ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫全体表示


 
視察3日目

共栄船渠株式会社がバタムに作っているマングローブの「共栄の森」を視察した。

「共栄の森」は、ダップル・アナムとダップル・ティガの2現場で行っている

250haのマングローブ植林現場である。

お気づきの方もいるかもしれませんが、

通常、このブログの「ダップル・アナム植林日記」で、この現場の状態を報告している。

この日は、潮の都合上、ダップル・ティガの現場視察を行った。

天候が悪く曇っていて、空が暗かった。

最初にマングローブ植林現場の現場G2の上陸した。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


雨期に入り、海が荒れてきたこともあってか、

前回の視察の際より葉っぱの数が少し減ったように感じた。

2009年7月に補植したオオバヒルギは、目を出し、葉っぱをつけていた。


続いて、現場G3を視察

この現場G3では、オオバヒルギを一番最初に補植し、前回フジツボの付着が多く懸念していた。

今回も、フジツボの付着が多かったが、前回よりずいぶん背丈が伸びていた。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7



一番高いものでは、170cm程度のものもあった。

イメージ 8



今回、折れているものや枯れてしまっているものも、前回の視察の時より増えていた。

雨期に入り、海が荒れる時期になったので、

これから春になるまでは、マングローブにとって厳しい季節が続くだろう。


イメージ 9


大分銀行佐伯支店支店長の首藤哲哉氏は、このマングローブを見て、この様に話してくれた。

今回の視察で、マングローブ植林の大変さ、厳しさがわかった。

やはり自然相手のことは、どうなるか分からないし、計画を立ててその通りに進めることはできない。

自然に逆らうことはできない。

でも、このマングローブを見ていると、本当のマングローブの生命力を感じる。

一度ダメになった苗木が、またこんな風に新たに息を吹き返している。

こんなマングローブの方が、順調に育ってきたものより、粘り強くて、力強さを感じる。


その後、大分銀行佐伯支店支店長の首藤哲哉氏は、

このダップル・ティガ現場G3にオオバヒルギを植林した。

オオバヒルギの種を渡しているのは、

このダップル・ティガの村長でありマングローブ植林現場の責任者であるダルウィス氏だ。

イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


また、このオオバヒルギが大きくなったころに、バタムにマングローブたちの様子を見に来てください!



Ayo menanam bakau!!

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事