ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

未来につなげるために

 
2008年6月3日

マングローブ植林ツアーを間近に控えた頃のこと。

現在、植林作業が進行しているDapur Tigaにやってきた。

前回の「Dapur Tiga」の記事にも書いた、腐葉土の干潟だ。

今日は小潮で、潮の引きが少なく、干潟が露出していなかった。

植林した場所には、境界線が分かるように旗を立てている

あの青い旗が目印だ。

イメージ 1


植林現場はだいたい、この位置だろうという場所に来たが、

マングローブの苗は水の底。

船の上からでは様子を見ることができない。

初めての場所であるため、順調に成長しているか、そうでないのか、

とても心配していた。

根はでているのか・・・。

どうしても確認しておきたかった。

苗を手にとって確認したかった。

私は船から海の中に降りようと、立ち上がり、舟のヘリをまたごうとした時、

村長が私を制した。

「待ってくれ。」

村長は私にそう言うと、一緒に乗っていた自分の息子に目くばせをした。

村長の息子はニカッと笑うと、すぐさま海に飛び込んだ。

「この植林プロジェクトは、この先約30年間ある。

その先もマングローブ林は残る。

この子には、将来私の後をついで、将来マングローブを育てていかなければならない。

だから、今からマングローブに触れ、一番近くでみさせておきたい。」

と村長は、言った。

息子は水に潜り、マングローブの苗を取ってくる。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



このDapur Tigaは植林して、1か月ほど。

この腐葉土のおかげで、成長が良いのではないかと、期待している。

息子が取ってくれた苗を見た。

先には、まだ小さい白い根が出ている。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


期待に応え、またみんなの愛情にも答えてくれている。

嬉しい。







気づいているかもしれないが、

この子は、「Dapur Tiga」「植林ツアー 3日目 植林3」の記事にも登場している。

マングローブのことでは、父である村長に常に同行している。

イメージ 8


Dapur Tigaの記事では、マングローブに水をかけて愛情を注いでくれ、

植林ツアーの記事では、大人に混ざって助っ人としてサポートしてくれていた。


子供は父親の背中を見て育つ。

この子も父親同様、立派に成長し、このマングローブを守り育ててくれるのだろう。


将来が楽しみだ。

イメージ 9

イメージ 10



Ayo menanam bakau!!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事