ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

2008年11月27日

スカナ島に大きな異変を発見!!

中央部付近の砂地地帯の砂の様子が前回から激変しているのだ。

スカナ島の西側から東側に向けて、砂が移動し、堆積していることがわかる。

この写真の右側が西、左側が東である。

イメージ 1




この写真は、砂が堆積している場所より西側の様子である。

砂がさらわれた痕跡がある。

イメージ 2


よく見ると砂がさらわれた分、地中に埋まっていた地中根が露出している。


偶然こんな機会で、今回初めて地中根を見たが、

こうしてみると地中根は密集してたくさん出ている様子がわかる。

イメージ 3


イメージ 4



こんなに露出しては、少し気の毒に思う。

周辺でも、砂の流れた痕跡が目に見てわかる。

イメージ 5




今まで支柱根が出ているのは、オオバヒルギが主にあったが、

今回はフタバナヒルギの支柱根が出ている様子も多くみられた。

イメージ 6



しっかりと地面に根を張っている。

支柱根なのに主幹を同じくらいの太さである。



フタバナヒルギは枝もぐんぐんと伸ばしている。

イメージ 7



フタバナヒルギはオオバヒルギに比べると、初期段階で成長速度が遅い。

しかし、フタバナヒルギも横に成長する段階に入ったようだ。

イメージ 8


イメージ 9




フタバナヒルギを上側からと横から写した写真である。

交互に枝を出している様子がわかる。

イメージ 10


イメージ 11




これはオオバヒルギの葉の様子である。

イメージ 12



オオバヒルギの葉は大きく成長しており、

手の大きさ(17cm)と比較してもほぼ同じサイズである。

イメージ 13




スカナ島で新しい仲間に出会った。

まだ小さなマングローブガニ(マッドクラブ)である。

全長6cm程。

イメージ 14


イメージ 15



マングローブガニは大きくなれば、2000g程になるものもいる。

スカナ島の苗木たちも、マングローブガニに一人前のマングローブとして、

認められたのかな。

多くの生態系を育む立派なマングローブ林になって欲しい。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事