全体表示

[ リスト ]

APS 2012年9月10日

 
2012年9月10日。

東ジャワ州にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)。

本年度も、APSと共同事業の継続契約を締結。

2009年より始まった共同事業は順調に進んでいる。

イメージ 1

↑左から、阿久根(ワイエルインベスト)、バンバン氏(APS養殖試験場責任者)、エンダン氏(APS学長)


その後、APS養殖試験場へ。

下の図は、APS養殖試験場の図。

イメージ 2



下の写真は、14番池と21番池の間のあぜ道。

写真向かって左側の水路に植林したマングローブ。

イメージ 3

↑左;バンバン氏

順調に成長している。

イメージ 4




下の写真は、16番池と23番池の間のあぜ道。

イメージ 5

↑左;エンダン氏



下の写真は、17番池と24番池の間のあぜ道。

イメージ 9


横の水路ふちと24番池のふちに植えたマングローブが成長し、視界を遮るほどの大きさだ。

半年前には、人の背丈と同じくらいだったのに、今での完全に追い越されている。




下の写真は、17番池の様子。

マングローブのAvicennis種はこれでもかというほど大きくなっている。

背丈は、3メートルを余裕で越えている。

イメージ 6



この池でもエビの養殖試験を実施中。

試験なので、正確な数量を計測するため、池の一角に網を張り、その中で養殖している。

イメージ 8



餌は一切与えず、マングローブの落葉により自然発生する微生物のみ。

網の中から出てきたのは・・・・このエビ!!

イメージ 7


マングローブ植林以前は、環境汚染などにより全くエビが養殖できなかったこの池で、

こんなエビが養殖できるようになった。



下の写真は、24番池の様子。

イメージ 12



24番池にも試験養殖用の網が・・・

イメージ 10



こちらも餌を一切与えていない。

網の中からは・・・

イメージ 11



しつこいようですが、マングローブ植林前には、まったくエビの養殖ができなかったのです。

マングローブの力ってすごい!!!





下の写真は、10番池の様子。

イメージ 13




下の写真は、11番池の様子。

イメージ 14


イメージ 15



10番池と11番池は、約1歳の年の差がある。

道順から、いつも10番池を先に見て、

その成長ぶりに11番池のマングローブに追いついているのではないかと思うが、

次の瞬間11番池を見ると、更に一段と成長している様子を見て、

1年の差は大きいなぁと感心する。


Ayo menanam bakau!!


イメージ 16>>社長ブログはコチラから!

イメージ 17>>プロジェクトブログはコチラから!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事