全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全62ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

南スマトラ州バニュアシン県にある 「恵みの森づくりプロジェクト」の現場にやってきた。

今回は、この18列西列から視察を行う。


今までの1列目(16列東列)の造成・植林が一段落したため

現在、2列目となる18列西列にも取り掛かることになり

実は、2016年年末から準備を行っていた。

土地の整備をしながら、整備が完了したところからマングローブの植林を行っている。

私たちが植林しているマングローブの種類はリゾフォラという種類の木だ。



18列西列の1番池。

イメージ 1


ここはまだ手つかずのまま。これから土地整備から行っていく予定。

18列西列2番池

イメージ 2


池の溝を掘る土地整備作業が終わり、これから植林にとりかかるところ。

池の前に、作業小屋を建設中。

イメージ 3


日中は日差しが強いので、作業の間お日陰で休憩したり、食事したりできるように。

3番池〜4番池までも、2番池と同様に土地整備が終わったところで、

今は植林用のマングローブの種の取れる時期を待っているところ。

イメージ 4


イメージ 5



5番池

イメージ 6


5番池の中には、自然に活着した大きなリゾフォラが自生している。

この木はそのまま残して、植林したリゾフォラを一緒に育てていく予定だ。

イメージ 7




6番池

イメージ 8


池の中の盛り土部分を覆い隠すように草に覆われている。

5月に植林を行っているが、草の影響が心配だ。


18列西列7番池。

この池は一足先に植林が完了しており、5月に植林し、現在3カ月目である。

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13



となりの8番池も植林後3カ月。

イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


7番池も8番池もマングローブの育ちをよくするために、水位を高くしている。

まわりに雑草も少ない為、植林したマングローブの様子が確認しやすい。。


9番池の様子

イメージ 18



2017年8月6日(2)へつづく。


Ayo menanam bakau!!

イメージ 19>>会長ブログはコチラから!

イメージ 20>>プロジェクトブログはコチラから!


イメージ 22>>スタッフブログはコチラから!

開く コメント(0)

2017年5月7日

恵みの森づくりプロジェクトの現場にやってきた。

ここでは池に引き入れる用水路のつくりに合わせて、

列単位でシルボフィッシャリーの造成を行っている。


1列目(16列東列)の0番池は、最初に植林した時に活着が悪かったので、

補植を行い、現在は順調に成長している。

イメージ 1


イメージ 2


小さい苗木は補植した木で、大きい木は最初に植林したマングローブの生き残り

イメージ 3



こちらは3番池の様子。

真ん中の大きなマングローブは自然に育っていた木で、

そのまま残して植林したマングローブと一緒に育てている。

イメージ 4


イメージ 5


こちらは、3番池の奥の様子。

こちらも最初の植林では、乾季の水不足のせいで活着が悪かったため、

更に補植を行った。

小さい苗木は補植で植林したもの。

イメージ 6


イメージ 7



この1列目(16列東列)は、全部で15個の池があり、

これが一番端っこの15番池。

この池は地面が小さな山のようなでこぼこがたくさんある。

これは現地ではロモロモと呼ばれており、カニの一種の巣になっている。

カニであるがザリガニのような形で、エビの様に背中が曲がっている種類だそうだ。

(カニであるが、地元の人はこのカニをあまり食べないらしい。)

山のてっぺんに穴があり、巣を掘る際に土を上へ上へと排出していくため、

山状に土がこんもり盛り上がっている。

そのロモロモの間にマングローブを植林している。

イメージ 8



池の管理をしてくれているおじさんに、

現在シルボフィッシャリーで育てているエビの調子を聞いてみた。

エビをみせてやると、独特な形の網をもって池に入り、エビを探し始めた。

イメージ 9


網を沈め、池の底をすくうように動かし

イメージ 10


サッと持ち上げると

イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


池からあがってきた

イメージ 14


エビだ。

イメージ 15


まだ1ヶ月半ほどで、まだまだ小さいが、順調に育っているようだ。

マングローブもまだ、小さいにもかかわらず、

餌を一切与えずに、マングローブの力だけでエビがちゃんと育っていることには、

本当に自然の力は凄いものだといつも感心させられる。



今までの活動で、シルボフィッシャリー1列目の植林と

活着出来なかったところの補植(再植林)も完了し、経過は良好だ。

そこで、今度は2列目のシルボフィッシャリーの池列を作り始めたところだ。

2列目は、18列西列で行う事になり、

荒れ地だった池をシルボフィッシャリーができるように整地しているところだ。

イメージ 16


イメージ 17


自然に生えているマングローブもぽつぽつとあり、

このマングローブはそのまま残し、植林するマングローブと一緒に育ってていく。

イメージ 18


イメージ 19


イメージ 20


イメージ 21


これは、水門のようす。

一般的な水門と違い、この土地は土壌がどろどろなので、

パイプを違う深さで数本地面に埋め込み、水の出し入れを行いたい時に

パイプの蓋を開けるような作りにしている。

イメージ 22


種の季節を待って、マングローブの植林を開始する予定だ。


Ayo menanam bakau!!

イメージ 23>>会長ブログはコチラから!

イメージ 24>>プロジェクトブログはコチラから!

開く コメント(0)

2017年2月14日

「恵みの森づくりプロジェクト」の現場にやってきた。

この日は、エビの収穫を視察。

今までにもエビの収穫は何度か行われてきたが、なかなかタイミングが合わず、

立ち会うのは今回が初めて。

エビの収穫は池の水を抜きながら行うので、潮が引く干潮時に行う。

この日は、夜中が干潮時間。

夜の作業に向けて、皆で池に集合する。

池に向かい途中で、他の池のマングローブの様子も見つつ。


これは17列西列0番池

イメージ 1



これは16列東列0番池

イメージ 2



こちらは16列東列3番池

イメージ 3



今回のエビを収穫する、16列東列3番池。

だんだんと日が沈んで、暗くなってきた。

イメージ 4



この「恵みの森づくりプロジェクト」のシルボフィッシャリーで育てたブラックタイガーエビは、

餌や薬品などを一切与えていない、マングローブの栄養だけで育ったブラックタイガーだ。

エビの成長具合が気になるところ。



完全に日が沈み、あたりは真っ暗。

潮が引くのに合わせて、池の水門を開き水を抜いていく。

水門に網を仕掛け、水の流れに乗ってエビが網の中に入ってくる。

定期的に網を揚げ、中に入ってきたエビを収穫する。

イメージ 5




大きくて立派なエビだ!

このサイズはなかなか見たことない。

活きが良く、ピチピチと飛び上がっている。

餌も与えずに、こんなの大きくなるのであれば立派な物だ!


ブラックタイガー以外にも、海水と一緒に流れ込んできた小魚やカニや違う種類の小さなエビなど、

一緒に網の中に入ってくるため、ブラックタイガーと仕分けを行う。



イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8





この作業を何度も何度も繰り返し、エビを収穫していく。


この日は干満差があまりない日で、池の水が完全に抜けきるまえに、

今度は潮が満ち始める時間になってきた。

水門を閉め、池に残ったエビを手作業で集めることにした。

ブラックタイガーは池底をはっているため、

頭にライトをつけて、泥の中を手探りで探す。




エビの動きも素早いものだが、皆慣れたもので簡単にエビを手掴みで、捕まえている。






夜が明け、空が明るくなってきた。

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12



シルボフィッシャリーで、ここまで立派なエビが育つ、

住民も私達も期待と自信が持てた。

ayo menanam bakau!!

イメージ 13>>プロジェクトブログはコチラから!

開く コメント(0)

「恵みの森づくりプロジェクト」は、

インドネシア共和国南スマトラ州バニュアシン県ムアラ・スギハン区ティンブルジャヤ村にある。

この地域は、通称ジャルール・ティガブラスと呼ばれている。

どこにあるのかと、聞かれることが多いので、今日は簡単に現場までのアクセスをご紹介します。

まず、Google Earthの地図で見ていきましょう。

中心に写っているのが、インドネシア共和国。

島嶼国なのでたくさんの島の集まりでできてる。

右上に日本が見える。インドネシアの国土は日本の約5倍。

イメージ 1



これはスマトラ島。

イメージ 2



パレンバンは南スマトラ州の州都。

イメージ 3



恵みの森づくりプロジェクトの現場はここ。

イメージ 4



私達が普段、このパレンバンから木製のスピードボートとバイクで現場まで行く。

イメージ 5


乗っていくのは、このスピードボート。

イメージ 6



大きい屋根ついたボードもあるけれど、人数が少ないときには、ホロのついた小さい方のボートを使う。

横並びに2人座れる大きさ。

イメージ 7


このボートでおよそ3時間移動する。

晴れていても直射日光が暑いし、雨が降ったらびしょ濡れになるので、結構大変。


3時間ボートに揺られて、村に到着。

イメージ 8



ここからバイクに乗って、村の中を走り抜け

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


養殖池がひろがる畦道を走って行く。約30分の移動。

この畦道は雨が降ると地面がどろどろになるため、

雨が降った際には、歩いて移動しなければならない。

雨天の時は本当に大変で、靴の底にもまわりにも泥がへばりつき、

歩く度に足が重くなっていくので、定期的に泥を蹴落としながら歩かなければならない。

この畦道だけで、バイクの時は10分程度が、歩きだと1時間以上かかるときもある。

イメージ 12


イメージ 13


そうして、ようやくプロジェクトに到着。

イメージ 14


天気が良ければ、パレンバン市内からこの現場まで、ボートで3時間+バイクで30分。

Ayo menanam bakau!!

イメージ 15>>プロジェクトブログはコチラから!

開く コメント(0)

2016年9月1日

「恵みの森づくりプロジェクト」の現場にやってきた。

17列西列の0番池の様子。

イメージ 1


イメージ 2



2番池の様子。

イメージ 3



水路のとの間池に植えたマングローブ

イメージ 4


イメージ 5



3番池の様子。

イメージ 6



こちらは4-5番池(この池だけ普通の大きさの2つ分)。

この池のマングローブは最初の試験植林で植えたもので、

現在5年目。

イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10



こちらは6番池の様子。

イメージ 11



6番池の向かいには、用水路との間の間池があり、こちらも一緒に植林したもの。

イメージ 12


イメージ 13



6番池を抜けると、こちらは7番池。

2015年の年末に植林して植林後まだ1年弱。

はっぱは5〜6対ほどついていて。順調に育っているようだ。

イメージ 14



8番池の様子。

イメージ 15



こちらは、15番池の前に設置している管理小屋。

エビの様子をみたり、エビ泥棒が入ってこないように見張りをするために、ここに住み込んでいる。

イメージ 16




今回は、ちょうどエビの子ども、稚エビを投入して数週間というタイミングであったので、

エビの様子を見せてくれると、池の中を網でさらいだした。

イメージ 17



こんなちっちゃい、色もまだ透明のエビ。

イメージ 18


これが3ヵ月もすると立派なエビに育つ。

餌も薬品も与えていない、天然に近い環境で育ったエビ。

マングローブもエビも育つのが楽しみだ。

Ayo menanam Bakau!!

イメージ 19>>プロジェクトブログはコチラから!

開く コメント(0)

全62ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事