ここから本文です
地球にマングローブを!! FROM インドネシア
緑豊かな 地球を目指して!!

書庫APS シドアルジョ水産専門学校

インドネシア共和国東ジャワ州にある、シドアルジョ水産専門学校(通称、APS)。
私たちは、APSと共同でシルボフィッシャリーの研究・普及活動を2009年より行っています。
シルボフィッシャリーとは、マングローブを水産養殖を組み合わせた持続可能な養殖方法で、人間や自然への環境負荷が低く、住民レベルでも行える方法です。
シルボフィッシャリーのベストバランスを研究し、地元に普及させることで、地元貧困層の生活基盤の向上・安定を目指しています。
記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

APS 2011年9月12日

 
2011年9月12日。

東ジャワ州にあるシドアルジョ水産専門学校(APS)にやってきた。

今日はまず、シドアルジョ県内にある学校に向かい、学長のエンダン氏と面会。

2009年9月から弊社とAPSの共同事業が開始。

本年度もお互いの協力関係を続けていくための契約を更新!

今後もシルボフィッシャリーの発展と普及のために力を合わせていくことで合意した。

イメージ 1

↑左;阿久根(ワイエルインベスト)、右;エンダン氏(シドアルジョ水産専門学校学長)



楽しい会話も終わり、学校を後にし養殖試験場へ。

実は試験場は、隣のパスルアン県にあり、学校から車で一時間ほどの距離だ。


試験場につくと早速、マングローブの様子を視察。

下は、養殖試験場の図。

イメージ 2




下の写真は、17番池の様子。

この池には、マングローブのAvicennia種を植林している。

池の中は、Avicennia種、池のふちはRhizophora種。

同時期に植林しているのだが、Avicennia種はRhizophora種に比べて成長が早い。

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 12


イメージ 13




下の写真は、24番池の様子。

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


前回の視察に際には、マングローブの背丈は看板に比べるととても小さかったが、

看板の下辺に届くくらいの背丈になっている。

成長の速さに驚愕!!

(今まで干潟での植林で、マングローブに厳しい条件下だったため、成長は大変ゆっくりだった。)

こんなに成長が早いなんて、植林・育成する方にとっては嬉しい限りだ。




下の写真は、24番池の横の川沿いに植林したマングローブ。

こちらのマングローブもAvicennia種のため、成長が早い。

もう「森」と呼んでいいほどに大きくなっている。

イメージ 9




下の写真は、18番池の横の川沿いのマングローブ。

こちらも大きくなってきている。

イメージ 10




下の写真は、24番池と17番池の間の水路の様子。

水路にも水質浄化のため、マングローブを植林している。

イメージ 11




下の写真は、10番池の様子。

植林をしてから数か月でこんなにも成長。

イメージ 14




下の写真は、11番池の様子。

前回の視察では、葉っぱが数枚といった感じだったが、

枝葉が成長し、支柱根まで生えている。

ものすごい成長ぶりに驚き。

イメージ 15


イメージ 16


イメージ 17



養殖場跡地と干潟では、マングローブの成長が全然違う。

今まで干潟で植林してきた私たちには、驚きの成長の速さ!!

毎回視察に来るたびに、見違えるような成長ぶりで、驚きの連続。

今後の成長を考えるととてもワクワクする。


Ayo menanam bakau!!


イメージ 18>>社長ブログはコチラから!

イメージ 19>>プロジェクトブログはコチラから!

APS 2011年3月11日

 
2011年3月11日。

東ジャワ州になるシドアルジョ水産専門学校(APS)にやってきた。

APSとは2009年より共同事業で養殖池をマングローブで復活させる事業を行っている。


イメージ 1



APSの養殖試験場は全部で24池あり、赤線で囲んだエリアがシルボフィッシャリー池。

このシルボフィシャリー池でマングローブの植林を行っている。


本日の視察は、共栄船渠株式会社 代表取締役の山本健二氏も同行。

養殖試験場の事務所を出発し、

下の写真は、15番池と22番池の間のあぜ道。

イメージ 2


15番池と22番池の間には水路があり、

写真の右側のは、水路の脇に植林したマングローブ。

左側の小さいのは15番の池のふちに植えているマングローブ。




下の写真は24番池の様子。

2009年11月に植林したマングローブのRhizophora種。

1年4ヵ月になる。

イメージ 3


イメージ 4




下の写真は、18番池の北側の川沿いに植林したマングローブ。

水質などを改善するためには、養殖池の中だけでなく、

エリア全体の浄化を行う必要があるため、周囲の川や水路にも植林を行っている。

イメージ 5


イメージ 6



下の写真は、10番池と11番池の様子。

二つの池の間にあぜ道がある。

あぜ道に右側が11番の池。

11番の池は、植林してまだ間もない。

やっと葉っぱが6〜8枚ついたころだ。

イメージ 7





下の写真は、1番の池。

順調に成長している。

イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11

↑左から、阿久根(ワイエルインベスト)、バンバン氏(APS養殖試験場責任者)、山本健二(共栄船渠株式会社代表取締役)、Dwi氏(APS養殖試験場スタッフ)



APSでは、補植用の苗木も育てている。

植林した時期と同時に補植用の苗木の育成を始め、

池に植えたマングローブと補植する苗木の年齢にずれが起きないように工夫している。

イメージ 12



Ayo menanam bakau!!


イメージ 13>>社長ブログはコチラから!

イメージ 14>>プロジェクトブログはコチラから!





 

1番右の荒地

1番右から3番右まである荒地は雑草の下刈りが完了し、既にオオバヒルギの種子が用意されている。

イメージ 1

イメージ 2


事務所裏の荒地
事務所裏の荒地を7番の池側から撮影した写真である。こちら側から見ても雑草の下刈りは完了している。

イメージ 3

イメージ 4



このAPSでのマングローブの成長が順調であることは、本当にうれしいことだ。

私たちが普段植林を行っている干潟は、もともとマングローブが無かったところに森を作るため、

マングローブにとっても大変過酷な条件の中で行っている。

しかし、この様なエビ養殖場はもともとマングローブの森が広がっていた部分で、

海からもだいぶん入り込んだ陸地にある。

その為、波の影響は全くなく、川からの水が流れ込んでくるため、塩分濃度も極めて低い。

また、陸地にある為浸水時間が短く、植林したマングローブが完全に冠水するほど水位が高くもならない。

その為、マングローブが成長するためには、ベストコンディションなのだ。


こんな風にどんどん育っていくマングローブをみると私たちもとても励まされる。

普段の植林とは違って、目を見張るような成長ぶり。

今後の成長も、本当に楽しみである。


Ayo menanam bakau!!


イメージ 5
弊社社長 山本 亮の映像はこちらからご覧になれます↓
http://www.kenja.tv/index.php?c=detail&kaiinid=10153

山本亮の社長ブログはこちらから↓
http://www.kenja.tv//index.php?c=blog&m=link&kaiinid=10153

ワイエルインベストのホームページはこちらから↓
http://www.ylinvest.co.jp/




 
6番左の荒地

6番左の荒地には他の荒地に比べ木が多く残っており、

まず余分な枝を取り除いた後、雑草を取り除くようである。

イメージ 1

イメージ 2



2番の養殖池

2番の池は今年度植林する計画の池であるが、

写真にある様に6番の池側には数本のヒルギダマシが生息している。

ヒルギダマシを残したままオオバヒルギを植林する予定だ。

オオバヒルギを植林するための盛土は完了し、周辺の余分な土を土手に上げているところである。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5



1番の養殖池

1番の池に植林されたオオバヒルギも順調に育っている。

池内に建てられた看板には、

2009年12月に植林されたマングローブは2010年9月の段階で活着率90%と表記されている。

イメージ 6

イメージ 7



1‐2番下の荒地とその下の荒地

1‐2番下の荒地に植林されたオオバヒルギも順調に育っている。

池内に建てられた看板には、2010年2月に植林された個体は2010年9月の段階で活着率85%と表記されている。

2枚目の写真右の方(全体図1‐2下の荒地青斜線囲いの下側)は、まだ完全に下刈りが終わっておらず、

オオバヒルギと雑草が混ざったままの状態であるが、

写真奥の方に見える今年度の植林計画にあたる荒地(同図一番下の赤マス囲い)と共に、

後日雑草を取り除く予定だ。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


シドアルジョ水産専門学校視察 2010年10月4日(5)へつづく


Ayo menanam bakau!!


イメージ 11
弊社社長 山本 亮の映像はこちらからご覧になれます↓
http://www.kenja.tv/index.php?c=detail&kaiinid=10153

山本亮の社長ブログはこちらから↓
http://www.kenja.tv//index.php?c=blog&m=link&kaiinid=10153

ワイエルインベストのホームページはこちらから↓
http://www.ylinvest.co.jp/




10番の養殖池

10番の養殖池は今年度に植林する計画だ。

今の段階ではまだ土地整備にかかっていない。

イメージ 1

イメージ 2




18番左の荒地

現在、雑草の下刈りをしているところだ。

下刈り完了後に植林する種子もすでに用意が整っている。

イメージ 3

イメージ 4



下2枚の写真は下刈りの様子。

作業を行っている彼らは、この実習地周辺に住む周辺住民だ。

このように、周辺住民も一緒になって、作業を行っている。

マングローブとエビの共存プロジェクトは、

今は私たち三者で試験的に研究しているプロジェクトであるが、

最終的には、この地域全体に広めていきたいと考えている。

マングローブという自然は、私たちが生きていく為にはなくてはならないもの。

実際、この周辺地は以前は自然のマングローブの森が広がっていた土地をエビ養殖場を開拓するために、

マングローブを伐採し開けた土地である。

しかし、マングローブが無くなってしまったことで、水質や土壌を浄化してくれる自然がなくなり、

開拓したエビ養殖場自体もダメになってしまっている。

しかし、ここに住む人たちにとっては、エビ養殖が生活の糧である。

それが収入の方法である。

そんな人たちに、エビ養殖場をやめて、マングローブを育てることを進めても、

彼らは受け入れられない。

そのために、マングローブとエビの共存が、最も必要だと考えているのだ。

この方法を理解してもらう為に、周辺住民もこのプロジェクトの作業を行ってもらっているのだ。

イメージ 5

イメージ 6



11番の養殖池

11番の池に植林されたオオバヒルギも順調に育っている。

池内に建てられた看板には、2009年12月に植林された個体は2010年9月の段階で活着率98%と表記されている。

イメージ 7

イメージ 8



6番の養殖池

6番の養殖池では土地整備の最中である。

マングローブを植林するための盛土は完了し、池の周辺の余分な土を土手に上げているところである。

今年度植林する計画の池だ。

写真に写っている彼らも、周辺に住む住民だ。

この様に作業に携わってくれるようになってから、彼らの認識もかわってきたようで、

自分のエビ養殖池にもマングローブを植えているよという声も聞かれる。

イメージ 9

イメージ 10



シドアルジョ水産専門学校視察 2010年10月4日(4)へつづく


Ayo menanam bakau!!


イメージ 11
弊社社長 山本 亮の映像はこちらからご覧になれます↓
http://www.kenja.tv/index.php?c=detail&kaiinid=10153

山本亮の社長ブログはこちらから↓
http://www.kenja.tv//index.php?c=blog&m=link&kaiinid=10153

ワイエルインベストのホームページはこちらから↓
http://www.ylinvest.co.jp/

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事