ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

 
インドネシア語に「musim semi(ムシム スミ)」、春という言葉がある。

インドネシアは、赤道直下の常夏の国であるのに、

春という言葉があることを不思議に思っていた。

「musim」は「季節」という意味だが、「semi」を辞書で調べると「発芽」という意味だった。

「musim semi」は「発芽の季節=春」という意味なのだ。


2008年4月17日  植林してから1年と7ヶ月。

スカナ島にも「musim semi」が訪れた。

イメージ 1


小舟でスカナ島に近づくにつれて・・・

奥の緑の手前にうっすらと若葉色の集まりが見える・・・

もしかして・・・!?

そう、少し離れた小舟の上からも、マングローブたちの若葉色の葉の群集がハッキリと見える。

上陸し、その場所に近づいていくと・・・。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


新しくつけた若葉色の葉を空高く伸ばしている。

イメージ 6


雨季の海が荒れた厳しい季節を乗り越えて、

ついに 穏やかな春が、このスカナ島にもやってきた。

Ayo menanam bakau!!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事