ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

「恵みの森づくりプロジェクト」は、

インドネシア共和国南スマトラ州バニュアシン県ムアラ・スギハン区ティンブルジャヤ村にある。

この地域は、通称ジャルール・ティガブラスと呼ばれている。

どこにあるのかと、聞かれることが多いので、今日は簡単に現場までのアクセスをご紹介します。

まず、Google Earthの地図で見ていきましょう。

中心に写っているのが、インドネシア共和国。

島嶼国なのでたくさんの島の集まりでできてる。

右上に日本が見える。インドネシアの国土は日本の約5倍。

イメージ 1



これはスマトラ島。

イメージ 2



パレンバンは南スマトラ州の州都。

イメージ 3



恵みの森づくりプロジェクトの現場はここ。

イメージ 4



私達が普段、このパレンバンから木製のスピードボートとバイクで現場まで行く。

イメージ 5


乗っていくのは、このスピードボート。

イメージ 6



大きい屋根ついたボードもあるけれど、人数が少ないときには、ホロのついた小さい方のボートを使う。

横並びに2人座れる大きさ。

イメージ 7


このボートでおよそ3時間移動する。

晴れていても直射日光が暑いし、雨が降ったらびしょ濡れになるので、結構大変。


3時間ボートに揺られて、村に到着。

イメージ 8



ここからバイクに乗って、村の中を走り抜け

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


養殖池がひろがる畦道を走って行く。約30分の移動。

この畦道は雨が降ると地面がどろどろになるため、

雨が降った際には、歩いて移動しなければならない。

雨天の時は本当に大変で、靴の底にもまわりにも泥がへばりつき、

歩く度に足が重くなっていくので、定期的に泥を蹴落としながら歩かなければならない。

この畦道だけで、バイクの時は10分程度が、歩きだと1時間以上かかるときもある。

イメージ 12


イメージ 13


そうして、ようやくプロジェクトに到着。

イメージ 14


天気が良ければ、パレンバン市内からこの現場まで、ボートで3時間+バイクで30分。

Ayo menanam bakau!!

イメージ 15>>プロジェクトブログはコチラから!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事