全体表示

[ リスト ]


 
その後、もう一度舟に乗り込み、対岸の干潟に移動。

イメージ 1



前回2009年12月の幼稚園連盟植林ツアーの時に植林したオオバヒルギの様子である。

早いものでは、葉っぱを8〜10枚程度携えている。

イメージ 2



今回は、この横にオオバヒルギを植林していく。

イメージ 3


早速一列に並び、横同士の間隔を2メートルとり、

そのまま2メートル間隔で、オオバヒルギを植林しながら進んで行く。

イメージ 4


イメージ 5



石田会長も指示を出しながら、オオバヒルギを植え進めている。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8




途中、雨脚が強まり、豪雨になった時もあったが、

みなさん、植林作業の手を休めることなく、植え続けていた。

慣れない舟の乗り降りや、干潟の上での移動や作業で、予定よりも少し時間が押していた。

そのため、作業終盤になってくると、潮がどんどん満ち始めてきた。

イメージ 9


それでも、一人50本、ペアで100本のノルマを達成するために、

皆さん最後まで、黙々と作業を続けられた。


作業が終わった人から、どんどん干潟中央に集まってきた。

イメージ 10

イメージ 11



そして最後に、植林したオオバヒルギをバックに記念撮影。

イメージ 12



舟とバスを乗り継ぎ、ようやくバタムの中心街に帰ってきた。

ホテルで、シャワーと着替えを済ませ、昼食に向かう。

昼食は、バタム名物 Yong Kee(ヨン・キー)の魚のスープ(Sup Ikan)である。

バタム市は、小さな島で周りを海に囲まれているため、新鮮でおいしい魚介類がたくさんある。

そのため、この魚のスープがバタム名物なのだ。

Yong Kee(ヨン・キー)の魚のスープは、特に有名で、市外、県外からも食べにくる人もいるくらいだ。


昼食のメニューは、
魚のスープ または、シーフードミックスのスープ。
オタッオタッ(魚のすり身に唐辛子を練り込んで、バナナの皮に包んで焼いたもの)



昼食の後は、民芸品などおいてある土産物屋でショッピングをするグループと、

スパにいくグループとに分かれて行動となった。

前回のツアーで、スパが大人気で、宿泊先のホテルでは間に合わなかったため

今回、知人を通じて紹介してもらい、新しくできた評判のスパに案内。

キャパもあり、一度に12人できるとあって、希望者全員をスパに案内できた。

後から、スパに行った方々に感想を聞くと、

部屋もきれいで雰囲気が良く、スパ自体も安いのに充実していてとてもよかった。

という声が聞かれた。

スパ組のみなさんに満足して頂けたので、次回のツアーでもここに案内させてもらおう。


土産物屋で1時間半ほど買い物し、

その次は、バタムで一番大きなモールである、ナゴヤ・ヒルに移動した。

このナゴヤ・ヒルはバタムでも、一番、人が集まるところである。

そこで、夕食まで自由行動とした。




イメージ 13
賢者.tvの映像はこちらからご覧になれます↓
http://www.kenja.tv/index.php?c=detail&kaiinid=10153


山本亮の社長ブログはこちらから↓
http://www.kenja.tv//index.php?c=blog&m=link&kaiinid=10153


ワイエルインベストのHPはこちらから↓
http://www.ylinvest.co.jp/


Ayo menanam bakau!!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事