ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

南スマトラ州バニュアシン県にある 「恵みの森づくりプロジェクト」の現場にやってきた。

今回は、この18列西列から視察を行う。


今までの1列目(16列東列)の造成・植林が一段落したため

現在、2列目となる18列西列にも取り掛かることになり

実は、2016年年末から準備を行っていた。

土地の整備をしながら、整備が完了したところからマングローブの植林を行っている。

私たちが植林しているマングローブの種類はリゾフォラという種類の木だ。



18列西列の1番池。

イメージ 1


ここはまだ手つかずのまま。これから土地整備から行っていく予定。

18列西列2番池

イメージ 2


池の溝を掘る土地整備作業が終わり、これから植林にとりかかるところ。

池の前に、作業小屋を建設中。

イメージ 3


日中は日差しが強いので、作業の間お日陰で休憩したり、食事したりできるように。

3番池〜4番池までも、2番池と同様に土地整備が終わったところで、

今は植林用のマングローブの種の取れる時期を待っているところ。

イメージ 4


イメージ 5



5番池

イメージ 6


5番池の中には、自然に活着した大きなリゾフォラが自生している。

この木はそのまま残して、植林したリゾフォラを一緒に育てていく予定だ。

イメージ 7




6番池

イメージ 8


池の中の盛り土部分を覆い隠すように草に覆われている。

5月に植林を行っているが、草の影響が心配だ。


18列西列7番池。

この池は一足先に植林が完了しており、5月に植林し、現在3カ月目である。

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13



となりの8番池も植林後3カ月。

イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17


7番池も8番池もマングローブの育ちをよくするために、水位を高くしている。

まわりに雑草も少ない為、植林したマングローブの様子が確認しやすい。。


9番池の様子

イメージ 18





Ayo menanam bakau!!

イメージ 19>>会長ブログはコチラから!

イメージ 20>>プロジェクトブログはコチラから!


イメージ 22>>スタッフブログはコチラから!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事