鮎釣り・ヒメマス釣りのブログ

妻を介護する為2014年11月山梨から沖縄へ移住しました。青い海は素敵ですが、台風は大嫌いです。(笑)

鮎釣り2014年

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今日は、長く続けて来た趣味である、私の鮎釣り卒業式の日、静岡県の狩野川で行いました。
鮎釣りが最後と云う事で、大仁チーム戦に出場して、本当の終わりになります。
私が所属している鮎心会の方と、4人1組でチームを組み出場します。
私が山梨県を出発した3時頃より雨が降り出し、河口湖を走っている頃より、雨足が強くなって来ました。
狩野川へ着くと、大雨にも関わらず本日出場する選手の方達が沢山来ていました。
私がもう一つ所属しているチーム・エキサイトの方達も、本日出場します。
今日は、33チーム132名、昨年に比べて3割は出場者が増えていました。
大雨の影響で、予選無しの一発本戦、7時〜11時までの4名の釣果を競います。
私は上流エリアを選び、下見をしていた狩野川大橋上の左岸のチャラ瀬に入りました。
7時にスタート、水深10cm位のチャラ瀬に養殖オトリを送り、上流へ泳がそうとしましたが、オトリが弱くて泳いでくれません。
仕方が無いので、瀬落ち上に養殖オトリを送り、無理やりオトリの尾を振らせ待っていると、開始から5分後にオトリ交換が出来ました。
オトリが野鮎に変わったので、先ほどの水深10cm位のチャラ瀬にオトリを送ると、元気に上流へ泳いで行きます。
そして、目印が飛びました。
3匹までは早かったのですが、後が続きません。
何とか2匹追加しましたが、気温が下がり風も吹き出し寒くなって来た事と、雨足も強く、増水と濁って来た事から、まだ1時間ありましたが10時に終了しました。
私の釣果は、オトリ込み7匹でした。
チームとしては、33チーム中19位、私の最後の鮎釣りが、これで終了しました。
 
イメージ 1
受付テントです
 
イメージ 2
狩野川大橋上の左岸のチャラ瀬を攻めました
 
イメージ 3
雨粒が凄いでしょ
 
イメージ 4
オトリ込み7匹
 
 
イメージ 5
私の検量の様子です
 
イメージ 6
チーム・エキサイトの方達
この後、竿・友舟・鮎タビは、あげちゃいました
 
イメージ 7
ポニーテールにツルツル、この後姿を見て沢山の方々を笑わせて来ました
 
イメージ 8
思わずバンザーイと叫びました
私のポニーテール舞っていますね
 
イメージ 9
最後の思い出のスナップになりました
 
私が今まで使用していた、メガトルクⅡ、友舟、鮎タビなどは、チームエキサイトの方達に、そのままプレゼントして、もう鮎釣りが出来ない様に、スッパリ未練を残さない様にしました。
そして、これで最後になるユウチャンとのコラボ写真、ポニーテールの私と髪の無いユウチャン、対照的な二人の後姿を見て、沢山の方々を笑顔にして来ました。
そして、一番メインである、卒業の証である私の胴上げが待っていました。
5回宙に舞いましたが、1回目2回目はフーと落ちる時に不安があり、私の表情が曇っていましたが、3回目から慣れ徐々に私の顔は笑顔に変わり、最後の5回目には、思わずバンザーイと叫んでしまいました。
何か、ダイワ鮎マスターズで優勝した人みたいですね。
皆さん、雨が沢山降っている中、どうもありがとうございました。
そしてお決まりの集合写真、私の笑顔が全てを物語っています。
皆さんのお蔭で、無事に鮎釣りを卒業する事が出来ました。
いつか私が戻って来た時は、また皆さんと一緒に鮎釣りをしましょうね。
それまで、皆さん元気で過ごして下さい。
次の地である沖縄へ行っても、皆さんの事は忘れませんからね。
本当に、今までありがとうございました。
シーユーアゲイン。
by鮎釣り
 
釣行84日 釣果5匹 総釣果数1862匹

この記事に

開く コメント(49)

開く トラックバック(0)

今日は、ちょっと時間が取れたので、地元の河川である笛吹川へ、手軽な釣りであるサクリ釣りに出掛けて来ました。
笛吹川は、下流の桑戸橋から上流は、9月15日より自由釣りが解禁、10月1日より桑戸橋から下が自由釣り解禁になりました。
なので、9月15日以降は自由釣りが解禁になった事もあり、上流域の万力大橋には釣り人が殆ど入らなくなりました。
komi244さんが、万力大橋で友釣りをしていると言うので、挨拶に伺いました。
丁度始めたばかりでしたが、話しをしている時に20cm級をゲット、お見事でした。
車に戻り、渓流用のウエーダーを穿き、ベルト代わりにウエストバックを付けてタモもさし、鮎ベストと帽子は着用せず、田舎のオッサン風のいでたちです。(笑)
見るからに、ちょこっとの釣りなので、これなら妻もオッケイです。
橋上の堰堤下の右岸の流れに入り、10時にスタートです。
釣り下りながら、どんどんサクっていきます。
今度は、堰堤まで上り左岸の流れをサクリました。
釣れる鮎も、意外と背掛かりが多く、友釣りのオトリに十分使えます。
釣れた鮎のサイズですが、大きくても20cm位の大きさです。
12時20分に、一旦終了して車に戻りました。
釣果は12匹です。
 
イメージ 1
右岸の流れです
 
イメージ 2
万力大橋が見えます
 
イメージ 3
左岸の流れです
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
イメージ 6
午前の部の釣果12匹です
 
車で、万力大橋の下流へ移動して、13時にスタートです。
色々とサクりますが、水中バレが2回あったのみで、追加出来ません。
ようやく30分後に鮎が掛かりましたが、右に左にと掛かり鮎が逃げ惑うので、道糸がピュンピュン唸ります。
掛かり鮎の背中が浮いて来たのでよく見ると、針がしっかりと背中に掛かっています。
これではバレないなと確信しましたが、葦とかに引っ掛からない様に注意しながら、掛かり鮎が弱るのを待ってから引き抜くと、デカイ。
タモで無事キャッチしてから良く見ると、何じゃこりゃーですよ。
13時50分に終了、1匹のみの追加でしたが、メジャーで計ると、今季最大サイズである27cmでした。
 
イメージ 7
上流に万力大橋が見えます
 
イメージ 8
見事な27cmの白い鮎です
 
イメージ 9
今季最大27cmありました
 
イメージ 10
171gありました
 
10時〜12時20分 13時〜13時50分までの3時間10分で、17cm〜27cmの鮎を13匹釣り上げました。
 
笛吹川にも、まだ白いデカ鮎がいましたね。
それなりに、短い時間で数も釣れました。
 
明日は、静岡県の狩野川で、「大仁チーム戦」に出場します。
9月末を持って鮎釣りを終了しましたが、鮎心会の会長がどうしても出て欲しいと私の妻に直接お話しをして、今回大会に出られる様になりました。
明日は、鮎心会の名前で出場して頑張って来ます。
大会終了後に、優勝したわけでもないのに、皆さんからの胴上げが私の卒業式となり、私の鮎釣りは卒業となります。
 
釣行83日 釣果13匹 総釣果数1857匹

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

富山県 神通川の鮎釣り2日目最終日。
昨日は、折角撮った写真がパソコンに保存しておらず、写真無しのブログになってしまったので、今回は沢山アップしました。
いよいよ、今日で鮎釣りは卒業です。
昨夜は、素泊まりの宿でしっかりと休み、2時に起床してブログ更新を済ませ、今日の釣り場のポイントに早々に向かいます。
何時もなら、ゆっくりとしている私ですが、今日で最後となる鮎釣りなので気合十分です。
昨日釣れた、大沢野大橋の上流の瀬肩のトロ場に、7時に入り早速スタートです。
天気は曇り空、少し肌寒く水温も低いです。
この場所は、昨日やったので攻略法はバッチリ、立て竿の上飛ばし泳がせなのですが、水温低下の為に鮎の追いは悪い様です。
開始から15分後に目印にアタリがありましたが、何か動きがおかしいです。
そのま引き抜くと、口掛かりでした。
次は、腹掛かり、尾っぽと、まだ時間帯が早い様です。
開始から1時間45分後の8時45分に、ようやく10匹目の鮎を釣り上げました。
この場所で釣れる鮎のアタリは小ぶりでも強烈で、目印がぶっ飛ぶアタリを見せてくれて楽しいです。
相変わらず曇り空のままですが、水温上昇と共に鮎の追いも良くなり、9時45分には、20匹目の鮎を釣り上げました。
 
イメージ 1
大沢野大橋上のトロ場です
 
イメージ 2
最初に釣れた黄色い鮎です
 
イメージ 3
 
やっぱり、神通川へ来たら立て竿では無く瀬のベタ竿でしょー、と云う事で今度は波立った早瀬に立ち込み引き釣りをしました。
足をさらわれてしまうと、下のガンガン瀬に持って行かれてしまうので、慎重に釣りをしました。
入れ掛かりは無いものの、ポンポンと鮎が釣れますが、掛かり鮎が一気に瀬に乗り下って行くので、素早い対応が必要なので集中します。
また、掛かり鮎とのやりとりも、振り子抜きであったりと、これぞ神通川の鮎釣りだぜと、一人で納得していました。
12時に午前の部を終了して、一旦昼食の為に上がりました。
午前の部の釣果は、31匹と入れ掛かりもあり絶好調です。
 
イメージ 4
瀬落ちの早瀬に移動しました
 
イメージ 5
引き抜くのが大変な鮎でした
 
イメージ 6
午前の釣果31匹
 
午後の部は、瀬肩のトロ場に入り12時50分に再スタートです。
釣れている情報から、釣り人が一気に増え、上に下にと移動がままならなくなって来ました。
開始早々3連チャン、14時30分に40匹目の鮎を釣り上げましたが、曇り空の為に水温が思った程上がらず、また気温が徐々に下がって来て、状況が悪くなって来ました。
特に入れ掛かりも無いので、16時に終わりにしようかと思った位、一気に冷え込んで来ました。
私は、暑さには強いのですが、寒いと風邪をひいてしまいます。
今日は、半そでTシャツの上にプロバイダーのネオプレンのノースリーブを重ね着して防寒対策をしましたが、寒いです。
もう少しやって、ダメだったら止めようと、そのまま続けます。
夕方の入れ掛かりはありませんが、ポツポツと黄色い見事な鮎が掛かります。
そして17時になったら止めよう、あと1匹釣ったら止めよう、と17時を過ぎても、鮎釣りをしている自分がいます。(笑)
これで最後だと思うと、なかなか鮎釣りの止めところが出来ません。
そして17時15分、目印が見事な位にぶっ飛び、掛かり鮎が暴れまくります。
その時に、私は「これが最後の鮎だー」と大声出して叫び、終わりにする事にしました。
慎重に竿を貯めてから引き抜き、タモに無事キャッチ。
やったぁー、見事な背掛かりです。
もう、感無量の私がそこにいました。
自分で感動して、思わず嬉し涙が込み上げて来ました。
やっぱり、鮎釣りは楽しいなぁー。
こんな楽しい鮎釣りに出会えて、私は本当に幸せでした。
 
車に戻り、着替えを終えても一台のランクルが停まったままです。
もうすぐ暗くなると言うのに、何やら一生懸命に作業をしています。
私の、直ぐ上流で釣りをしていた方なので声を掛けると、ランクルの右前輪がパンクしていました。
ジャッキーを掛けるのですが、下が砂地なので、ジャッキーが掛けられず、石を置いても沈んでしまい困っていました。
私のレガシーで牽引するにも、右前輪のタイヤのネジを外している事から、移動も出来なくなっていました。
近くに落ちていたコンクリート片を見つけ、ジャッキーの下に置き、何とかタイヤ交換が出来て一安心しました。
あたりは真っ暗になり、雨が降って来たり、蚊に足首を刺されたりしましたが、心細くなっていたその方を励まし、私が少しでも人の役に立てた事が嬉しかったです。
途中で何度も「もう大丈夫ですから、山梨まで遠いので時間が掛かるから」と云って下さいましたが、途中で帰ってしまうと、逆に気になってしまい心配してしまうので、最後まで見届けて、その場を別れました。
最後のメイクドラマが、ここにありました。
約1時間、その方の手助けをしましたが、やっぱり人の役に立つって事は気持ちが良いですねー。
気分もルンルン、AKBの歌を聴きながらノンストップで富山から山梨の自宅まで運転して、無事に帰宅しました。
帰宅するなり妻より「お疲れ様」と3ヶ月間の私の鮎釣り三昧に対して、労いの声を掛けてくれました。(ありがとう)
 
イメージ 9
午後から始めたトロ場です
 
イメージ 7
 
イメージ 8
 
イメージ 10
 
イメージ 11
何の細工もしていません、見事な写真でしょ
 
イメージ 12
 
イメージ 13
 
イメージ 14
最後に釣り上げた記念すべき鮎です
 
イメージ 15
午後の釣果26匹(もううす暗くなっていました)
 
7時〜12時 12時50分〜17時15分までの9時間25分で、14cm〜20cmの鮎を57匹釣り上げました。
 
とうとう、私の鮎釣り三昧の3ヶ月間が終ってしまいました。
10月からは、沖縄への引っ越し準備に取り掛かります。
今まで、鮎釣りを通じて沢山の方と出会い、楽しい思い出を作って来ました。
本当に、鮎釣りを続けていて良かったと思いました。
知らない人から見れば、仕事を辞めて3ヶ月も遊んでばっかりで、バカじゃないと言う人もいるかと思いますが、仕事一筋27年、自分への最後のご褒美、この3ヶ月は自分にとって、とても充実した楽しい時間でした。
私のブログに、コメントしてくれた方々と会う事も出来ました。
また初めての川の釣行では、ブロ友の方々に大変お世話になり、ありがとうございました。
自分なりに、今ある時間を有意義に過ごす事が出来、とても満足しました。
しいて言うなら、8月の神通川、もう少し何とかならなかったの?
もう、台風の影響で鮎釣りが出来ない日々が続き、私が目標にしていた、今シーズン2000匹の鮎を釣り上げる目標が達成出来ませんでした。
自然が相手なので、しょうがないのですが、目標は達成に向けて努力する事、なので達成出来なくても私の気持ちは晴れ晴れしています。
今まで、私の鮎釣り記事を楽しみにしていた方にとっては情報発信が出来なくなり、大変に申し訳なく思っています。
沖縄の地では、アオリイカ釣りをメインに頑張りますので、また応援の程よろしくお願いします。
私を応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。
 
鮎釣り最高!
 
釣行82日 釣果57匹 総釣果数1844匹

この記事に

開く コメント(42)

開く トラックバック(0)

富山県 神通川の鮎釣り1日目。
今朝、3時に山梨の自宅を出発しましたが、連日の車の移動で、寝不足状態が続いています。
車の運転に気を付けながら、6時30分に無事、神通川へ到着しました。
神通川へ先に乗り込んでいる鮎心会の会長と合流して、ポイントに移動しました。
ポイントに着くなり、釣りの準備を始めるのでは無く、前日のブログ更新を始めました。
ブログ更新を終え、釣りの準備をしてから鮎心会の会長の所へ行き、早速釣れたての野鮎をお借りして、9時にスタートです。
橋上の左岸のテトラの一本瀬に入り、オトリを送った途端、一発で来ました。
やっぱり、今釣れたての野鮎の泳ぎは違いますね。
オトリを変え泳がせていると、何かオトリの動きが違う。
竿を上げて見ると、根掛かり?動きません。
少し竿をあおると、スーとゆっくり持ち上がって来ます。
そして顔を出したのが、20cmはゆうに超える鮎カケのデカイ顔が浮いて来ました。
そのまま引き抜こうとした所、口にくわえていたオトリを離し、ロケットでオトリが戻って来ました。
何と云う事でしょう、大事な私のオトリに食いつくとは、とんでもない話しです。
気を取り直して頑張りますが、本当にポツリポツリなので、数が伸びません。
思い切って、3号のオモリを付けて瀬の芯にオトリを入れて引きます。
3匹掛け1匹はロケット、でも24cmの良型鮎をゲット出来ました。
11時35分に、ようやく10匹目の鮎を釣り上げました。
12時まで頑張りましたが、午前の釣果は12匹、相変わらず私に釣れる鮎がいません。
昼食を食べ終わり、午後からは瀬肩に入り、12時50分に再スタートです。
この場所は、ポツポツと鮎が掛かります。
14時20分に20匹目の鮎を釣り上げました。
15時30分に30匹目の鮎を釣り上げました。
16時に40匹目の鮎を釣り上げました。
17時に終了しましたが、怒涛の入れ掛かりもあり54匹の釣果でした。
 
9時〜12時 12時50分〜17時までの7時間10分で、15cm〜24cmの鮎を54匹釣り上げました。
 
ようやく、今日は入れ掛かりがありましたよ。
夕方からでしたが、オトリを送ると1m先で鮎が掛かるのが見えたり、面白い様に鮎が釣れました。
今シーズン、これだけの入れ掛かりは初めてです。
釣れた鮎のサイズは18cm前後と小さいですが、目印が飛ぶアタリを見せたり、なかなか掛かり鮎が浮いて来なかったりと、本当に楽しい一日を過ごしました。
 
画像なのですが、素泊まりの宿に宿泊して、酔っ払っいながら画像だけを先にパソコンに取り込もうとして、パソコンに保存をして休んだのですが、今朝見てみると画像が保存されていません。
元のカードの画像も削除されており、酔っ払いながらパソコン操作はしない方が良いですね、反省です。
 
9月30日を持って、6月末に仕事を退職して7月から9月末まで、自分へのご褒美として鮎釣り三昧の生活を送りましたが、残す所あと1日になってしまいました。
最終日には、どんなドラマが待っているのでしょうか?
 
釣行81日 釣果54匹 総釣果数1787匹

この記事に

開く コメント(22)

開く トラックバック(0)

昨日の、狩野川釣行後に興津川へ向かい、今日は珍しく素泊まりの宿に宿泊して休みました。
朝起きると、相変わらず風が吹いています。
コンビニで朝食を買い、年券を持っているのにも関わらず、日釣り券を購入。
年券を持っているのにどうして?
実は、もう興津川では釣りをしないと思い、友人にあげてしまったのです、だから購入したのです。
しっかりと朝食を済ませ、今日は興津川の下流域にあたる承元寺に入りました。
水位は、まだ少し高い様で澄み、石色を見ると真っ白ですが、残り垢狙いで新幹線の上の左岸のチャラに入り8時40分にスタートです。
ここ最近と全く同じで、10分オトリを泳がせても、20分オトリを泳がせても、30分オトリを泳がせても、何の反応もありません。
とうとう、60分過ぎても異常なしですよ。
最初のアタリは、開始から65分後の9時45分、目印が一気に下流へ下ったので、しっかりと竿を貯めてから引き抜くと、18cmとオトリと同サイズの鮎が釣れました。
最初の1匹目を釣り上げるのに、どうも時間が掛かり過ぎていますね。
ようやくオトリが変わったので、少し広範囲で探っていると、直ぐ来ましたが水中バレ、改めてオトリを送ると、2匹目3匹目と連チャンで鮎が釣れました。
これは入れ掛かりかーと喜んだのは良かったのですが、その後は異常なし状態が続き、4匹目は開始から3時間5分後の11時45分に、ようやく釣れました。
12時に昼食の為一旦小休止、午前の部では4匹の釣果と全く持ってもう、見事な位の貧果です。
 
イメージ 1
日釣り券1500円
イメージ 2
新幹線の鉄橋です
 
イメージ 3
左岸のこんな場所から始めました
 
イメージ 4
最初に釣れた18cmの鮎です
 
イメージ 5
3匹目の鮎です
 
イメージ 6
4匹目の鮎はサビていました
 
イメージ 7
ボウズハゼも掛かりました(笑)
 
午後からは、承元寺橋の上流の左岸の瀬に入り、13時に再スタートです。
相変わらず、ここでも異常なしの状態が続きます。
あちこち移動して探りますが、全く鮎の反応がありません。
開始から1時間25分後に、水中の中でキラキラ光りながら、オトリ鮎がズルズルと下って行くので確認すると、10cmのチビ鮎が付いていました。
その後も、異常なし状態が続き、結局鮎の追加が来ぬまま、15時30分に終了しました。
午後からの釣果ですが、何とおチビちゃん鮎が1匹のみでした。
 
イメージ 8
午後は橋の上流からスタートしました
 
イメージ 9承元寺橋上流です
 
イメージ 10
10cmのおチビちゃんが釣れました(笑)
 
イメージ 11
 
8時40分〜12時 13時〜15時30分までの5時間50分で、10cm〜19cmの鮎を5匹釣り上げました。
 
今日も、ツ抜けすらできずに、見事に撃沈です。
ここへ来て、腕の差が一気に出て来た様です。
もう、私に釣れる鮎は居ないのでしょうか?
明日から、富山県の神通川へ最後の遠征をして、私の鮎釣り人生の幕を閉じます。
もう、この際釣れなくても良いのです。
どんな状況であれ、自分にとっては最高の思い出となるのです。
残り2日間、安全釣行で楽しんで来ます。
 
釣行80日 釣果5匹 総釣果数1733匹

この記事に

開く コメント(12)

開く トラックバック(0)

全21ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事