ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫過去の投稿日別表示

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

APS 2012年2月5日

 
2012年2月5日。

シドアルジョ水産専門学校(APS)の養殖試験場を視察。


下は、APS養殖試験場の図。

イメージ 18




下の写真は、16番池のあぜ道。

周辺住民がずらりと並び、釣りをしている。

イメージ 1


APSでは、養殖試験を行っていない池については、住民に開放している。

養殖試験を行っていない池では、水の入れ替えの際に、川などから天然の魚などが入ってくる。

住民はどの魚を目当てに釣りに来る。

APSは国立の水産専門学校であるが、地域とともにありたいという気持ちを強く持っている。

また教育機関という責任を果たすのは、学校の生徒に対してだけでなく、

地域住民へも同じ気持ちである。

住民からの要請があれば水産技術の指導や相談にも応じている。

住民はいつでも養殖試験場に訪れることができ、APSの養殖方法などを見て回ることもできる。




下の写真は、17番池の様子。

イメージ 2


順調に大きくなっている。




下の写真は、17番池と24番池の間のあぜ道。

あぜ道の両脇には、マングローブを植林しているが、人の背丈ほどに成長している。

イメージ 3





下の写真は、24番池の様子。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 7


マングローブは看板よりも大きく成長してことに、驚き!

いつ来ても、APSのマングローブの成長の良さを目の当たりにして、嬉しくてたまらなくなる。


養殖池でのマングローブ植林は、干潟でのマングローブ植林に比べて全てが好条件である。

干潟ならではの、波の影響や、塩分濃度の濃さなどの厳しい条件が、ここにはない。

また干潮満潮よる水位の変動も、養殖池内では水門の開閉により調整できる。

何より干潟と違うのは、養殖池はもともと昔はマングローブの森が広がっていた場所なのである。

それらの条件が、APS養殖場のマングローブの成長の良さに現れている。



私たちが、養殖池にマングローブを植えている理由は、

シルボフィッシャリーのモデル池を作り上げること。

シルボフィッシャリーとは、マングローブと水産養殖業を複合させた養殖方法である。

魚やエビなどの養殖物は、マングローブの落葉により発生する微生物などを捕食し成長するため、

飼料などの投入が必要ない。

また、マングローブのバイオフィルター効果で水質を浄化し、自然に近い環境を作り出してくれる。

水産養殖生物とマングローブを共存共栄させることで、

養殖運営経費を抑え、環境汚染をせずに、

住民にも自然にも負荷の少ない、持続可能な養殖経営ができる。

このシルボフィッシャリー技術を確立し、普及させ、

持続可能な養殖経営ができるようになって、地元住民の生活の向上・安定することが、

私たちとAPSの夢であり、目標である。




下の写真は、24番池で試験養殖を行ったブラックタイガー。

イメージ 6


池の中にマングローブを植林して、1年3ヵ月。

マングローブによってどのくらい環境が浄化されたのか確認するため行った養殖試験。

エビが育っていました。

マングローブ植林前は、養殖池内の環境が汚染されていて、まったく養殖できなかったエビが!!


養殖試験場のバンバンさんの話では、完全に環境が浄化され、

マングローブが池全体の生物を十分に賄えるようになるには、

マングローブが5年生、6年生になったころだろうとの話。

この先が楽しみだ。



下の写真は、18番池の様子。

18番池には、自然に生えてきたAvicennia種があったことから、

その木は残したまま、その周りに植林を行った。

イメージ 8





下の写真は、10番池の様子。

イメージ 11


イメージ 10





下の写真は、11番池の様子。

イメージ 12


イメージ 9






視察の後、APSの学校へ。

学長をはじめ、先生方がそろってミーティング。

イメージ 13



今日は、以前APSから要望があった水質検査機器を贈呈した。

水質の定量的なデータを計測し、蓄積していくことは、

学術的にも重要なことであり、

今後、地元住民に普及する場合にわかりやすく伝えるための材料にもなる。

イメージ 14




Ayo menanam bakau!!


イメージ 15>>社長ブログはコチラから!

イメージ 16>>プロジェクトブログはコチラから!

APS 2011年9月12日

 
2011年9月12日。

東ジャワ州にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)にやってきた。

今日はまず、シドアルジョ県内にある学校に向かい、学長のエンダン氏と面会。

2009年9月から弊社とAPSの共同事業が開始。

本年度もお互いの協力関係を続けていくための契約を更新!

今後もシルボフィッシャリーの発展と普及のために力を合わせていくことで合意した。

イメージ 1

↑左;阿久根(ワイエルインベスト)、右;エンダン氏(シドアルジョ水産専門学校学長)



楽しい会話も終わり、学校を後にし養殖試験場へ。

実は試験場は、隣のパスルアン県にあり、学校から車で一時間ほどの距離だ。


試験場につくと早速、マングローブの様子を視察。

下は、養殖試験場の図。

イメージ 2




下の写真は、17番池の様子。

この池には、マングローブのAvicennia種を植林している。

池の中は、Avicennia種、池のふちはRhizophora種。

同時期に植林しているのだが、Avicennia種はRhizophora種に比べて成長が早い。

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 12


イメージ 13




下の写真は、24番池の様子。

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


前回の視察に際には、マングローブの背丈は看板に比べるととても小さかったが、

看板の下辺に届くくらいの背丈になっている。

成長の速さに驚愕!!

(今まで干潟での植林で、マングローブに厳しい条件下だったため、成長は大変ゆっくりだった。)

こんなに成長が早いなんて、植林・育成する方にとっては嬉しい限りだ。




下の写真は、24番池の横の川沿いに植林したマングローブ。

こちらのマングローブもAvicennia種のため、成長が早い。

もう「森」と呼んでいいほどに大きくなっている。

イメージ 9




下の写真は、18番池の横の川沿いのマングローブ。

こちらも大きくなってきている。

イメージ 10




下の写真は、24番池と17番池の間の水路の様子。

水路にも水質浄化のため、マングローブを植林している。

イメージ 11




下の写真は、10番池の様子。

植林をしてから数か月でこんなにも成長。

イメージ 14




下の写真は、11番池の様子。

前回の視察では、葉っぱが数枚といった感じだったが、

枝葉が成長し、支柱根まで生えている。

ものすごい成長ぶりに驚き。

イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17



養殖場跡地と干潟では、マングローブの成長が全然違う。

今まで干潟で植林してきた私たちには、驚きの成長の速さ!!

毎回視察に来るたびに、見違えるような成長ぶりで、驚きの連続。

今後の成長を考えるととてもワクワクする。


Ayo menanam bakau!!


イメージ 18>>社長ブログはコチラから!

イメージ 19>>プロジェクトブログはコチラから!

APS 2011年3月11日

 
2011年3月11日。

東ジャワ州になるシドアルジョ水産専門学校(APS)にやってきた。

APSとは2009年より共同事業で養殖池をマングローブで復活させる事業を行っている。


イメージ 1



APSの養殖試験場は全部で24池あり、赤線で囲んだエリアがシルボフィッシャリー池。

このシルボフィシャリー池でマングローブの植林を行っている。


本日の視察は、共栄船渠株式会社 代表取締役の山本健二氏も同行。

養殖試験場の事務所を出発し、

下の写真は、15番池と22番池の間のあぜ道。

イメージ 2


15番池と22番池の間には水路があり、

写真の右側のは、水路の脇に植林したマングローブ。

左側の小さいのは15番の池のふちに植えているマングローブ。




下の写真は24番池の様子。

2009年11月に植林したマングローブのRhizophora種。

1年4ヵ月になる。

イメージ 3


イメージ 4




下の写真は、18番池の北側の川沿いに植林したマングローブ。

水質などを改善するためには、養殖池の中だけでなく、

エリア全体の浄化を行う必要があるため、周囲の川や水路にも植林を行っている。

イメージ 5


イメージ 6



下の写真は、10番池と11番池の様子。

二つの池の間にあぜ道がある。

あぜ道に右側が11番の池。

11番の池は、植林してまだ間もない。

やっと葉っぱが6〜8枚ついたころだ。

イメージ 7





下の写真は、1番の池。

順調に成長している。

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11

↑左から、阿久根(ワイエルインベスト)、バンバン氏(APS養殖試験場責任者)、山本健二(共栄船渠株式会社代表取締役)、Dwi氏(APS養殖試験場スタッフ)



APSでは、補植用の苗木も育てている。

植林した時期と同時に補植用の苗木の育成を始め、

池に植えたマングローブと補植する苗木の年齢にずれが起きないように工夫している。

イメージ 12



Ayo menanam bakau!!


イメージ 13>>社長ブログはコチラから!

イメージ 14>>プロジェクトブログはコチラから!

 
 
タンジュンラメイ 2013年1月31日。

今日は、地元バタムの学生さんも同行。

マングローブの植林体験をしたいとのことで一緒に現場へ。

しかし、今日は潮と時間の都合が悪く、植林にはあまりお勧めできないと話したものの、

「植林体験できるチャンスはめったにない」と、決意は強かった。


結局コンディションの悪い中での植林体験となってしまい、

申し訳ないと思っていたが、学生さんは皆喜んでくれた。


イメージ 1


タンジュンラメイは、2009年3月に最初の植林を行い、

現在、3年10ヵ月が経過している。

マングローブもゆっくりではあるが、成長してきた。

ライオンズの植林ツアー参加者が植林したマングローブだけでなく、

ダップルアナム村長が植林した2万本のマングローブも一緒に成長している。


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10



早く支柱根が生える日が、楽しみだ。


Ayo menanam bakau!!


イメージ 11>>社長ブログはコチラから!

イメージ 12>>プロジェクトブログはコチラから!

 
タンジュンラメイ 2012年2月11日

バタム島から南に下ったところに位置するガラン島。

そのガラン島の東側海岸にタンジュンラメイがあり、その干潟に植林を行っている。

福岡のNPOライオンズの森プロジェクトと、ライオンズクラブ、

それとバタム島のライオンズクラブが共同でマングローブ植林するプロジェクトを

弊社のこの現場で実施している。

そのため、マングローブの管理育成などは、私たちと地元住民で行っている。

イメージ 1


タンジュンラメイ周辺には、主だった村などはない。

たまに漁師さんたちが漁に来るくらいで、静かなところだ。

私たちは、この現場をダップルアナム村の村長と協力して管理している。


イメージ 2


タンジュンラメイ干潟を歩いていると、村長が大きなカニを発見。

すかさず捕獲。

イメージ 3



ナマコも発見。

イメージ 4


以前は、こんな大きいカニは見かけることはなかった。

干潟の海洋生物も豊かになってきているのだろうか。


イメージ 5


マングローブたちも徐々に成長を続けている。

だいぶん背丈も伸びてきた。

ガラン島は陸地続きの干潟であるが、

季節の風向きによっては、何の影響を大きく受けることもある。

また背がひょろひょろと伸びているのは、地盤高が低いため。


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11



今後は、葉っぱを増やして、支柱根が生えてくるのが楽しみだ。

Ayo menanam bakau!!

イメージ 12>>社長ブログはコチラから!

イメージ 13>>プロジェクトブログはコチラから!

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事