全体表示

[ リスト ]

 
2009年8月24日 天候曇り

スカナ島干潟南側から上陸。

イメージ 1


イメージ 2


波打ち際には2008年8〜10月に補植したオオバヒルギがある。

現在植林後10ヵ月〜1年。

活着率は70〜80%で、前回6月の視察の際と変化はなし。

節数は第10節まで出ており、2ヵ月前より、3節増えている。

葉は4〜10枚。

泥の付着もなく順調に成長している。

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


2007年5月の本植林で植林したオオバヒルギは、節数が第21節まで伸びている。

前回来た時は、背丈場160cmのオオバヒルギがあった。

でも160cmもの高さがあるマングローブは1本だけだった。

しかし、今回は、160cmのマングローブが3〜4本あった。

どんどん背丈を伸ばしている。

160cmもあるマングローブは波打ち際でしか見られない。

その理由は、地盤高の高さに関係していると思う。

スカナ島中心部分では、地盤高が高いため、マングローブの個体の背丈が120〜130cmあれば、

満潮時でも苗木の上部の枝葉が海面上に出る事ができる。

しかし、波打ち際は地盤高が低いため、満潮時でも海面上に出ようとすると、

背丈が、160cmくらい必要なのだろう。

スカナ島中心部分のマングローブ達は、120〜130cmで海面上に出るから、

今ではほとんど背丈を伸ばしていない。

海面上に枝葉が出ることによって、呼吸や光合成が行いやすくなることがら、

波打ち際のマングローブは必要に迫られた結果、

中心部分のマングローブより背丈がぐんぐん伸びているのだろう。

下の写真は、試験植林で植林したフタバナヒルギだ。

2006年9月に植林して、現在植林後2年11ヵ月だ。

支柱根が幹の高い位置からも出るようになった。

フタバナヒルギも横に太る段階に入ったようだ。

はっぱも以前より大きくなっている。

イメージ 6


下の写真は、試験植林で植林したオオバヒルギ。

さっきのフタバナヒルギと同時期の2006年9月に植林して、現在植林後2年11ヵ月だ。

支柱根も増えて、安定している。

イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


写真はスカナ島中心部分の様子。

毎回見に来る度に、この部分の砂が堆積したり、移動したりしている。

波や潮の流れによって、砂が移動しているのだろう。

今回は、特に砂の堆積が顕著だった。

砂の堆積が大きくなると地盤高が高くなり、オオバヒルギの根元部分が砂に埋没して、

マングローブの背丈が小さくなったように感じる。

イメージ 10



スカナ島 2年と11ヵ月(2)へ続く


Ayo menanam bakau!!

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ここまで しっかりと根を張ってくれると
大丈夫なのかしら。
皆様の愛情と努力のお陰でしょうね。ポチ!!

2009/10/29(木) 午後 8:09 mat*har**ai 返信する

顔アイコン

matahariさん>
ポチありがとうございます!!
私たちも、ここまで支柱根を出し、安定してくれれば、一安心です!
何かよっぽどの災害などなければ、大きな木になるまで、すくすくと成長していけると確信しています!

2009/10/30(金) 午前 9:45 ayo_menanam_bakau 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事