ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

Dapur Tiga

 
植林ツアーでの植林地があるDapur Enam。

このDapur Enamでは、250haの干潟があり、ツアー植林地に使用する5haを除いた部分では

着々と植林作業が進んでいる。

Dapur Enamでは隣接するDapur Tigaまで、その植林現場が続いている。

現場では、Dapur EnamとDapur Tigaをまとめて1つの植林地とし、Dapur Enamと呼んでいる。



2008年5月16日

Dapur Tigaの植林現場を訪れた。

私たちが干潟に下りた時は、ちょうど潮が引いているところだった。

イメージ 1


Dapur Tigaでも植林作業が進んでおり、ちょうど半分程度完了している。

Dapur Tigaの土壌はDapur Enamと同様だが、Dapur Enamとは大きな違いがあった。

それは干潟の上に、広範囲に落ち葉が堆積していることだ。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


Dapur Tigaは川が分岐する場所にあるため、落ち葉が流され、この場所にたまっているのだ。

イメージ 5


土の上を歩くと、少しふわふわとした感触がある。

堆積した落ち葉が分解され、腐葉土となっているのだろう。

土を掘ってみたが、5cm以上、このような腐葉土が堆積している。

かなり前からずっと落ち葉が積もっているようだ。


Dapur Tigaの干潟の端まで歩いてみた。

イメージ 6


これは干潟の真ん中あたりから撮ってもらった写真だ。

写真の中心部に4人、人がいるのが分かるだろうか。

手前にある種が20cm程度に対して、人があんなに小さく見えることから、

けっこう広いことがわかるだろう。


Dapur Tigaの村長の子供が一緒に来ていた。

イメージ 7


一生懸命、マングローブたちに水をかけて回っている。

元気に干潟を駆け回り、マングローブたちに愛情を注いでくれているのかな。

イメージ 8


栄養たっぷりのDapur Tiga

この落ち葉の栄養が、新しいマングローブの命を支え

大きく育ってくれると、嬉しい

イメージ 9

イメージ 10


Ayo menanam bakau!!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事