ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

2013年6月25日

東ジャワ州パスルアン県にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)の養殖試験場。

APSとは2009年から、マングローブの力で水産養殖業を行う

シルボフィッシャリーの共同事業を行っている。



この日は、東京から株式会社マジオネットの皆さんが来られていた。

以前にうちのマングローブ事業が、致知という雑誌に掲載されたことをきっかけに

このマングローブ事業を知ってくださったようだ。

マングローブ事業を応援したいと、今回現場を視察に来られた。

イメージ 1





24番の池。

この池では、現在エビの養殖試験を行っている最中だ。

イメージ 2



正確に数を把握する為、網を張ってその中で養殖を行っている。

餌は一切与えず、マングローブからの栄養だけで育っている。

水質の浄化もマングローブが行ってくれる。

最も自然に近い養殖方法だ。

育てているエビを、網から取出し見せてくれた。

イメージ 3


エビは立派に成長している。

餌を与えずに、こんなに大きく成長できるのだから、

マングローブの力は本当に凄い。



APSの養殖池をぐるっと周り、マジオネットの皆さんにシルボフィッシャリーの池を案内した。

下の写真は、10番の池。

イメージ 4




この日は、マジオネットさんのリクエストで、マングローブの植林体験も行った。

池は、前回の記事で書いた、住民の作業グループメンバーの池だ。

リーダーのIsmailさんが管理しており、シルボフィッシャリー池にするために

水路を掘って、盛り土をする土地の造成が完了したところだ。

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7




そのあと、マジオネットさんから地元の子供たちにお土産が。

マジオネットの社内で集めた子供服を、現地の子供たちにプレゼント。

代表で5人の子供が受取にやってきた。

イメージ 8



紙袋いっぱいの服の贈り物は、後で村のみんなで分けるそうだ。

イメージ 9





Ayo menanam bakau!!


イメージ 10>>社長ブログはコチラから!

イメージ 11>>プロジェクトブログはコチラから!

2013年5月6日

東ジャワ州パスルアン県にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)の養殖試験場。

APSとは2009年から、シルボフィッシャリーの共同事業を行っている。



この日は、日本のテレビ局の撮影がやってきた。

フジテレビのANA提供の、「きっかけの翼」という番組の取材だ。

イメージ 1


現地の撮影では、APSの養殖試験場の様子と

このシルボフィッシャリー事業に参加してくれている周辺住民への取材をメインに行った。


池の様子を撮影したのは、APSの24番の池だ。

イメージ 2



早速、撮影が始まった。

住民が普段養殖池のマングローブのメンテナンスをしている様子を撮影。

住民達が池の中に入り、マングローブの木にひかかったゴミや枯れ枝を取り除いている。

イメージ 3


イメージ 4




住民の作業風景を撮影し終わった後は、

住民作業グループのリーダーのIsmailさんのインタビューだ。

イメージ 5


APSがシルボフィッシャリー事業を開始し、この活動に参加するようになって、

「マングローブの持つ環境改善能力の高さに驚いた。

今後は、自分や作業グループメンバーが所有する養殖池でも

マングローブを植林し、シルボフィッシャリーをやりたい。」

と話してくれた。



この日は、以前から交流のある国連開発計画(UNDP)のジャカルタ支部に勤務する

宇野さんもシルボフィッシャリーの見学に来てくれていた。

イメージ 6



国連職員の立場から、このシルボフィッシャリー事業の見て、

インタビューにも応じてくれた。

「今回初めて、シルボフィッシャリーの現場を目の当たりにして、

この事業の素晴らしさを再確認できました。

マングローブによる自然回復・改善効果、生態系保全や気候変動にも貢献しており、

更に、持続可能な養殖業による地元住民の生活基盤の安定にも貢献しています。

この事業は、win-winの事業で、みんながハッピーになれるから、本当に素晴らしい。」

と話してくれた。

イメージ 7




Ayo menanam bakau!!


イメージ 8>>社長ブログはコチラから!

イメージ 9>>プロジェクトブログはコチラから!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事