ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

トモヨン島

 
イメージ 1


バタム周辺には、スカナ島、ライオンズ島、Dapur Enamの他に、

まだ紹介していない、もうひとつの植林地がある。

トモヨン島だ。

トモヨン島はバタム島西側、ブラン島の南に位置する小さな島である。

私が滞在している場所からからバタム西側まで車で1時間、舟で20分の距離だ。

トモヨン島には、約100haの植林地があり、Dapur Enamが植林地になる前は、

バタム周辺で1番大きい植林地だった。

トモヨン島は、スカナ島、ライオンズ島とは土壌が全然違う。

ちょうど、OKI県やバニュアシン県のような状態だ。

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


どろどろで立ち止まっていては、どんどん足が沈んでいく。

イメージ 6



このトモヨン島は2007年8月に植林を行ったが、

ここの植林は、実に素早く完了した。

植林をするのは、現地の村人たちが中心に作業員として働いてくれるのだが、

イメージ 7


その日によって、作業員の人数はバラバラだ。

日ごとに作業員は入れ替わり立ち代りではあるが、

全体として、彼らは1日も休むことなく作業に取り組んだ。

その結果、15日間で、種集めから、植林まで終わらせた。

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


その日に取りに行ったマングローブの種を、

そのまま植林現場に運び、その日に全部植えてしまう。

彼らの熱心な働きのおかげで、スムーズに植林作業を終えることができた。




これは、今のトモヨン島の干潟が出ている時の衛星写真だ。

イメージ 13


赤線で囲んである部分が、植林現場である。

イメージ 14


干潮の時には、黄色で塗りつぶした部分は、干潟となる。

イメージ 15


弊社社長はこの写真をとても気に入っている。

宇宙から見えるということが、その理由だ。



しかし、いつか宇宙から撮ったこの写真が変わる日を待っている。

輝く緑の葉を付けたマングローブたちで埋め尽くされ、

この干潟が緑色に塗り替えられる日を、私たちは心待ちにしている。

イメージ 11


イメージ 12


*長らくお待たせいたしました!
 一時的に削除していたトモヨン島の衛星写真は、グーグルアース様より許可を頂くことができましたので、    再度、掲載させて頂きました!!

Ayo menanam bakau!!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事