ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫全体表示

記事検索
検索
2014年3月21日

東ジャワ州パスルアン県にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)の養殖試験場。

APSとは2009年から、マングローブの力で水産養殖業を行う

シルボフィッシャリーの共同事業を行っている。

今回は、北海道大学から小田先生が視察に来られた。

APSの養殖試験場を案内。

小田先生は、北海道大学で文化人類学を教えておられるそうだ。

最近、森林再生に関心を持たれ調査をしていたところ、

弊社のホームページにたどり着き、お問い合わせを頂いた。

情報交換等させて頂きながら、今回インドネシアの現場まで足を運んで頂く事になった。

イメージ 1



24番の池の様子

イメージ 2



シルボフィッシャリーの仕組みをご説明し、

森林を再生させ守っていくためには、住民にとっても価値のある、つまり、有用である森であれば、

住民に伐採されることなく、守られていくだろうとの考えから、

マングローブで養殖業を行っていくスタイルをとっていることを説明すると

とても共感して下さった。



あぜ道のマングローブには、種が付き始めていた。

イメージ 3

まだ小さくふにゃふにゃとしているが、

これが成熟すると40〜60センチくらいになる。

成長段階によって、色々なサイズの未熟な種がぶら下がっていてかわいい。



APSの試験場内をぐるりと回って案内。

入口のところに大きな看板が作られており、

マングローブセンターと書かれている。

インドネシアの海洋水産省からセンターとして指定され、設置したそうだ。

観光用のセンターではなく、教育・学習用のセンターという位置づけになっている。

以前から、インドネシア中の大学や地方自治体、また海外からも視察が多く訪れている。

イメージ 4



養殖試験場を視察後、APSの学校のキャンパスへ。

学長のエンダン氏とお話しし、今後も情報交換等させて頂くとお話しになった。


イメージ 5





Ayo menanam bakau!!


イメージ 6>>社長ブログはコチラから!

イメージ 7>>プロジェクトブログはコチラから!

2013年12月9日

東ジャワ州パスルアン県にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)の養殖試験場。

APSとは2009年から、マングローブの力で水産養殖業を行う

シルボフィッシャリーの共同事業を行っている。


今回は、大阪大学の研究員の渕上さんと京都大学の研究員の石丸さんが視察に来られた。

APSの養殖試験場を案内。


渕上さんとは、彼女が京都大学の博士課程の時からの知り合いで、

マングローブの研究をされている。

以前には、バタムの漁村などにマングローブの活用について現地調査に来られていた。

その時にお会いし、今でのマングローブ関連の情報交換等させて頂いている。

今回は、以前から弊社の現場を見たいとのリクエストを頂いていたので、

喜んでご案内した。

渕上さんは、マングローブと住民との関わりや関係などの研究されている事から、

このシルボフィッシャリー、つまり、マングローブと住民の養殖業の両立を

見て頂けるAPSの現場が良いと考えた。

一緒に来られた石丸さんも、以前のバタム調査の時から交流させてもらっている。

今回は、渕上さんのインドネシア調査のサポートをするために、一緒に来られた。

イメージ 1



この日は、雨が降った後で、あぜ道がどろどろにぬかるんでいて、

歩くのも一苦労。


イメージ 2



24番の池に到着。

イメージ 3



ここでシルボフィッシャリー池の全様を見てもらいながら、仕組みを説明。

2009年末に植林し、現状でエビの養殖試験でも成果が出ていると説明すると、

感心してくれていた。

イメージ 4


イメージ 5



今までは、マングローブの活用でも、マングローブ炭の研究が多かったようで、

マングローブを生かしたままの活用に、新鮮味を感じてくれたようだ。

※マングローブ炭は、日本でもよく見かける。

ホームセンターなどで、南洋備長炭などと言って売られていてるBBQなどに使われる炭は、

実はマングローブである。


この後も数日間、住民と共同で行っている池などを案内し、見てもらった。

また、今回APSでバンバン先生にお会いして、お互いによい繋がりができたようだ。

マングローブを通じて、共同研究を行いたいと、話が盛り上がっているようだ。

イメージ 6




Ayo menanam bakau!!


イメージ 7>>社長ブログはコチラから!

イメージ 8>>プロジェクトブログはコチラから!

2013年12月8日

東ジャワ州パスルアン県にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)の養殖試験場。

APSとは2009年から、マングローブの力で水産養殖業を行う

シルボフィッシャリーの共同事業を行っている。


今回は、スイス銀行の東さんが視察に来られたので、

APSの養殖試験場を案内した。



この下の写真は、APS養殖試験場の将来のイメージ図。

イメージ 1


イメージ 2


川の水は、まずシルボフィッシャリーの池に引き入れ、

マングローブのバイオフィルター機能で、水を浄化する。

きれいになった水を、他の池に流していく計画だ。

東さんは、熱心に話を聞いてくれ、写真もたくさん撮影されていた。

イメージ 3


24番の池の様子。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6



東さんは、実際のシルボフィッシャリー池を見て感心してくれた。

今後このシルボフィッシャリーを普及させていく事を伝えると、

シルボフィッシャリーの池を作っていくためには、

数が多ければ多いほど、資金がたくさんかかる。

その為の、資金や参加者集めなど、協力できることは応援しますと言って下さった。

イメージ 7




Ayo menanam bakau!!


イメージ 8>>社長ブログはコチラから!

イメージ 9>>プロジェクトブログはコチラから!

2013年9月12日

東ジャワ州パスルアン県にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)の養殖試験場。

APSとは2009年から、マングローブの力で水産養殖業を行うシルボフィッシャリーの共同事業を行っている。



24番の池の様子。

もう立派な森になっている。

イメージ 2


イメージ 3




エビは成長しているか尋ねてみると、バケツに数匹捕まえてきてくれた。

イメージ 4


イメージ 1




試験場の事務所に戻り、きれいな水で洗ってみた。

イメージ 5


イメージ 6


一匹大きなエビが混ざっていたが、恐らく前回の収穫から逃れたエビが、成長していたのだろう。


以前から、試験養殖の経過を見ていて、育てたエビも見てきたが、

実は、未だにこのシルボフィッシャリーエビを食べたことがない。

おいしいエビに育っているのだろうか。

その為、このバケツごとレストランに持ち込み、頂く事にした。

半分は、醤油をつけて生で。

半分は、天ぷらにして。

インドネシアで、エビを生で食べるのは初めてだったが、まあまあいける。

天ぷらはとてもおいしかった。

インドネシアでは、通常エビは天ぷらにして食べるから、

やはりそちらの料理法があっているようだ。

おいしいエビに育っていることがわかって、嬉しかった。


Ayo menanam bakau!!


イメージ 7>>社長ブログはコチラから!

イメージ 8>>プロジェクトブログはコチラから!

2013年6月25日

東ジャワ州パスルアン県にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)の養殖試験場。

APSとは2009年から、マングローブの力で水産養殖業を行う

シルボフィッシャリーの共同事業を行っている。



この日は、東京から株式会社マジオネットの皆さんが来られていた。

以前にうちのマングローブ事業が、致知という雑誌に掲載されたことをきっかけに

このマングローブ事業を知ってくださったようだ。

マングローブ事業を応援したいと、今回現場を視察に来られた。

イメージ 1





24番の池。

この池では、現在エビの養殖試験を行っている最中だ。

イメージ 2



正確に数を把握する為、網を張ってその中で養殖を行っている。

餌は一切与えず、マングローブからの栄養だけで育っている。

水質の浄化もマングローブが行ってくれる。

最も自然に近い養殖方法だ。

育てているエビを、網から取出し見せてくれた。

イメージ 3


エビは立派に成長している。

餌を与えずに、こんなに大きく成長できるのだから、

マングローブの力は本当に凄い。



APSの養殖池をぐるっと周り、マジオネットの皆さんにシルボフィッシャリーの池を案内した。

下の写真は、10番の池。

イメージ 4




この日は、マジオネットさんのリクエストで、マングローブの植林体験も行った。

池は、前回の記事で書いた、住民の作業グループメンバーの池だ。

リーダーのIsmailさんが管理しており、シルボフィッシャリー池にするために

水路を掘って、盛り土をする土地の造成が完了したところだ。

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7




そのあと、マジオネットさんから地元の子供たちにお土産が。

マジオネットの社内で集めた子供服を、現地の子供たちにプレゼント。

代表で5人の子供が受取にやってきた。

イメージ 8



紙袋いっぱいの服の贈り物は、後で村のみんなで分けるそうだ。

イメージ 9





Ayo menanam bakau!!


イメージ 10>>社長ブログはコチラから!

イメージ 11>>プロジェクトブログはコチラから!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事