今春の修学旅行生民泊受け入れ終了

この春、四国・中国・関西から12校、延べ約2,200名の中学生が修学旅行の一環として出水での農家民泊を体験、一期一会の感動を胸に帰って行きました。
出水民泊最後は大阪市住之江区から、大阪24区の中で一番大きな区だそうです。
梅雨の真っ最中、生憎の大雨で予定されてた人吉でのラフティングを取りやめて早目の出水入りとなりました。クレインパークを変更して出水市文化会館での入村式です。今回は地方局のテレビカメラも付きっ切りで取材されてたようです。
イメージ 1

イメージ 2
入村式後、出水の特攻基地、掩体壕を見ながら鶴観察センターへ。
イメージ 3
「花凛」へ到着後、家の案内やスケジュールの打ち合わせをしたら早速鹿児島銘菓「かるかん」作りの体験作業です。
イメージ 4
かるかんは江戸時代、藩主島津斉彬が明石の菓子職人を招聘して作らせたと言われています。シラス台地に自生する山芋と琉球、奄美から取り寄せた砂糖を原料にした薩摩ならではの蒸し菓子です。 
イメージ 5
紫と白の山芋から作ったかるかん20個、今回も完食です・・・。
「民宿“花凛”」はアジサイ園の整備中、挿し木の体験をさせてみました。
イメージ 8
梅雨に映える紫陽花の花、ピンク系が少ないので挿し木で増殖します。
イメージ 7
良くできました、今の時期ならほぼ100%発根してくれるでしょう。
イメージ 6
夕食の準備では茶わん蒸しを作ります。
メインディッシュは鹿児島産黒毛和牛を使ったハヤシライスと地場産鶏肉のから揚げ、鹿児島は養鶏の産出額全国一位でもあります。
イメージ 9

イメージ 10
食事の後はいつもの卓球とカラオケで家族度アップ、すっかりリラックスしてます。
イメージ 11
翌日は久しぶりの晴天、起き掛けにカボチャの交配作業をやってみました。
イメージ 12
雄花の花びらとガクを取り除き、雌花のめしべに人工授粉。
梅雨に入り、なかなか雌花が咲いてくれませんでしたが運よくこの日は雄花、雌花とも咲いてくれたようです。
イメージ 13
4月に来てくれた姫路の中学生が植えたスイカとトマト、立派に成長してます。
イメージ 14
立体栽培にしたスイカの花は咲いて無かったので、トマトの芽かぎと誘引作業をやってもらいました。簡単そうに見えるテープナーの使い方、なかなか要領がつかめないようです。サッカーのキャプテンとかで足は器用なんだそうですが・・・。
イメージ 15
朝食は和洋折衷で。
ご飯とみそ汁に焼き立てのパン、自家製デコポンジャムで食べてもらいました。
朝食済んだらデコポンと柿の摘果作業です。
イメージ 16
ほぼ終了してるデコポンの摘果ですがこの子たちのために少し残しておきました。
イメージ 17
渋柿の摘果作業。
柿は鋏を使って摘果、秋になればこの柿を使って渋抜き体験をします。
イメージ 18
朝食を食べて間もないけど離村式の時間がありますので早目の昼食。
自分たちで作った焼きソバとおにぎりで軽めに。
イメージ 19
お名残惜しいですが「民宿花凛」での民泊体験終了です。
元気で明るい子供達、7月で部活を引退し、受験勉強に突入します。これからいろんな試練が待ち受けているでしょう。疲れたら「ただいま!」って帰っておいで!、「お帰り!」って迎えてあげたいものです。少しでも彼らの癒しになれば・・・。

ブログリンク

更新

愛犬と気ままなキャンピングカーライフ

2017年8月 庭の様子

お盆も過ぎ、昨日は少し秋の気配を感じましたが・・・今日は又酷暑の様子    ゴーヤカーテンはまだまだ絶好調ですが、中から見ると葉が枯れて ...

玖珠町の 楽農家

脳の司令塔の前頭葉を使うことを意識 2/2

「物忘れ」 ぐらいは、 可愛い老化のレベルだ。 それが、 覚えられない、 あるいは、覚えていたことも、 したことも忘れ...


.


みんなの更新記事