諸法無我

世の中の出来事をやぶにらみ・・・

世の中なにかおかしい

すべて表示

『いじめ』は「遊び」か「犯罪」か? 大津市皇子山中学のいじめ自殺事件の場合

■『いじめ』を見抜く
「いじめ」なのか「遊び」なのかは、主観を有するいじめている当人、およびいじめられている当人しか分からない。

禅宗の教えの中に『心そこに在らざれば、見るもの観えず、聞くもの聴こえず、心してことにあたるべし』とある。
皇子山中学で事件を起こした子供達の担任や、他の教員及び校長は、いじめる側・いじめられている側の子供の立場に立ち、起きている事象をしっかり把握していたのであろうか? 

このことが出来ていなかったために、いじめられている子の視点で状況を観察した子供達から寄せられた、「○○君が(自殺した子)いじめられている!」という訴えに対して、担任も学校側も「あれは遊びである」と簡単に否定してしまった。
それではということで、記者会見の席で皇子山中学の校長と大津市教育長に対し、「”いじめ”と”遊び”の違いをどのように見分けているのか?」という質問が記者から投げられ、これに対して両名とも回答できず、異例の記者会見中断事態となった。
『いじめのない学校をつくる』といった学校運営目標を掲げた皇子山中学と教育委員会がこの様なので、後は押して知るべしであろう。

いじめ事件が起きる都度、担任・学校側・教育委員会が自分の保身のために、表沙汰にならないよう事実を隠蔽し、「いじめはなかった」ことにしてうやむやにしてしまってきた。(自殺した生徒が”命”を代償にするほど苦しんでいたのに分かろうともせずに・・・)
これでは犠牲になった子供およびその家族は浮かばれないし、真実を突き詰め、真の原因究明もなされないため、再発防止策も講じられない。

■『いじめは』犯罪である
『いじめ』は『犯罪』である。としたほうが分かりやすく再発防止策も講じやすい。
今回ので起きた”いじめ自殺事件”に対し行われた生徒からのアンケート内容を見ると、行われたいじめの実態は明らかに刑事事件で言う”暴行””恐喝””強要””器物破損””窃盗””脅迫”に当たる。
自殺した生徒の親は、事件後ずっと「真実を知りたい!」と訴えてきたが、学校側・教育委員会側が、自分達にとって都合の悪い情報や事実を隠蔽し続けて、マスコミや世論に追及されて事実を小出しにしてゆくようでは、時間が経つにつれ真実を追究しにくくなる懸念がある。
そこで、警察力を借りて真実を追究してゆくために、刑事事件として告訴に踏み切ったわけである。 教育現場では、教育の「聖域」に警察権力が入り込むことの異常さに対し批判の声を上げているが、自分達の自浄能力がないことを棚にあげての批判は許されない。

いじめた当人達も、自分達がどのような犯罪を犯したかが警察の捜査により立証され、その上で刑罰を受け、自分達のやったことを内省し悔い改める方向に持ってゆくことが当人達にとっても、また類型事件の再発防止に有効であると思われる。
よって『いじめ』の再発防止は、いじめ事件を起こしている”いじめる側の人間=犯罪者”に対してを打つことである。

■『いじめ』の再発防止について
皇子山中学のいじめ自殺事件について、澤村大津市教育長は「いじめを受けた側の家庭にも問題がある」といった責任転嫁発言をしているが、大きな間違いである。
”いじめ”は”犯罪”であるので、犯罪を犯す”いじめる側”に問題がある。

『いじめ』の防止はいじめの加害者をよく知ることから始まる。
いじめの加害者は、何らかの満たされない思いがあり、イライラ、むかつきを抱えている場合がほとんどである。いじめが発生した場合は、その原因を探り、家庭教育や学校教育を見直すことが必要です。

<いじめっ子の家庭5つの特徴>  尾木直樹著 「いじめっ子 - その分析と克服法」より
・放任家庭
・子供に無関心な家庭
・体罰の多い、虐待家庭
・成績に追い立てられる、学歴信仰家庭
・夫婦不和家庭

<いじめっ子の特性>   尾木直樹著 「いじめ −その発見と新しい克服法」より
・家庭で父母に体罰を受けたり、いじめ的バツ等で教育されている子
・先生に体罰を受けたり(クラス・部活・授業)、きびしい管理と点検で追いつめられているクラスの子
・中学校では、小学校時代のいじめられっ子がいじめっ子に転化
・学力で大きく遅れている子、恥ずかしい思いを味わっている子
・自分に自信のない子、自分を好きになれないでコンプレックスをいだく子
・出番や輝きどころが保障されていない子

■ 『いじめ』加害者への対応

いじめの加害者は多くの場合、心や家庭に問題を抱えている。
いじめ行為は加害者の心のSOSの発信の表れともいえる。
この信号を捕らえ、上述のようないじめの加害者を生み出す要因はないかに注目し、学校と家庭が協力して加害者の抱える問題を発見し、解決しなければならない。

いじめの加害者を一方的に責めるだけでは、問題は解決しない。
心のSOSをよく聴いてやり、→その上で『いじめ』の行為は犯罪であることの気付き経の導き、→自身を内省させる。
いじめの程度がひどく、明らかに刑事訴追出来るほどのものであればそれなりの対応を行わなければならない。
家庭環境や親に問題がある場合は、学校・教育委員会・支援組織などにより、親に対しても、問題に対する気付きやその改善に向けた努力への取り組みを支援する必要がある。

いじめられる側、いじめる側とも特性は異なるがいずれもSOSの信号を発しているこの信号を周りの大人たちがアンテナの感度を上げ、早期に気付くことが今回の大津市の事件のような悲劇を生み出さない予防となる。

その他の最新記事

すべて表示

8月16日付時事通信によると・・・ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120816-00000014-jij-int 米国防総省は15日、今年4月にモロッコで発生した海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの墜落事故について、「パイロットが禁止された操縦を行った」として、人為的ミスが原因とする最終的な調査結果を日 ...すべて表示すべて表示

はじめまして・・・

2012/7/2(月) 午後 8:12

世の中の出来事でなにかおかしいナ?!と思ったことを別のブログサイトに掲載してありましたが、取り上げるテーマや視点がずれているのかレスポンスが悪いのでこちらのブログサイトに移動してきました。 過去のブログは↓に残しておきますので、暇な折にでも見てあげてください。   http://blog.goo.ne.jp/azhata 東日本大震災で福島原 ...すべて表示すべて表示

オスプレイ普天間配備

2012/7/2(月) 午後 7:57

沖縄の 米軍普天間飛行場に8月に配備予定の垂直離着陸輸送機オスプレイをめぐり、米国の言うがまま配備を進めようとする政府側と、配備反対を主張する沖縄県および山口県(沖縄配備前に陸揚げ・試験飛行を行う岩国基地がある)が真っ向から対立している。   対立のポイントは、オスプレイ開発後実戦配備したモロッコと米フロリダで起きた墜落事故の事故原因究明が完全に終わっ ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事