ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫全体表示

記事検索
検索



これは、A2エリアの様子である。

こちらも2008年9月にオオバヒルギを植林し、植林後3年7ヵ月がたっている。

このA2エリアは以前からフジツボの被害が大きく、

マングローブの数が時間と共に少しずつ減ってきてしまった。

残存しているマングローブもかなりまばらで、各個体の成長もA3、A5エリアに比較し、かなり遅い。

ここは、波打ち際である事から波の影響を受けやすく、フジツボの被害も出やすい位置だ。

今後のこのエリアでの補植の際には、干潟中心部を先に植林し、

その後、徐々に徐々に波打ち際に向けて植林を進めていく方法がいいと思う。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3



このA4エリアのオオバヒルギは、2007年8月に植林した。

現在、植林後4年8月になる。

背丈は200cm以上で、そこからは背丈の伸びは止まっているようだ。

通常、背丈の伸びと、枝葉や支柱根の増加などの横太りの成長は交互にある。

しかし、このオオバヒルギは支柱根や枝葉の数はやや増えているものの

大きく横に枝を伸ばしたり、幹自体の太りもあまり見られない。

多分、植林の間隔が密集しすぎて、あまり横に太れないのだろう・・・

他のエリアと比べて、今後も成長はゆっくり進むと思う。

マングローブは密集して植えていると、仲間がいるためか、初期段階の成長は早い。

波やフジツボの影響も軽減されるからだろう。

しかし、ある程度成長すると、間隔が狭いことから成長がゆっくりになる。

面白いものだなぁ・・・


イメージ 4


イメージ 5




次は、干潟Bへ移動し、B1エリアを視察。

このB1エリアのフタバナヒルギは、一番最初に植林した分で これも4年8ヵ月になる。

このヒタバナヒルギは驚異的に成長が良い。

他のところがフタバナヒルギが活着できず、オオバヒルギへ樹種を変更する中、

ここのフタバナヒルギだけがすくすくと育ってきた。

確かに、このB1は他より少し地盤高が高い。

しかし、それもほんのちょっとの差だ。

このほんのちょっとの差が、活着率を大きく作用する。

本当に自然とは難しいものだ。

イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


支柱根も隙間なくはり、中に入る事が出来ないくらいに生い茂っている。

既に森と呼べるほどの成長ぶりだ。


Ayo menanam bakau!!


イメージ 10>>社長ブログはコチラから!

イメージ 11>>プロジェクトブログはコチラから!


植林後3年7ヵ月で種子が出来ているマングローブが数個体見られた。

胎生種子が見られたのは、今回初めて。

数個体で確認されたが、1個体に1個ずつであった。

種子は短くまだ未成熟である。

これからの成長が楽しみだ

こんな風に種ができるようになれば、植林したマングローブから新たなマングローブが育ち

森になるのも早くなるだろう。

とても楽しみだ。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


A3エリアは、A5エリアと同時期に植林を行い、現在3年7ヵ月。

A5エリアに比較し、やや成長が遅い様であるが、順調に成長している。

A3エリアの個体群には、まだ種はできていないようだ。

イメージ 4


イメージ 5


これは、A3エリアとA5エリアの間の個体群である。

2010年5-6月に出射さん・ebioさんが植林したもので、現在2年1〜2ヵ月になる。

イメージ 6


イメージ 7



A7エリアに2010年11月に植林したオオバヒルギである。

植林の際に胎生種子を深く植えすぎていたので、植え直しを行った場所だ。

無事に活着している。

現在、植林後1年5ヵ月。

個体の成長速度にややばらつきがある。

植林の際の種子の成熟度合いと植林方法によって、ばらつきができているだろう。

しかし、その後の成長には、特に問題はないようだ。

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12






Ayo menanam bakau!!

2012年4月5日 木曜日

天気は晴れ

14:00トモヨン島干潟北側のA5エリアより上陸。

A5エリアはオオバヒルギを植林し、現在植林後3年7ヵ月経過。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


これらの個体の背丈の平均は、160cmほど。高いもので200cm程になる。

支柱根もどっしりとはって、しっかりと地面と掴んでいる。

枝葉も立派に茂って、もう木という感じだ。

イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9




Ayo menanam bakau!!


イメージ 10>>社長ブログはコチラから!

イメージ 11>>プロジェクトブログはコチラから!

 
2012年4月4日 水曜日

天気は晴れ


13:20 スカナ島干潟南側より上陸。

イメージ 1


イメージ 2


この辺りはオオバヒルギを植林し、2年〜3年が経過している。

地盤高が干潟中心部に比較し低い為、海面から冠部分を突出するために背丈の伸びが著しい。

背丈の高い個体で170cm以上のものも見受けられる。

イメージ 3


干潟中心部へ向き合って進み地盤高が高くなるにつれ、個体の背丈は低くなっている。

イメージ 4



中心部よりやや南側のエリアは、後に補植したもので、植林後2年弱が経過。順調に成長している。

イメージ 5


イメージ 6



中心部手前のエリアでは、ほとんどの個体に支柱根が出ている。

植林後3年半強。

写真はオオバヒルギとヤエヤマヒルギの個体の様子。

イメージ 7



これは、フタバナヒルギの個体の様子。

イメージ 8


スカナ島は地盤高が高いため、マングローブの背丈はあまり高くならないが、

葉っぱや枝を増やして、支柱根等を順調している。

最近は、虫食いの被害もあるが、このまま順調に成長してほしい。


Ayo menanam bakau!!

イメージ 9>>社長ブログはコチラから!

イメージ 10>>プロジェクトブログはコチラから!


A3エリアの様子。


イメージ 1

↑A3エリア

イメージ 2

↑A3エリア


このエリアはA3エリア全体に群衆で植林したが、赤枠で囲んだ部分が完全に抜け落ちている。

原因は水の流れか地盤高かはわからない。

活着している部分も成長は順調であるが、土壌が柔らかすぎる事と流木などによるなぎ倒し、

波や海藻の影響等もあり、本数が数本ずつ減少している。

1個体に係る影響や負担を軽減するためには、一斉に大量本数を植林する事が効果的と思われる。


イメージ 3

↑A3エリア。オオバヒルギに海藻が絡まっている。

イメージ 4

↑A3エリア

イメージ 5

↑A3エリア


A3エリアの中心部分は外部からの影響が少ないため個体数の減少はほとんどない。背丈は約170僉

イメージ 6

↑A3エリア中心部分。


A4エリアの様子。

2007年8月にオオバヒルギを植林。現在植林後、4年1ヶ月。

背丈は2Mと大きな変化はないが、枝葉や支柱根が順調に成長している。

イメージ 7

↑A4エリア


Ayo menanam bakau!!

イメージ 8>>社長ブログはコチラから!

イメージ 9>>プロジェクトブログはコチラから!

イメージ 10>>ワイエルインベストのホームページはコチラから!
 

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事