鮎釣り・ヒメマス釣りのブログ

妻を介護する為2014年11月山梨から沖縄へ移住しました。青い海は素敵ですが、台風は大嫌いです。(笑)
今日は、私が所属している「さしき健走会」で恒例としている、サトウキビ狩りのお手伝いに行って来ました。
前回行われた、サトウキビ狩りに、私は参加出来なかったので、今日は頑張ります。
場所は、佐敷にあるサトウキビ畑に、8時集合です。
今日の沖縄の天気ですが、少し肌寒いです。
私は、蚊対策として、長袖シャツにツナギ、長靴を履き参加しました。

イメージ 1
こちらの畑のサトウキビを刈り取ります

イメージ 2
会長が頑張っていました

イメージ 3
枝スに付いた葉をカマで刈り取ります

イメージ 4
綺麗に取れました

イメージ 5
刈り取ったサトウキビを縛る為の鉄柱を打ち込みます

イメージ 6
手作りの道具です

イメージ 7
上部のハンマーの重さを利用して打ち込みます

イメージ 8
良が多すぎて、なかなかはかどりません

イメージ 9
1時間を過ぎたので休憩です

イメージ 10
甘いものを食べてエネルギーを補充

イメージ 11
何とビールを補充

イメージ 12
アイスコーヒーを頂きます

イメージ 13
あんころ餅を頂きます

イメージ 14
さしき健走会の旗を立ててアピールします

イメージ 15
右手に持ったオノでサトウキビの根を切り落としました

イメージ 16

イメージ 17
私は2時間手伝ったところで終了しました

今日は、曇り空で長袖を着ていても、ひんやりして涼しい日でした。
甘ーいサトウキビに巣を作っていた大きな蟻の大軍が、長靴からよじ登り、私の髪の毛まで登って来ましたからね。
2匹、退治しましたよ。
本日の参加人数は10名、16時まで行われました。
明日も行う予定なので、自分の時間の都合に合わせ、参加をお願いしますと事務局長から連絡がありました。
参加された皆さん、お疲れ様でした。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

今回も、第5回アオカツトーナメント2019に申し込み、アオカツカードが届きました。
昨年は、アオカツ&アオフェスのエギ部門を制し、今年は3連覇を目指して頑張りますよ。
先日釣行し、釣果があったのですが、アオカツカードがまだ届いていなかったので、エントリーする事が出来ませんでした。

イメージ 1
私のアオカツカードNo.77とオリジナルステッカーです

イメージ 2
アオカツトーナメントについて

イメージ 3
参加規約

イメージ 4
アオリネットのカタログが入っていました

次回の釣行ですが、船長から空いている予定表を頂き、4月1日と4月15日に予約を入れました。
初エントリーは、4月1日の予定になります。
これから、ドンドンと大きくなっていくアオリイカ、3キロアップを目指して頑張りますねー。
今のタックルであれば、確実に仕留める事が出来ますからね。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

前回の釣行が2月26日なので、約1ヶ月ぶりの釣行になります。
3月16日には、アオカツ・アオフェスに参加している「黒ハイさん」と一緒に沖縄のディープエギングを楽しむ予定でしたが、波とうねりがキツイ事で、出航取り止めになってしまったんですね。
せっかく沖縄まで来た「黒ハイさん」、沖縄のディープエギングに向けて、道具類も全て揃えて頂いたのに・・・。
これに懲りずに、また沖縄に来て下さいね。
本当に、年末から3月までは、波風が強く吹く日が多いのです。
そして、本日7時に出航しました。
今日の釣り人は、私を入れて5名です。

イメージ 1
那覇北マリーナ集合です

イメージ 2
綺麗な朝日です

イメージ 3
相変わらず波がうねっています

イメージ 4
ヤマシタのモンスターハントの5号エギで始めます

幾つか場所移動した後、2回目のシャクリで「グン」、乗った、あっバレた。
船長から「直ぐエギ落として」と云われ、エギを着底していると、右隣の方の竿が曲がりました。
私も気合を入れてシャクり、エギを落としますが反応なし。
すると、後ろの方2名の竿も曲がりました。
パラダイスが始まるのかと期待しましたが、トリプルヒットで終了しました。
その後の移動でも、ポツポツと釣れていますが、パラダイスはありません。
時間が11時を過ぎていますが、未だにボウズは私だけ、取り残されています。
そして11時20分に、1回目のシャクリでエギをステイしていると、「グニャ、グッ」とエギにアタリがあったので大きく合わせると「グン」乗りました。
久しぶりに、アオリイカとのやり取りを楽しみます。
シャクル時に、少しリールのドラグが鳴る位にドラグ調整しているのですが、ドラグが鳴りません。
エメラルダスの竿のしなりだけで、アオリイカの動きを止めています。
あんまり大きくない様です。
他に、2名の釣り人の竿も曲がっています。
浮いて来たアオリイカを、船長がタモ入れ、無事にキャッチしました。

イメージ 5
船長のFBより拝借

イメージ 6
胴長30cm、ギリギリキロアップ

ようやく、ボウズを逃れ一安心しました。
エギを着底、1回目のシャクリで「グン」乗ったか、フッ、何と根掛かりで大事なモンスターハントの5号エギを海に献上してしまいました。

イメージ 7
このカラーのモンスターハントに交換

イメージ 8
今度はダブルエギ仕掛けに交換

船長から「仕掛けが絡むから、シングルに変えて」と云われ、上のエギを外し頑張ります。
シャクり続ける事3時間、14時30分にステイしたエギに「コン」、直ぐ合わせると「グン」乗りました。
今度も、ドラグは鳴らず、手ごたえは先程のより軽いです。
相変わらず、竿のしなりで掛かりイカを抑え込んでいます。
やっぱり、この竿いいですよ。

イメージ 10
船長のFBより拝借、ダブルヒットでした

イメージ 9胴長30cm、キロタリナーズ

今度は、場所移動後の14時40分、最初の1投目でエギが着底時に違和感が。
いつもなら、ヘッドシンカーが底に着いた時に「コン」となるのですが、無いんですよ。
もしかしたら、イカがエギを抱きながら落ちているのかなと思い、大きく合わせて見ると「グン」、やっぱりイカがエギを抱いていました。
この感度の良さは、SMTトップの穂先のお陰です。
これも、先程と同様に普通にリールが巻けます。

イメージ 11
船長のFBより拝借

イメージ 12
胴長29cm、キロタリナーズ

本日、3杯目のキャッチです。
そして、最後は15時30分、1回目のシャクリでエギをステイ、2回目のシャクリで「グン」乗った、あっバレた、直ぐエギを落としてシャクリエギをステイしていると、船長から「今アタったんじゃない」と云われ合わせて見ると「スカッ」、もう一度エギを落としてシャクルと「グン」再度乗りました。
良かったー、これも掛かりイカが暴れますが、ドラグは鳴らず、竿のしなりだけでたしなめます。
リールを巻くと、少し重いので大きいと思います。
最後までドラグは鳴らず、掛かりイカが浮いて来ました。

イメージ 13
船長のFBより拝借

イメージ 14
胴長34cm、今シーズン最大の大きさです

この大きさのアオリイカが掛かっても、竿のしなりだけで掛かりイカの動きを止めてしまいます。
やっぱり、エメラルダスAGS 62MB−SMT−BOATは凄いですね。
その後は、イカからのコンタクトも無くなり終了しました。

イメージ 15
今日も波のうねりは凄かったです

アオリンピアードにエントリーする為、自宅に帰って検量します。

イメージ 16

イメージ 17
1杯目 1045g

イメージ 18
2杯目 978g

イメージ 19
3杯目 915g

イメージ 20
4杯目 1670g

アオリンピアードの事務局の方へ、1045gと1670g、合計2715gでエントリーします。
無事に、リミットメイク出来ました。
まだまだ、沖縄のディープエギングは、こんなもんではありませんよ。
今日も、3キロタリナーズが2杯、釣れていますからね。
今日のお持ち帰りは、合計で4杯、4608gの持ち帰りになりました。
それにしても、11時20分まで私だけ釣れていませんでしたからね。
今回もダメかーと思いましたが、船長のお陰で楽しませて頂きました、ありがとうございます。
次回の釣行ですが、来月に予定したいのですが、予約で一杯だそうです。
一部空きが出た日に、行きたいと思います。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

今日は、今年大学を卒業した大学生から、卒業記念に魚釣りがしたいと要望があり、マイボートである「ハンターボート」で出航しました。
私のブログを見て、今度一緒に魚釣りをしましょうと声を掛けて頂いた方も、一緒にお誘いしました。
妻からは「1人ではボートに乗らない様に」と云われているので、今日は堂々とマイボートで釣りに行けます。
集合時間は8時30分、少し遅れて大学生達が来ました。
ハンターボートを車の屋根に乗せ、奥武島に向かいます。

イメージ 1
ハンターボートを降ろします

イメージ 2
奥に見えるのが奥武島です

イメージ 3
ちょっとアップで

イメージ 4
まずは定番のバイブレーション

一投目、巻き上げていると「グググッ」、直ぐに合わせると、ドラグが唸りラインを出され根掛かり、そしてバイブレーションはロストしてしまいました。
一投目からこれですよ、参ってしまいます。
ドラグ調整を、アオリイカ用に設定していたので、弱かったんですね。

イメージ 5
次はスプーン

イメージ 6
ジグに変えるとコンビニ袋が釣れました

イメージ 7
今度はビニールです

ビーチクリーンは良くやっていますが、今日は海の中をクリーンします。
引っ掛かったビニール類は、しっかりと持ち帰って処分します。
今度は、エギに変えてぶん投げます。
すると、グイグイ、来ましたよ。
たぶんコブシメ(コウイカ)かも知れません。
そして、寄って来たのは・・・。

イメージ 8
何と良型のイシミーバイでした

しっかりと、エギのカンナがイシミーバイの口の中に納まっていました。(驚)
この魚、煮つけにしても、唐揚げにしても、焼いても美味しい魚です。

イメージ 9
百均で買ったラバージグに良型のイシミーバイ追加

午前中の釣果は、この2匹で終了です。
爆釣とまではいかず、昼食は昨年末にオープンしたハンバーガーショップでテイクアウトして、海辺で食べます。

イメージ 10
奥武島カメカメ

イメージ 11
ビーフバーガーとポテト、ホットコーヒー付きです

イメージ 12
大学生も大満足のボリュームです(インスタ映えするストローですね)

イメージ 13
カメカメバーガーセット、クーポンを使い税込み500円

お腹がいっぱいになった所で、ゴミはまとめてハンターボートの中へ入れ持ち帰ります。
午後の部がスタートです。
ところが、サンゴ礁に苦戦して、用意したルアー他が、根掛かりでロストしてばっかりで、魚がなかなか釣れません。
仕掛けを直している時間の方が、釣っている時間より長いです。

イメージ 14
本日最大のイシミーバイが釣れました

イメージ 15
綺麗な魚体ですね(青い海とマッチしています)

イメージ 16
百均のシンキングミノーにも来ましたが小さいです

イメージ 17
資源保護の為に優しくリリースします

満潮を迎えた16時前、アタリすらなくなったので終了して戻ります。
今日は、釣れた魚の数より、無くしたルアー類の方が、とても多かったです。

イメージ 18
私の釣果

イメージ 19
大学生の釣果

釣った魚は、海辺でウロコと内臓を取り除き、大学では学ばない魚の捌き方を大学生に教え、実際に捌いて貰いました。
今夜の晩酌のつまみは、イシミーバイのコース料理を頂きます。
美味しく頂きました。

イメージ 20
イシミーバイの唐揚げ

イメージ 21
イシミーバイの塩焼き

イメージ 22
三枚に下ろしたイシミーバイの皮をバーナーで炙ります

イメージ 23
イシミーバイを炙ったお刺身

イメージ 24
三枚に下ろしたイシミーバイのアラを使ったアラ汁(捨てる所がありません)

今日は、久しぶりにマイボートが出せて良かったです。
釣果の方は振るいませんでしたが、次回は百均の釣り具を沢山買って用意しようと思います。
値段の高いものは、根掛かりしてロストしたら、痛いですからね。
百均であれば、値段が安いので安心して使用出来るし、実際に釣れますからね。
一緒に行った大学生も、魚の捌き方を覚え、想い出に残る卒業記念日になったと思います。
4月から社会人となり、大人の仲間入り、こんなオヤジですが、また一緒に遊んでやって下さいね。
海の恵みに感謝、今日1日、お疲れ様でした。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

パート2でも紹介しましたが、3段目の段差になる玄関の隙間、実際に玄関に入ろうとプラ段差プレートに乗ると、隙間に車椅子の前輪タイヤが入り、にっちもさっちも行かない状態になってしまいました。
これでは、アパートの中に入れませんよ。
私以外の介助者でも、無理ですね。
中から外に出る時は、問題ないのですが・・・。

イメージ 1
この隙間になります

イメージ 2
玄関の段差は2段階になっています

サイズを測り、ホームセンターへ。
そして、有り合わせの木材を付けて完成しました。

イメージ 3
上からみた図

イメージ 4
横から見た図

イメージ 5
横から見た図

イメージ 6
下から見た図

イメージ 7
そして隙間に合体

イメージ 8
上からみた図

イメージ 9
玄関から外をみた図

イメージ 10
アップで見た図

イメージ 11
SPFの木材一本とカットを2回、合計708円かかりました

これで、玄関の完全バリアフリー化に成功しました。
プラ段差プレートの角度が大きいですが、これで車椅子での出入りに問題が無くなり、今日から利用出ます。
乗り降りの際の、車いすへの衝撃も減り、妻も安心できる事と思います。
DIY初心者の私なので、完璧に出来上がるまでに、何度もホームセンターに行ってしまいました。
これを機に、何でも自分で作って見ようかな。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事