ここから本文です
AZ-Prolog 開発ブログ
デバッグ機能が強化されPrologプログラミングの特徴である、再帰・ユニフィケーション・バックトラックが容易に理解できる

書庫最新記事

すべて表示

  • Bはいくつですか(その2)

    組込述語length/2の仕様を、IF,SWI,Kと同じになるように改造してみました。 なんと、インタプリタデバッグモードで0.69秒だったのが0.077秒。ゴール呼び出し回数は1.3%に、処理時間は11%になってしまいます!(CPU:Core i7-860/2.8GHz OS:Windows7 64bit) もとの処理では、new_lengt ...すべて表示すべて表示

  • Bはいくつですか(length/2...

    2012/2/6(月) 午前 0:21

    2ちゃんねるの【論理】Prolog【初心者】スレにつぎのような問題と回答が載っていました。 面白い解法であるのと、組込述語の仕様に関することなので、ここに取り上げました。 http://toro.2ch.net/test/read.cgi/tech/1289016056/ %%%%% 141 :デフォルトの名無しさん:2011/ ...すべて表示すべて表示

  • これからこそPrologの時代

    2012/2/5(日) 午前 2:24

    2012年1月21日東京銀座にて「Prolog復興会議準備会」が開催され、当日参加申し込みの方もおられて会場は満員御礼状態。活発な意見交換とProlog活用事例紹介が行われました。 http://atnd.org/events/23413 この会議上で、パーソナルコンピュータの性能や処理系実装技術の進歩によってProlog言語の性能がかっての ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事