全体表示

[ リスト ]

APS 2011年9月12日

 
2011年9月12日。

東ジャワ州にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)にやってきた。

今日はまず、シドアルジョ県内にある学校に向かい、学長のエンダン氏と面会。

2009年9月から弊社とAPSの共同事業が開始。

本年度もお互いの協力関係を続けていくための契約を更新!

今後もシルボフィッシャリーの発展と普及のために力を合わせていくことで合意した。

イメージ 1

↑左;阿久根(ワイエルインベスト)、右;エンダン氏(シドアルジョ水産専門学校学長)



楽しい会話も終わり、学校を後にし養殖試験場へ。

実は試験場は、隣のパスルアン県にあり、学校から車で一時間ほどの距離だ。


試験場につくと早速、マングローブの様子を視察。

下は、養殖試験場の図。

イメージ 2




下の写真は、17番池の様子。

この池には、マングローブのAvicennia種を植林している。

池の中は、Avicennia種、池のふちはRhizophora種。

同時期に植林しているのだが、Avicennia種はRhizophora種に比べて成長が早い。

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 12


イメージ 13




下の写真は、24番池の様子。

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


前回の視察に際には、マングローブの背丈は看板に比べるととても小さかったが、

看板の下辺に届くくらいの背丈になっている。

成長の速さに驚愕!!

(今まで干潟での植林で、マングローブに厳しい条件下だったため、成長は大変ゆっくりだった。)

こんなに成長が早いなんて、植林・育成する方にとっては嬉しい限りだ。




下の写真は、24番池の横の川沿いに植林したマングローブ。

こちらのマングローブもAvicennia種のため、成長が早い。

もう「森」と呼んでいいほどに大きくなっている。

イメージ 9




下の写真は、18番池の横の川沿いのマングローブ。

こちらも大きくなってきている。

イメージ 10




下の写真は、24番池と17番池の間の水路の様子。

水路にも水質浄化のため、マングローブを植林している。

イメージ 11




下の写真は、10番池の様子。

植林をしてから数か月でこんなにも成長。

イメージ 14




下の写真は、11番池の様子。

前回の視察では、葉っぱが数枚といった感じだったが、

枝葉が成長し、支柱根まで生えている。

ものすごい成長ぶりに驚き。

イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17



養殖場跡地と干潟では、マングローブの成長が全然違う。

今まで干潟で植林してきた私たちには、驚きの成長の速さ!!

毎回視察に来るたびに、見違えるような成長ぶりで、驚きの連続。

今後の成長を考えるととてもワクワクする。


Ayo menanam bakau!!


イメージ 18>>社長ブログはコチラから!

イメージ 19>>プロジェクトブログはコチラから!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事