ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫全体表示

記事検索
検索
2013年5月6日

東ジャワ州パスルアン県にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)の養殖試験場。

APSとは2009年から、シルボフィッシャリーの共同事業を行っている。



この日は、日本のテレビ局の撮影がやってきた。

フジテレビのANA提供の、「きっかけの翼」という番組の取材だ。

イメージ 1


現地の撮影では、APSの養殖試験場の様子と

このシルボフィッシャリー事業に参加してくれている周辺住民への取材をメインに行った。


池の様子を撮影したのは、APSの24番の池だ。

イメージ 2



早速、撮影が始まった。

住民が普段養殖池のマングローブのメンテナンスをしている様子を撮影。

住民達が池の中に入り、マングローブの木にひかかったゴミや枯れ枝を取り除いている。

イメージ 3


イメージ 4




住民の作業風景を撮影し終わった後は、

住民作業グループのリーダーのIsmailさんのインタビューだ。

イメージ 5


APSがシルボフィッシャリー事業を開始し、この活動に参加するようになって、

「マングローブの持つ環境改善能力の高さに驚いた。

今後は、自分や作業グループメンバーが所有する養殖池でも

マングローブを植林し、シルボフィッシャリーをやりたい。」

と話してくれた。



この日は、以前から交流のある国連開発計画(UNDP)のジャカルタ支部に勤務する

宇野さんもシルボフィッシャリーの見学に来てくれていた。

イメージ 6



国連職員の立場から、このシルボフィッシャリー事業の見て、

インタビューにも応じてくれた。

「今回初めて、シルボフィッシャリーの現場を目の当たりにして、

この事業の素晴らしさを再確認できました。

マングローブによる自然回復・改善効果、生態系保全や気候変動にも貢献しており、

更に、持続可能な養殖業による地元住民の生活基盤の安定にも貢献しています。

この事業は、win-winの事業で、みんながハッピーになれるから、本当に素晴らしい。」

と話してくれた。

イメージ 7




Ayo menanam bakau!!


イメージ 8>>社長ブログはコチラから!

イメージ 9>>プロジェクトブログはコチラから!

 
2013年4月22日

東ジャワ州パスルアン県にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)の養殖試験場。

APSとは2009年から、シルボフィッシャリーの共同事業を行っている。

シルボフィッシャリーとは、養殖池にマングローブを植林し、

自然の力だけでエビや魚を育てるというもの。

ワイエルインベストがマングローブ担当、APSが水産養殖の担当だ。


APSは、水産専門学校であるため、色々な勉強をするために、

シルボフィッシャリーだけでなく、

インテンシブと呼ばれる、集約型養殖の試験も行っている。


イメージ 1


イメージ 2



マングローブは一切なく、機械で水流を作り、

モーターでエアレーションを回して、水中に酸素を取り込んでいる。

この池を作るのに、初期投資で300万円くらいかかるそうだ。

普通の樹民レベルでは行えない養殖方法である。

この集約養殖池を横目に見ながら、私たちのマングローブの池へ。


イメージ 3



マングローブを植林したシルボフィッシャリーの池へつながる水路にも、

マングローブを植林している。

ずいぶんと成長し、トンネルのようになっている。

今日は天気が良いので、太陽の光が葉っぱを輝かせ、緑が美しい。


イメージ 4



この水路の脇に、一人の地元の青年がバケツをもって座っていた。

聞いてみると、ここにカニを釣りにやってきたそうだ。

すでに、カニを一匹捕まえたと、自慢げにバケツの中を見せてくれた。


イメージ 5



捕まえたカニを、そばに生えている蔓で、しっかりと縛っている。

彼の話を聞くと、マングローブを植林してからというもの、

自然のカニや魚が、マングローブの周辺にどんどん集まってきているそうだ。

そのおかげで、ここに釣りに来ることが多くなったそうだ。

APS養殖試験場は、学校の試験場ではあるが、

周辺住民が自由に出入りができるように、開放している。

試験場の敷地内でも、学校が養殖試験を行っている物以外の、

自然に入ってくる魚やカニは、住民が自由に収穫して良いことにしている。

住民との距離がとても近く、地元との交流をとても大切にしているところが、

APSの地域密着型の特徴だ。



下は、17番の養殖池の様子。

イメージ 6


2009年末にヒルギダマシを植林している。

ヒルギダマシは成長が早く、木が生い茂り、森のようになっている。

自分たちで、3年半ほど前に植林した事が、

信じられないくらいの大きさに成長している。




下の写真は、24番の養殖池の様子。

イメージ 7


こちらの池には、オオバヒルギを植林している。

前回、1月に視察に来た時よりも、一段と大きくなって、

看板がマングローブの影に隠れてしまっている。

凄い成長ぶりだ。



下の写真は、11番の養殖池の様子。

イメージ 8


天気が良いお蔭で、葉っぱがピカピカ光ってきれいだ。



下の写真は、その隣の10番の養殖池。

イメージ 9


緑が目に鮮やかだ。



Ayo menanam bakau!!


イメージ 10>>社長ブログはコチラから!

イメージ 11>>プロジェクトブログはコチラから!

2013年1月21日

東ジャワ州パスルアン県にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)の養殖試験場。

ここでは、養殖池にマングローブを植えて、

自然の力だけでエビや魚を育てるシルボフィッシャリーを行っている。

シドアルジョ水産専門学校とワイエルインベストの共同事業だ。

2009年に共同事業を開始し、現在も継続している。


今日の視察には、国際マングローブ生態系協会(ISME)の馬場先生と佐藤さんも来て下さった。

イメージ 1

左から
1番目:阿久根(ワイエルインベスト)
2番目:イスマイルさん(住民グループのリーダー)
3番目:バンバン先生(シドアルジョ水産専門学校)
4番目:馬場繁幸先生(国際マングローブ生態系協会)
5番目:清水(ワイエルインベスト)
6番目:ジャイナルさん(シドアルジョ水産専門学校養殖試験場スタッフ)
中央下:佐藤さん(国際マングローブ生態系協会)



下は24番の養殖池の様子。

イメージ 2


イメージ 3


2009年に11月に植林し、現在3年と2ヵ月目。

早くも4m以上の大きさに!

順調に成長している。


この24番の池では、マングローブも十分大きくなってきたので、

エビの養殖試験を実施中。

池の中に網を張り、稚エビを放流している。

網を張っているの理由は、収穫時に正確にエビの数を集計する為。

学校の養殖試験場であるため、データの収集・集積は重要だ。

イメージ 4





下の写真は、17番の養殖池。

2009年の12月に植林した。

現在、3年1ヵ月目だ。

この池には、ヒルギダマシという種類のマングローブを植林している。

マングローブの樹種によって、エビや魚の養殖にどんな差がでるのか比較する為。

イメージ 5


ヒルギダマシの方がやや成長が早く、5m以上の大きさになっている。




下の写真は、池と池の間のあぜ道の様子。

イメージ 6


こちらもどんどん大きくなっている。



下の写真は、10番の養殖池の様子。

こちらは、2010年に植林した。

現在、2年・・・

イメージ 7



写真の右奥に見える少し大きいマングローブは、2009年12月に植林した11番の池の様子。

イメージ 8


中央に映っている10番の池、奥に映っている11番の池で、1年生分の差がある。

見比べれば、一年間分の成長が見て取れて楽しい。

このAPSの試験場は、マングローブの成長が大変よく、今後の成長もとても楽しみだ。



Ayo Menanam Bakau!!


イメージ 9>>社長ブログはコチラから!

イメージ 10>>プロジェクトブログはコチラから!

APS 2012年9月10日

 
2012年9月10日。

東ジャワ州にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)。

本年度も、APSと共同事業の継続契約を締結。

2009年より始まった共同事業は順調に進んでいる。

イメージ 1

↑左から、阿久根(ワイエルインベスト)、バンバン氏(APS養殖試験場責任者)、エンダン氏(APS学長)


その後、APS養殖試験場へ。

下の図は、APS養殖試験場の図。

イメージ 2



下の写真は、14番池と21番池の間のあぜ道。

写真向かって左側の水路に植林したマングローブ。

イメージ 3

↑左;バンバン氏

順調に成長している。

イメージ 4




下の写真は、16番池と23番池の間のあぜ道。

イメージ 5

↑左;エンダン氏



下の写真は、17番池と24番池の間のあぜ道。

イメージ 9


横の水路ふちと24番池のふちに植えたマングローブが成長し、視界を遮るほどの大きさだ。

半年前には、人の背丈と同じくらいだったのに、今での完全に追い越されている。




下の写真は、17番池の様子。

マングローブのAvicennis種はこれでもかというほど大きくなっている。

背丈は、3メートルを余裕で越えている。

イメージ 6



この池でもエビの養殖試験を実施中。

試験なので、正確な数量を計測するため、池の一角に網を張り、その中で養殖している。

イメージ 8



餌は一切与えず、マングローブの落葉により自然発生する微生物のみ。

網の中から出てきたのは・・・・このエビ!!

イメージ 7


マングローブ植林以前は、環境汚染などにより全くエビが養殖できなかったこの池で、

こんなエビが養殖できるようになった。



下の写真は、24番池の様子。

イメージ 12



24番池にも試験養殖用の網が・・・

イメージ 10



こちらも餌を一切与えていない。

網の中からは・・・

イメージ 11



しつこいようですが、マングローブ植林前には、まったくエビの養殖ができなかったのです。

マングローブの力ってすごい!!!





下の写真は、10番池の様子。

イメージ 13




下の写真は、11番池の様子。

イメージ 14


イメージ 15



10番池と11番池は、約1歳の年の差がある。

道順から、いつも10番池を先に見て、

その成長ぶりに11番池のマングローブに追いついているのではないかと思うが、

次の瞬間11番池を見ると、更に一段と成長している様子を見て、

1年の差は大きいなぁと感心する。


Ayo menanam bakau!!


イメージ 16>>社長ブログはコチラから!

イメージ 17>>プロジェクトブログはコチラから!

APS 2012年2月5日

 
2012年2月5日。

シドアルジョ水産専門学校(APS)の養殖試験場を視察。


下は、APS養殖試験場の図。

イメージ 18




下の写真は、16番池のあぜ道。

周辺住民がずらりと並び、釣りをしている。

イメージ 1


APSでは、養殖試験を行っていない池については、住民に開放している。

養殖試験を行っていない池では、水の入れ替えの際に、川などから天然の魚などが入ってくる。

住民はどの魚を目当てに釣りに来る。

APSは国立の水産専門学校であるが、地域とともにありたいという気持ちを強く持っている。

また教育機関という責任を果たすのは、学校の生徒に対してだけでなく、

地域住民へも同じ気持ちである。

住民からの要請があれば水産技術の指導や相談にも応じている。

住民はいつでも養殖試験場に訪れることができ、APSの養殖方法などを見て回ることもできる。




下の写真は、17番池の様子。

イメージ 2


順調に大きくなっている。




下の写真は、17番池と24番池の間のあぜ道。

あぜ道の両脇には、マングローブを植林しているが、人の背丈ほどに成長している。

イメージ 3





下の写真は、24番池の様子。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 7


マングローブは看板よりも大きく成長してことに、驚き!

いつ来ても、APSのマングローブの成長の良さを目の当たりにして、嬉しくてたまらなくなる。


養殖池でのマングローブ植林は、干潟でのマングローブ植林に比べて全てが好条件である。

干潟ならではの、波の影響や、塩分濃度の濃さなどの厳しい条件が、ここにはない。

また干潮満潮よる水位の変動も、養殖池内では水門の開閉により調整できる。

何より干潟と違うのは、養殖池はもともと昔はマングローブの森が広がっていた場所なのである。

それらの条件が、APS養殖場のマングローブの成長の良さに現れている。



私たちが、養殖池にマングローブを植えている理由は、

シルボフィッシャリーのモデル池を作り上げること。

シルボフィッシャリーとは、マングローブと水産養殖業を複合させた養殖方法である。

魚やエビなどの養殖物は、マングローブの落葉により発生する微生物などを捕食し成長するため、

飼料などの投入が必要ない。

また、マングローブのバイオフィルター効果で水質を浄化し、自然に近い環境を作り出してくれる。

水産養殖生物とマングローブを共存共栄させることで、

養殖運営経費を抑え、環境汚染をせずに、

住民にも自然にも負荷の少ない、持続可能な養殖経営ができる。

このシルボフィッシャリー技術を確立し、普及させ、

持続可能な養殖経営ができるようになって、地元住民の生活の向上・安定することが、

私たちとAPSの夢であり、目標である。




下の写真は、24番池で試験養殖を行ったブラックタイガー。

イメージ 6


池の中にマングローブを植林して、1年3ヵ月。

マングローブによってどのくらい環境が浄化されたのか確認するため行った養殖試験。

エビが育っていました。

マングローブ植林前は、養殖池内の環境が汚染されていて、まったく養殖できなかったエビが!!


養殖試験場のバンバンさんの話では、完全に環境が浄化され、

マングローブが池全体の生物を十分に賄えるようになるには、

マングローブが5年生、6年生になったころだろうとの話。

この先が楽しみだ。



下の写真は、18番池の様子。

18番池には、自然に生えてきたAvicennia種があったことから、

その木は残したまま、その周りに植林を行った。

イメージ 8





下の写真は、10番池の様子。

イメージ 11


イメージ 10





下の写真は、11番池の様子。

イメージ 12


イメージ 9






視察の後、APSの学校へ。

学長をはじめ、先生方がそろってミーティング。

イメージ 13



今日は、以前APSから要望があった水質検査機器を贈呈した。

水質の定量的なデータを計測し、蓄積していくことは、

学術的にも重要なことであり、

今後、地元住民に普及する場合にわかりやすく伝えるための材料にもなる。

イメージ 14




Ayo menanam bakau!!


イメージ 15>>社長ブログはコチラから!

イメージ 16>>プロジェクトブログはコチラから!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事