ここから本文です
もんど君 釣り百景
こんにちは、,もんど君です。
先々週のボーズから気を取り直して
懲りずにアマゴ釣りに向います。

釣れない理由は腕が悪いので
コツコツと通うしか無いのですが
朝起きると、車の調子が悪いので
車屋に直行です。直ぐに川に向えば
良いのに世間話をしていると、出発は
お昼の12時です。

郡上、ウィンドパーク到着が2時頃で
エサ取りし釣り始めは2時半過ぎです。

1投目から、バラシです。
まぁ〜上に枝が多いので思う様に
引き抜けないので、下流に流して
取り込むつもりで流していると
バレてしまいます。

ハリを変え、錘を替えて足首程度の
所ではオモリ無しの釣りです。
でも、ココが掛るのですよね〜

好ポイントでは、アタリ無し。
足跡が多いので先行者に攻められまくり
ですね。

まぁ〜2時間程釣って家に
帰りたくなったので、4時に終了です。

往復の時間が4時間半で釣行時間2時間の
釣りになりました。

でも、今年初のアマゴも見れたので
良い釣りでした。

釣った魚は全部放流しました。

イメージ 1
この流れの際で釣れました。

イメージ 2
早く竿を思いっきり振り回したい。

イメージ 3
アタリの半分の6匹です。


イメージ 4
本日の一番です。

では、最後まで有難うございます。

釣果、アマゴ6匹
最初に言っておきますが、
ボーズでした。。(^^)

さて昨日は敦賀の釣りで
疲れてPM6:30には布団で
眠ってしまったので、起床は
AM3:30頃です。

起きて、来週の釣りの仕掛けと
渓流用の釣りの仕掛けを
作りAM8:00頃出発です。

長良川を見ながら北上しますが
雪が無いですね~
毎年2月は雪が多すぎて
釣りにならないので、3月に
しか来ないのですが、見事な
までに、雪が無く、渇水です。

最初はG-SQUAREでモーニング。
450円でボリュームのある
モーニングです。

さっ長良川で「ガサガサ」と
5分位足でかくと20匹程度取れたので
近くの支流に向います。

雪が全くないので、何処でも
入れますが、逆に足跡が凄いですね。

まぁ~「3匹釣れればいいや~」
みたいな感じできて、舐めてたので
最初は全然反応無し。

焦って、どんどん上流に上がって行きますが
全く反応無し。やっと
掛ったと思ったら、外れるし。
しかも、6連発。。。

まぁ、僕の腕ではこんなモノですね。

さぁ~来週も挑戦したいですが
正直、怖い感じがしますね(^^)

イメージ 1
いつも、いっぱいですね。

イメージ 2
こんな所は、反応無し。
恐らく、攻められまくりでしょう~

イメージ 3
こんな、ところでバラシの
オンパレード。

イメージ 4
比較的良いと思うポイントは
反応無し。
攻められているのでしょうね。

イメージ 5
泣きながら退散します。

では、最後まで有難うございます。
釣り方、教えて~


2月23日海釣り(敦賀)

さて、本日も敦賀に原田親方と出撃です。

天気予報では北風4m程度と予報ですが、
2月初旬の気温1℃などから比べると
楽です。

AM5:30集合、AM6:00釣り開始です。
釣り始め頃には、ゆっくりと明るくなってきます。
「やっぱり釣りは朝マズメですね~」と
話しながら、最初は掛かりが遅いですが
本日も真鯛が釣れます。

「4打数4安打で100%の
確率で掛るなぁ~」と言っていると
段々とアタリが遅くなってきます。

こうやって、調子に乗ると
駄目なのですよね~

本日の仕掛けの失敗は風が強いのに
シモリ玉を大きいのを何気なく
付けたので、風で変な音が竿に
入ってきます。

でも、途中、アジやホウボウ、ベラ、キスと
先回までは真鯛以外のアタリは
無かったのですが、海の中が
少し活気づいて来た感があります。

また、途中、釣具店の方と話をしていたら
先日、お客さんが5時間で
アジ25㎝前後を50匹近く釣って
行ったよ~と言ってましたので
良い感じになって来たみたいで
楽しみです。

釣りはと言うと、時間と共に
と言うか、日差しが強くなって
くると共に、釣れなくなって
しまいました。

最後の30分は何の反応も無し。。。

結局AM8:30で終了です。

まぁ~AM3:00頃から起きて
AM9:00釣り終了~寒さで
鼻水を流しながら頑張って
家に帰って道具を片付けて
家でお昼ご飯を食べていると
子供達がやっと起きて、それから
買い物の付き合いと
実に充実な1日です。

ちなみに、寝たのはPM6:30です。(^^)

イメージ 1
本日は少し小さかったかな?

イメージ 2
ホウボウだと思います。

イメージ 3
アジがきたぁ~
次の釣行はサビキかぁ~

イメージ 4
北風には北風のポイント。
さすが、親方です。


イメージ 5
奥側が私の釣果。
魚の締め方が間違ってまして
原田親方のは綺麗に並んでます。
締め方が悪い私のは
魚が動いて汚いですね~

では、最後まで有難うございます。

2月9日海釣り(敦賀)

本日も寒い中、釣りバカ2人での
釣行です。

金曜日の朝、親方からライン連絡。
ラインを受けた場所は、水戸市。
水戸で仕事を終えて、車で移動し
敦賀にAM6:00。迷いましたが
釣りは釣れる時に行かないと
今度何時釣りに行けるか解りません
ので、快諾し仕事を終え、途中車中で
仮眠しAM5:00到着です。

しかし、このところ、冬の日本海に
しては、合わせてくれている様に
土曜日には、海は穏やかです。

さて、AM6:00釣り開始。

最初は激渋です。
「コツコツ」と小さなアタリは
有るのですが、エサが無くなるより
解けて無くなっている感じです。

約30分程2人で我慢です。

そして、やっと1匹目。
しかし、なかなか調子が上がりません。

途中、撒き餌用のカゴを変えたり
仕掛けを変えるなど、工夫しますが
思う様に調子が上がってこない。

原田親方の釣りを見ていると
テンションを掛け、時々エサを上下に
振り、誘いをかけてます。

私は、どちらかと言うと
糸を出来るだけ弛ませフカセ釣りの
イメージで釣ってますが、
どちらの釣りが正解が解りませんが
思う様に調子が上がりません。

しかし、途中地合いか?
3〜5連荘で掛る時もあるので、
釣りは難しいですね。

9時位からは場所を少し移動。
水深的には約3m程深くなります。

前々回の時から考えると
やっぱり水深に対して魚の
大きさが変わります。

深ければ大きいし、反対に
浅いと小さくなるので、不思議です。

そうこうしておると、風の向きが
北風から南風に変わってきて
南側に座っている僕は寒い。

朝一番は北風なので親方が震えて
いたそうです。ちょとした風よけ
だけで、体感温度がこんなに変わるので
ですね。今度、筏釣りなどの時に
勉強になりました。

結局、結果は最後の1投で親方が
掛けたので、その一枚の差が出て
20対19匹で終わりました。

寒い中、頑張った釣行でしたが
この季節の魚は美味しいですね。

イメージ 1
水深の深さに比例して
大きさが変わります。

イメージ 2
厳しい中でもバラシが多く
これが、今後の課題です。

イメージ 3
お土産は何とか確保。

イメージ 4
親方の釣果。
不思議ですが毎回、親方の方が
大きさが揃います。

では、最後まで有難うございます。

2週間ぶりの釣りになります。

10月にガナリさんに原田師匠を紹介して
頂き最近は、ガナリさんには、本当に
申し訳ないですが、最近は原田師匠と
堪能させて頂いております。(^^)

今度、釣れた魚持って行きますね。

さて、金曜日に木曽福島の辺りを
電車に乗っているとライン連絡。
「明日、どうですか?」釣り以外に
特に用事が無い私は、即
「お願いします。(^^)」

ちなみに、木曜日は熊本、金曜は松本、
土曜は福井。明日は横浜です。

しかし、ライン連絡頂いたが、気になるのは
真鯛が居るか?です。

6時原田師匠と合流。いざ出陣!
意外と暖かい。しかも本日のみ
波は穏やかです。

さあ〜前回のポイントです。
到着し用意をしていると、横で
「一投目で真鯛釣れた〜」
「居るよう〜」とテンションMAXの声で
原田師匠が既に釣っている!早すぎだろ〜と
思いながら、気持ちはMAX!

10分位は釣れませんでしたが
その後は、2人で入れ掛り。

小さなアタリは変わりませんが
恐らく2人、他人が見れば
満便の笑顔で釣っていたと
思います。

途中、私にダブルで釣れて喜んでると
ハリスが切れたので、試に細軸の
グレ針で、エサをフラ〜フラ〜させる
イメージの仕掛けに変えるとバレまくり。

針が小さいなんだろうなぁ〜5連続
バラシです。その間に原田師匠は
3本バリでトリプル掛け、
水中を見ていると鯉のぼりみたいでした。
その後も、僕が仕掛けを戻している間に
爆釣!!!

結局、釣り始めが6時半で終わりが
8時半の約2時間の間、バラシも合わせると
時速15匹位の爆釣でした。

海のポセイドンに感謝です。

まだまだ釣れると思いますが乱獲は
良くない!との事で、食べれる量で
終了です。

海の神、原田師匠に感謝して
・小さなアタリで合わせる面白さ!
・掛ると楽しい鯛の引き!
・食べて美味しい鯛!
良い事ばかりです。

有難うございます。

イメージ 1
トリプル鯉のぼり掛け!
冗談で言っていたら、実現達成!
写真、悪いですね!ごめん!
下に3匹目少し見えます!

イメージ 2
師匠のスカリ!
スカリが破れそうです。

イメージ 3
綺麗で美味しそうです。

イメージ 4
土曜日の穏やかな海です。

イメージ 5
本日釣果。2週間前より少し
大きくなってます。

イメージ 6
2人の釣果!師匠も夢中です。

イメージ 7
釣れた魚を下処理中。
まるで、鳥獣使いの如く
鳥がきます。(^^)

では、最後まで有難うございます。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事