精神世界の覚書

影に向き合って光の世界へ〜霊的危機について〜

怒り

やっぱり怒りがひどいです。。

何度も手放そうと試みたのですが、再燃しますね。

ストレスなどで負荷がかかったときに、過去のトラウマとして浮上してくるようです。

許す関係の本もよく読みました。

許すというのは、相手のとったひどい行動を許すのではなく、自分の傷ついた感情を引きずるのをやめるということ。

自分で自分を自由にしていないことになります。

自分を自由にできるのは自分です。


とにかく怒りを抱えているままではしんどいですね。

インナーチャイルドの問題でもあるのですが、過去の時間が凍結されてしまったかのようで、昔のままになっています。

あまりにしんどいと、身動きできません。


過去の感情を溜め込んでいると、今起こっていることをありのまま体験することもできません。

見逃してしまうというか、味わうことができません。

今にいないことはエゴということでもあります。

感情から脱同一化して今にいるしかないと思います。

グラウディング不足も原因でしょうか。。

トラウマが原因でグラウディングできないのであれば、それはそれで対策が必要になってきそうな気もします。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

過去の傷再び

夏至ですね。

時期的なものなのか、過去の傷が再燃しています。。

日曜からハートの痛みもぶり返しています。

ヒーラーさんに頼んでも解決しないので困っています。。

今日考えていたことは、傷つけられた相手にそれを伝えるということ。

本人に言おうにも、連絡できないので、周りの人づてに伝えてもらおうかと考えていました。

傷つけられたときは、はっきり言えばいいのでしょうか?

何が最善なのか分からないのですが、5年以上苦しいので、悩むのをやめたいものです。

傷が深くトラウマになっています。

体の痛みがひどいです。

あまりに傷が身体化するので、引きずられて今にいることができません。

今にいればいいなどという人もあるかと思いますが、痛みが身体化するほどの場合は、治療が必要なのかもしれません。

トラウマになるほど傷つけられた!という思いをずっと感じていました。

はっきりと怒りを表現してもいいのではないかと。

私の場合はトランスパーソナル領域が関わってくるので、それなりの療法を考えるしかありません。

今にすべてがあるので過去生から続く傷であっても今生解決すればいいわけです。

今生解決して、すべての過去からの影響も解決できるようになってはいるのでしょう。


心理療法ならUSPT。過去生、未来生、インナーチャイルドを扱います。

気の流れなら、チ楽祭のテンシ・セルフケア。

どちらも今年からはじまった新しい療法です。

出会うご縁あるものを大切に、自分の状況を改善していくしかないでしょうか。


24日はソマティック心理学関西の会です。
テーマはフォーカシングです。

フェルトセンスとクリアセンシェンスは同じことだと思っています。

そうして内なる声を聞いていきます。体は正確ですからね。


しんどくて、荷造りがなかなか進みません(^^;)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ハートとエネルギー

ハートチャクラをオープンにして、エネルギーがあふれているといいのですが、受け取ることと与えることのバランスが整っていないと、動くこともしんどくなってきます。

ハートが先とはよく言われていたりすることですが、傷つくことがあってハートが閉じてしまうと、エネルギーの循環は非常に悪くなります。

私の場合は、その傷のため、インナーチャイルドなどのサブパーソナリティがバラバラと出てくるようになってしまいました。本来のエネルギーの流れが妨げられることもしばしばです。

ひどいときは目まいが起こります。低血圧の問題とはまた違うのかなという気がしています。

解決策は未だに見つかりませんが、気長に構えているしかないでしょうか。

一日にころころと何度も現実の感じられ方が変わります。。

食物からエネルギーを取得しなくていい自分でいると、ほとんどお腹が空くことはありません。ある程度物理的な力とは別に行動することができます。

それとは逆に、何か食べていないとしんどくて動くことができない場合もあります。

身体感覚が一定ではなく、かなりそれに気をとられてしまいます。


過去のエネルギーの感じられ方を再体験するようなところがあり、それはものであったり、場所であったり、さまざまな要因により起こります。

今ここの私という存在がどう感じているのか、それが分からないというのはきびしい状況かもしれません。

今ここに物理的には存在しながら、意識は他の時空間にある場合、「今この瞬間」の感じられ方が希薄になります。

5年の月日が物理的に過ぎたとしても、中身は薄い場合と、2年間の経過であっても、5年ぐらいの長さに感じられたりするということが起こります。

意識を今ここに置くことができれば現実の密度は濃くなります。それだけ充実しているということができるでしょう。

ハートを開いていると、今ここで起こっていることに心を開いているということができ、深いレベルの体験を味わうことができるのだと思います。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

引っ越し準備中

7月から大学での相談員の仕事が決まりました。
引っ越し準備中です。

大好きな鳴門です。

今目の前に来たことに集中する、間違ってはいないと思います。

今の流れに従うなら、臨床心理士の資格も取ろうと思います。中途半端になっていたこともあり、いい機会です。

私が以前から関わっていたLGBTの活動も復活です。

スピリチュアリティとLGBTやジェンダー、フェミニズムとは不思議なつながりがあります。

水瓶座の時代、女性性の回復とも深く関係するのでしょう。

アセンションともいうことになると思うのですが、一人一人が力を取り戻す時代です。


あとは私自身がセンタリングして、高次の意識を取り戻せたらなぁと思います。。

土地のエネルギーの影響もよく受けますし、波動の変動からか、すごくよく疲れます。。

以前はもっとエネルギーにあふれていて動けたのにと思うこともしばしばです(^^;)

自分のエネルギー状況が自分でつかめていないのですが、体の感じ方はさまざまで、ふらふら目まいなどにあらわれることもあり、しんどいことに変わりはありません。

鳴門はすごいエネルギーのある土地で、ネガティブなものをシャットアウトするような印象があります。

問題なく過ごせると思います。守られている土地だと感じています。

朝からゴミ拾いをする人たちもよく見られる、素敵な土地です。


自分だけ霊的にしんどくてうまく進めない、、そんなことをずっと思っていました。また、過去生まで出てきてしんどい、自分ばかりしんどいと。。それで魂のことがいろいろ出てくる相手に文句もいいたくてたまらなかったわけですが。。

一人一人違うので、人と比べても仕方ないとは分かっているのですが、、腹をくくれていなかったのですね。

何がしんどいかも一人一人違います。苦しさだってそれぞれ違うので、比べてもどうしようもないわけです。

エゴから離れて光の道を歩みたいものですね。

修論のときもそうでしたが、たくさんの人が助けてくれました。

仕事にしても、一人でやっていくわけではありません。

今ここにいて、協力して精一杯やっていきたいものです。

この記事に

開く コメント(1)

左脇の痛み

左脇下、後ろ側が痛いです。

毎回起こる痛みです。。

何なのでしょうね。

昔はエーテルコード類かと思っていたのですが、友人でもこの場所が痛んでいた人がいて、過去のトラウマに反応していました。影響のある土地で、過去に反応したようで痛んでいました。

私はもっていたオーラソーマのピンクのポマンダーを勧めることしかできなかったのですが、同じ場所が痛む人がいるというのを初めて知った経験となりました。

痛みが出るたびにイライラします。

イライラするのは、魂からのメッセージと本には書かれていたりします。

何であるのか、何年経っても分からないし、ヒーリングを頼んでも解決しません。。

調べてみても、該当する記事は見当たりません。。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事