ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

2014年3月21日

東ジャワ州パスルアン県にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)の養殖試験場。

APSとは2009年から、マングローブの力で水産養殖業を行う

シルボフィッシャリーの共同事業を行っている。

今回は、北海道大学から小田先生が視察に来られた。

APSの養殖試験場を案内。

小田先生は、北海道大学で文化人類学を教えておられるそうだ。

最近、森林再生に関心を持たれ調査をしていたところ、

弊社のホームページにたどり着き、お問い合わせを頂いた。

情報交換等させて頂きながら、今回インドネシアの現場まで足を運んで頂く事になった。

イメージ 1



24番の池の様子

イメージ 2



シルボフィッシャリーの仕組みをご説明し、

森林を再生させ守っていくためには、住民にとっても価値のある、つまり、有用である森であれば、

住民に伐採されることなく、守られていくだろうとの考えから、

マングローブで養殖業を行っていくスタイルをとっていることを説明すると

とても共感して下さった。



あぜ道のマングローブには、種が付き始めていた。

イメージ 3

まだ小さくふにゃふにゃとしているが、

これが成熟すると40〜60センチくらいになる。

成長段階によって、色々なサイズの未熟な種がぶら下がっていてかわいい。



APSの試験場内をぐるりと回って案内。

入口のところに大きな看板が作られており、

マングローブセンターと書かれている。

インドネシアの海洋水産省からセンターとして指定され、設置したそうだ。

観光用のセンターではなく、教育・学習用のセンターという位置づけになっている。

以前から、インドネシア中の大学や地方自治体、また海外からも視察が多く訪れている。

イメージ 4



養殖試験場を視察後、APSの学校のキャンパスへ。

学長のエンダン氏とお話しし、今後も情報交換等させて頂くとお話しになった。


イメージ 5





Ayo menanam bakau!!


イメージ 6>>社長ブログはコチラから!

イメージ 7>>プロジェクトブログはコチラから!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事