循環させ、植林を進めていこうと考えています。
また、「企業・団体の森」育成支援というのは、企業様・団体様がマングローブの森をつくる場合に、現地での下請業務としてインドネシア現地でマングローブ植林作業を行うというものです。
ブログの中でのコメントのやりとりでは、詳しい企業情報をお伝えするのは難しいですので、弊社のHPの方から問い合わせて頂ければ、個別に詳細な対応をさせて頂くことができます。

2009/6/16(火) 午前 10:45 ayo_menanam_bakau 返信する

顔アイコン

島娘さん>
ポチありがとうございます。
2年目くらいからは目を見張るような大きな変化はなくなってきましたが、それでも徐々に成長してきています。
支柱根も数本になり、しっかり根を張っています。
これからは今までよりも安心して見守っていけるかな〜と思っています。
これからも宜しくお願いしますね!

2009/6/16(火) 午前 10:51 ayo_menanam_bakau 返信する

顔アイコン

すなべしょうさん>
おはようございます。
ありがとうございます!
少しずつですが、着実に成長しているマングローブ。
わが子のように可愛いマングローブたちのこれからの成長もとても楽しみです。

2009/6/16(火) 午前 10:53 ayo_menanam_bakau 返信する

顔アイコン

下の3枚の写真を見ていたら、グッグッグッ、天まで伸びろと
マングローブ達の声が聞こえたような気がします。
ayo_menanam_bakauさま、どうかこれからも、お身体には
十分ご自愛なされご活動、頑張って下さいませ。

2009/6/22(月) 午後 7:14 suk**ukis*ript 返信する

顔アイコン

着実に増えているのはいいですね♪1年以上経過すると、徐々に生体系にも影響あたえてくれそうです

2009/6/23(火) 午前 4:27 かいざぁー 返信する

顔アイコン

sukisukiscriptさん>
マングローブも元気に成長しています。
現在は目を見張るような背丈の伸びはありませんが、幹を太め枝葉を増やし、確実に成長しています。
いつもお気遣いありがとうございます。
精一杯頑張っていきたいと思っています!

2009/6/23(火) 午後 1:56 ayo_menanam_bakau 返信する

顔アイコン

カイザーさん>
はい、確実にマングローブたちは成長しています!
地元漁師さんの話では、このスカナ島で、植林前と今では、カニの漁獲量が増えたそうです。
本当に嬉しい話です!

2009/6/23(火) 午後 2:00 ayo_menanam_bakau 返信する

顔アイコン

これからも
頑張ってくださいm(_ _)m

2009/6/30(火) 午後 8:31 千捺卍 返信する

顔アイコン

ちなつさん、ありがとうございます。
これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします。

2009/7/7(火) 午後 8:20 ayo_menanam_bakau 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事