ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

Dapur Enam 9ヵ月(1)

2009年2月22日

イメージ 1


昼過ぎから集中豪雨が降り、現場横のレストランにて、待機。

最近毎日激しい雨である。

雨がやむのを待って舟に乗りこんだ。

イメージ 2


イメージ 3



現場D

レストランのすぐ横にある干潟である。

本日は、上陸せず舟上から視察。

ここは現在植林後7ヵ月である。

80%の苗木が残っており、そのほとんどが葉を携えている。

イメージ 4


イメージ 5




Dapur Enamの現場Bに干潟の西側から上陸した。

土がとても柔らかく、地面に足が20〜30cm埋まってしまう。

現場Bのマングローブは現在植林後9ヵ月になる。

しかし、今回、いっきに活着率が落ちていた。

雨上がりで天気が悪いせいなのか、マングローブたちに元気がないように見える。

イメージ 6



折れているマングローブがたくさんあった。

葉をつけたまま折れているものもある。

イメージ 7



可哀そうに・・・

折れているマングローブを確認した。

腐っているのかと思いきや、なんと中身はちゃんと生きている。

イメージ 8


イメージ 9




泥が付着し、その重みで曲がってしまっている苗木を見つけた。

支えている手を離すと、この通り、泥の重みで自分の体を支えられないようだ。

イメージ 10


イメージ 11


これは一枚の葉についていた泥の量である。

イメージ 12



1枚1枚に大量の泥が・・・

葉についている泥を全て外してやると・・・・

さっきと大違いだ。

イメージ 13



曲げられていたなごりはあるが、自分の体を支えている。

よく見るととった泥に藻が混じっている。というより、

幹の表面に緑色の藻がビッシリと付着し、それが大量の泥を吸着している様だ。

昨日視察したトモヨン島はフジツボと泥であったが、

このDapur Enamは藻と泥の両痛手である。

昨日に引き続き、今日もショックを隠せない。



Ayo menanam bakau!!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事