ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫全体表示

 
2013年4月22日

東ジャワ州パスルアン県にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)の養殖試験場。

APSとは2009年から、シルボフィッシャリーの共同事業を行っている。

シルボフィッシャリーとは、養殖池にマングローブを植林し、

自然の力だけでエビや魚を育てるというもの。

ワイエルインベストがマングローブ担当、APSが水産養殖の担当だ。


APSは、水産専門学校であるため、色々な勉強をするために、

シルボフィッシャリーだけでなく、

インテンシブと呼ばれる、集約型養殖の試験も行っている。


イメージ 1


イメージ 2



マングローブは一切なく、機械で水流を作り、

モーターでエアレーションを回して、水中に酸素を取り込んでいる。

この池を作るのに、初期投資で300万円くらいかかるそうだ。

普通の樹民レベルでは行えない養殖方法である。

この集約養殖池を横目に見ながら、私たちのマングローブの池へ。


イメージ 3



マングローブを植林したシルボフィッシャリーの池へつながる水路にも、

マングローブを植林している。

ずいぶんと成長し、トンネルのようになっている。

今日は天気が良いので、太陽の光が葉っぱを輝かせ、緑が美しい。


イメージ 4



この水路の脇に、一人の地元の青年がバケツをもって座っていた。

聞いてみると、ここにカニを釣りにやってきたそうだ。

すでに、カニを一匹捕まえたと、自慢げにバケツの中を見せてくれた。


イメージ 5



捕まえたカニを、そばに生えている蔓で、しっかりと縛っている。

彼の話を聞くと、マングローブを植林してからというもの、

自然のカニや魚が、マングローブの周辺にどんどん集まってきているそうだ。

そのおかげで、ここに釣りに来ることが多くなったそうだ。

APS養殖試験場は、学校の試験場ではあるが、

周辺住民が自由に出入りができるように、開放している。

試験場の敷地内でも、学校が養殖試験を行っている物以外の、

自然に入ってくる魚やカニは、住民が自由に収穫して良いことにしている。

住民との距離がとても近く、地元との交流をとても大切にしているところが、

APSの地域密着型の特徴だ。



下は、17番の養殖池の様子。

イメージ 6


2009年末にヒルギダマシを植林している。

ヒルギダマシは成長が早く、木が生い茂り、森のようになっている。

自分たちで、3年半ほど前に植林した事が、

信じられないくらいの大きさに成長している。




下の写真は、24番の養殖池の様子。

イメージ 7


こちらの池には、オオバヒルギを植林している。

前回、1月に視察に来た時よりも、一段と大きくなって、

看板がマングローブの影に隠れてしまっている。

凄い成長ぶりだ。



下の写真は、11番の養殖池の様子。

イメージ 8


天気が良いお蔭で、葉っぱがピカピカ光ってきれいだ。



下の写真は、その隣の10番の養殖池。

イメージ 9


緑が目に鮮やかだ。



Ayo menanam bakau!!


イメージ 10>>社長ブログはコチラから!

イメージ 11>>プロジェクトブログはコチラから!

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事