ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫全体表示

 
2010年5月23日 日曜日 20:30〜21:00

弊社社長の山本亮が、天神FM77.7に出演させて頂いた。

番組名:IFS(アイエフエス)

DJ:内畑寛さん

ラジオの中では、

現在、私たちがインドネシア国内において行っているマングローブ植林活動の話を通じて

日本の大量の木材利用の背景には、海外の森が伐採され、はげ山になっている現状があること

私たちが、インドネシアで植林を始めた動機

なぜマングローブ植林なのか

なぜインドネシアで植林するのか

などをお話しさせて頂いた。


実は、ラジオ番組中に、私もインドネシアから電話出演させて頂いた。

最初にマングローブについてのお話しをさせて頂いているときに、

電波の調子が悪く、途中で電話が切れてしまうハプニングもあったが、

番組ラストの方で、もう一度お話しさせてもらう機会を頂き、

私たち日本人の日常生活の中にも、

インドネシアでのマングローブの森の伐採が間接的に関連していることをお話しした。

エビと南洋備長炭のことだ。

私たちが普段食べている、エビの多くは東南アジアで養殖されている。

その中でもインドネシアからの輸入は1位、2位を争う量である。

しかし、そのエビの養殖場は、マングローブの木を伐採されて作られている。

また、南洋備長炭。

日本では夏になるとバーベキューをする人も多いと思う。

ホームセンターなどで売られている南洋備長炭という炭は、

実はフタバナヒルギという種類のマングローブから作られている。

(私たちは、フタバナヒルギも植林している)

このように、私たち日本人に身近なものの背景には、

マングローブの森が犠牲になっているという話をさせて頂いた。


Youtubeにラジオ番組の様子が公開されています。
途中切れている部分もありますが、2部構成になっています。
アドレスは↓




Ayo menanam bakau!!

  • 顔アイコン

    日本の飽食の陰には、犠牲になっている国があることを
    忘れてはいけないのですね。

    mat*har**ai

    2010/6/8(火) 午前 11:21

    返信する
  • 顔アイコン

    matahariさん>
    そうですね。
    普段の生活ではそんなことを考える人は、そんなに多くはないと思います。
    しかし、先進国で物があふれかえっているこの日本に住む人間として、そのことは知っておかなければならないことだと思います。
    弊社社長が、小学校などで講演をするときに、必ず子どもたちに日本などの先進国の豊かな暮らしの裏には、発展途上国が犠牲になっていることも多くないという事を話します。
    その話を聞いた子どもたちは、はじめて知った驚きと現状を知った衝撃を受けているようです。
    知るという事が関心を持ってくれる、第一歩だと思います。

    ayo_menanam_bakau

    2010/6/8(火) 午後 6:57

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事