ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫全体表示

 
マングローブは海水と淡水が交じり合う潮間帯に生息する森林群のことで、

ヤシやシダの仲間も含めると世界中では、約100種類の植物がマングローブと呼ばれています。

河口や海岸に生息しているため 潮が満ちた時には、幹の大半が水に沈み

水に沈まない上部に多く葉をつけます。

イメージ 1


マングローブの種は木の枝からぶら下がる形でなっている。

イメージ 2



書きましたが、マングローブの種はひょろ長く、種類によっては約80cmにもなるものも・・・

私たちが植えている種はオオバヒルギ約60cm、フタバナヒルギ約30cm。

イメージ 3

種の上部についている花(果実)のように見える部分は枝と種の接続部

種が熟すと簡単に取れるようになる。

その接続部に隠れていた種の部分は、ちょうど甲殻類の足の爪のようにとがっている。

種を植える時には、とがっている方を上にして、種の半分くらいまで土に植える。

これは、自然環境の中で、種が枝から落ちた時に、

土につきささる状態と同じ状況を作り出している。

従来、植林は種を発芽させ、苗木にしてから植えるのが一般的。

マングローブも例外ではなかった。

しかし、私たちはあえて種から植林することにした。

スタンダードからはみ出した方法・・・。

マングローブ植林経験のあるBasriさんは、初め強く反対し、話し合いに話し合いを重ねた。

その結果、半信半疑ながらも納得してくれた。

そこには、天然の木のようにたくましく育って欲しいという、

私たちの強い願いがあったからだ。

マングローブも人間と同じように、幼い頃から厳しい環境に耐え抜いたものが

本当に強くなれると信じているから。

自然環境の中では、海水と淡水の入り混じりによって大きく塩分濃度がかわる。

その塩分濃度の変化こそが、幼いマングローブにとって、一番の試練。

大雨が降れば、塩分濃度が下がり、その逆では塩分濃度が上がる。

潮の満ち引きや天候によっても左右させる塩分濃度・・・

その変化に耐えられるマングローブを育てないとイミがない。

このマングローブたちには、本当に強い木に成長してほしい!!

私たちの強い思いが込められている。

この私たちの選択が間違っていたのか、そうでないのか・・・。

スカナ島のマングローブたちの成長を見てほしい。

イメージ 4


Ayo menanam bakau!!

  • 顔アイコン

    マングローブの鉢植えを買いましたが、枯れてしまいました。塩水をかけないとだめですかね。

    [ iss*i*891 ]

    2007/11/26(月) 午後 10:49

    返信する
  • 顔アイコン

    来場・コメントありがとうございます。マングローブの鉢植えのお話ですが、基本的には淡水でも育ちますので、塩分が絶対必要ということは無いと思います。 issei5891さんは、どちらにお住まいでしょうか?もしかしたら、気温の関係があるかもしれないです。 マングローブは熱帯の植物ですので、種類によっては九州南部以外では、生息が難しい種類もあります。

    ayo_menanam_bakau

    2007/11/27(火) 午後 11:18

    返信する
  • 顔アイコン

    『温暖化』という時代になったようですね、私は、愛知万博より、『消費』『リサイクル』という点から取り組みを、始めました。
    森林伐採・・・大変な深刻な状況にあると言う事を、知りました。

    [ とこ しゅう ]

    2007/11/28(水) 午前 0:04

    返信する
  • 顔アイコン

    toco_syoさんコメント、どうもありがとうございます。確かに、温暖化という大変な時代に突入しています。未来の子供たちのためにも、今私たち一人ひとりができることをやっていきたいですね。
    途上国の森林伐採は非常に深刻な問題です。生きるためにやむおえずということもあるのでしょうが・・・。
    今私はインドネシアで、現地の人々と一緒に木を植える喜びと、緑の大切さを学んでいます。
    節約、リサイクルなど、地球上すべての人々が、関心をもって取り組んでくれたら、温暖化も緩やかになるかもしれませんね。
    そう願ってお互い頑張っていきましょう!!

    ayo_menanam_bakau

    2007/11/28(水) 午前 1:26

    返信する
  • 顔アイコン

    やはり温度の関係ですかね。私は山陰ですので、ビニールハウスの中でも冬が越せませんでした。

    [ iss*i*891 ]

    2007/11/28(水) 午後 1:07

    返信する
  • 顔アイコン

    issei5891さんは山陰にお住まいなんですね。寒さの厳しいところですね。山陰の寒さは熱帯のマングローブには厳しかったかもしれませんね。
    issei5891さんは、なんという種類のマングローブを買われたんでしょうか?
    マングローブの中でも、メヒルギという種類は比較的寒さに耐えれるものもあります。
    日本で観測させているメヒルギの生息地の北限は、静岡県といわれています。

    ayo_menanam_bakau

    2007/11/28(水) 午後 1:46

    返信する
  • こんにちは。
    この夏、西表島に行ってマングローブを見てきました。
    厳しい環境の制約を乗り越えて生きているマングローブに
    感動しました。
    さっそく買ってきて、育てています。
    枯らさないようにしたいです。

    [ 橘 あおい ]

    2010/8/14(土) 午前 10:01

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。
    バタム島でsaitouさん達と一緒に植林させていただきました。
    二日目。腹痛の中、炎天下も加わり最悪のコンディションでしたが最後まで植林することができ、本当にやりとげたーという気持ちでいっぱいでした。
    その他、現地の生活や環境などを肌で感じることができ、貴重な体験をお土産として帰国することができました。ありがとうございました!!!

    [ 空marine ]

    2010/8/17(火) 午後 7:24

    返信する
  • 顔アイコン

    あおいさん>
    コメントありがとうございます。
    お返事が遅くなってしまい、申し訳ございません。
    西表島のマングローブを見て、感動されて、マングローブを育て始めたのですね。
    マングローブは種類によっては、二酸化炭素吸収固定量が多くて、地球温暖化防止にもなります。
    また、海のゆりかごですので、生態系にとって重要な存在です。
    育っているマングローブの種類はなんですか?
    どちらで育ててられるのですか?

    ayo_menanam_bakau

    2010/8/25(水) 午後 0:17

    返信する
  • 顔アイコン

    空marineさん>
    バタム島では、色々ありがとうござました。
    慣れない土地で、なれない植林作業や地元の人たちとの交流を通して、大変なこともあったことと思いますが、何か心に残る思い出ができていたら、嬉しいと思います。
    みんなさんが植林されたマングローブが、元気に育っていくように、私たちも地元住民と一緒に育てていこうと思います。
    また、時間がたってから、空marineさんが植えられたマングローブがどんな風に育っているのか、ぜひ、バタムに見に来て下さい。
    お待ちしております!!
    どうもありがとうございました。

    ayo_menanam_bakau

    2010/8/25(水) 午後 1:24

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事