ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

 
2008年7月21日


この干潟はとても面白い土壌のわかれ方をしている。

干潟の東側から上陸し、西へ向かうにつれて、

ゴツゴツしたいわが多い地帯→海草地帯→キノコ状のサンゴ地帯→砂状地帯と土壌が分かれている。


上陸してすぐのゴツゴツした岩が多い地帯。

イメージ 1


ここは岩が多すぎるためマングローブは植林していない。

そこから西へ進むと海草がたくさんある地帯へ

イメージ 2


種から芽を出し、伸びて可愛い双葉がついている。

イメージ 3


イメージ 4



根を見てみると、ちゃんと伸びている。

種から出た根が枝分かれして、毛のような細い根も出てきている。

イメージ 5



ぐんぐん伸びて4枚の葉をつけているものもある。

イメージ 6



さらに西に進んでゆくと、キノコのような形をしたものが大量にある地帯

イメージ 7



これは一体なんなのか?

イソギンチャクの仲間? サンゴのように見えるが・・・

なんなのかわからないが、本当に大量に生息している。

しかし、マングローブと仲良くやっているみたいだから、まあいいのかなあ(笑)

イメージ 8



その先は平らな干潟が広がっている。

イメージ 9



ここのマングローブの苗木たちは生き生きしている。

葉や幹が本当にキレイな緑色をしている!!

イメージ 10



他の場所では、葉や幹などに泥がこびりつき、その泥が乾いて白っぽく見えるものだが、

ここの苗木は葉も幹も緑々している!!

イメージ 11



こんなにキレイな苗木は初めて見た。

平らな土壌にキレイな双葉たち

イメージ 12



ここの部分だけ世界が違うようだ。

イメージ 13



ここの干潟は本当に面白い。

1つの干潟に色々な土壌がある。

今後の成長ぶりが楽しみだ!!

イメージ 14



Ayo menanam bakau!!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事