塩風呂具

嫁はステージ4 の卵巣癌

バイクのある日々

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全93ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ジャボチカバの木を買うかどうか迷ってる「黄色F改」です。

数年前から人気に火がついたようです。

知名度のなさで5年くらい前にはホームセンターで叩き売りされてたんですが。。。

ふと思い出して、買おうかと調べてみたら、まぁまぁな価格してます。

僕の植物を選ぶ基準は果樹である事です。

バナナの木であったり、パパイヤを鉢に植えたり、フェイジョアやらなんやらと。

そもそもはアボカドの種を発芽させた事が始まりです。

パパイヤは実を食べた後の種を畑に捨てたら勝手に生えたので、鉢に上げて室内管理で越冬させたり。。。

温室なんてないので、リビングに置きっぱ。

冬になるとリビングが一気に狭くなり、嫁からヤイヤイ言われます。

ガチの温室建てたろかと思いましたが、建てる場所が無くて断念。

ちなみに我が家の敷地はデカいが空きは無い感じ。
家の周りは畑なので、潰す訳にいかんのだ。

ちなみに、剪定とか全くわからんです。

シークワサーの木があるけど、剪定方法が分からずいつも実が小さい。

炭酸水に絞って1杯分な感じ。
美味しく消費できるサイズと言えば聞こえが良いかも。

バナナはまだいちども実が出来ていない。

2019年5月には地面に植えてみようと思う。
だだ、横から芽が出て増えるので、放ったらかしにするとジャングルみたいになるので注意が必要かな。


2018/12 アクションED 丸太祭の話を。

イメージ 1



毎年、年末に行われるオフィスアクションのアクションED丸太祭りに参加してきました。

このレースに出ないと1年を締めくくれず、また年は越せません。

コースに設置された丸太がなかなかのインパクトがあり、これを超えないと遠回りしてタイムを失います。

イメージ 2


視覚でヤラレます。

スタートは1列づつ。

自信のある人は前の方が有利なのはわかってるけど、僕は2列目でスタート。

イメージ 3


さっそく丸太の餌食に。

主催者の、思う壺に肩までハマってしまい、時間をロス。

エスケープ組とあまり変わらないタイムで丸太エリアを通過した。

2周目も失敗。

イメージ 4



何度やっても成功しない。

そもそもフロントが上がらない。

なぜ?

丸太が壁のように見えてビビっちゃう。

イメージ 5



これ以上丸太に捕まってたら、余計にタイムロスするので、エスケープすることにした。

そのかわり、コースではハイペースを保つように心がけた走りをした。

丸太で抜かれてコースで抜き返すを繰り返して、バンバン飛ばす。

イメージ 7




僕の限界ペースで走り続けてるけど、丸太を通過できないので、エスケープのタイムロスがもどかしい。

必死に飛ばしまくり、3時間のレースもあと1周となったので、再び丸太へ。

イメージ 6



でも失敗。

仕方なくエスケープへ。

最後の1周で失ったタイムを取り戻すべくアクセルを開けて走って、長いストレートを下って低い丸太を数本超えたらゴールってとこでまさかのガス欠!

残り20m程なのに小さな丸太が1人じゃ超えられない。

ギャラリーに助けてもらってなんとかゴール。


結果
7位/36台
19位/50台

ガス欠するとは思わなんだわ。

WEX-E R2 Gaia

真実を受け入れられない「黄色F改」です。

詳細は次で。


2018/5/4
WEX-E R2 gaia に参加してきた話。

#197

5/3が祭りで神輿を全力で担ぎ、ヘロヘロ状態で夜の10時に長野県大町市の会場へ向かった。

到着は深夜2時過ぎ。

マッハでバイクを下ろして車中泊。

2.3日前から胃の調子が悪いと嫁が言う。

僕の出るレースは昼からなのと、雨が降ってて寒いので、車で待機だろうなぁと。

イメージ 1


レースが始まる昼過ぎには雨は止み、太陽が出てきてコンディションは急激によくなり、子供達も応援に出てきてくれた。

とうちゃんは張り切ってスタート!

いつもスタートはグダグダやのに、今回はまぁまぁな出だし。

10番目くらいで2コーナー、3コーナーと進む。

イメージ 2


丸太とロックと迂回が選べるルート。

結局ずっとロックだった。

丸太の存在を忘れて走り続けてしまった。

ロックのラインは2本。

そのどちらかで転倒されたら、まぁまぁのタイムロスに。

イメージ 3



ウッズのコースはどこに向かっていいかわからない。

こんな自由なコース設定は今までに経験した事がない。

毎回ルートを変えたが、どこが正解だったねかわからなかった。

イメージ 4


1周して戻ってきた時には3位だった。

これは多分、速い人たちはロックでやられたか、ウッズで迷子になってるのか?。。。

なんせ良い感じなので、頑張っちゃう!

その後2に上がり、1位の人が見えてきた!
その差2秒まで接近。

しかし、徐々に差が開いて15秒差くらいで10周くらい走った所でロックでこけて、差が開く。

最後の周回にいたっては、総合3位から4位に転落。

まぁ、そんなうまくはいかないよね。

結局そのままゴール

結果、クラス2位、総合4位。

総合は最後のロックに捕まって、順位を落としてしまった。

なんか上り調子やし、次で優勝できんじゃね?

そんな事を思いつつ、週明けからアメリカ出張中はどないかしてバイクに乗れないから画策していた。



WEX-W 朽木スキー場

ブログを書いてる場合じゃない「黄色F改」です。

詳細はそのうち。

イメージ 3



4/15に滋賀県の朽木スキー場でレースにでた話。

4/1にアメリカより帰国して2週間が経ち、時差ボケも治って万全の体調で挑みました。

その前にバイクに乗ったのは1/7のスラムパーク。

お山の開拓にちょっとだけ乗ったけど、ちゃんと乗ったのはWEX-w R1スラムパークだ。

イメージ 4




雨の降る中レースはスタート。

ゴーグルは曇るし、ロールオフも付いてない安いゴーグルなので、スタート直後から泥で前が見えずペースあがらず。。。

1周目は22位で通過。
2周目も前の見えないゴーグルのまま走りきり、3周目にミスが続いてゴーグルを外した。

イメージ 1



ここが毎回ギリギリの登頂。
3周目に失敗したので、ゴーグルを外してペースアップ

徐々に順位が上がり、9番手まで上がって来た。

なんとなくラインも出来上がり、スムーズに走れるようになってきた矢先に転倒。。。

1分くらいロスしたけど、なんとか巻き返して最終的に総合15位、クラス6位。

最初の汚いゴーグルのままでペースが上がらんかったのが悔やまれる。。。

イメージ 2



6位かぁ。
頑張ったんやけどなぁ。。。




メットカメラです。
まぁ、暇なら見てよ。
夜空を見上げてもあんまり星が見えないのが悲しい「黄色F改」です。

今いるのはアメリカのネバダ州にいます。

5月くらいになると湿度が出てくるので仕方ないですが、それまでは空気がカラッカラに乾燥してるので、星がたくさん見えると期待していたのだが。。。

長いこと見てない天の川とかさ。
条件が悪いだけかな?

仕事帰りに毎晩見上げてるんやけどなぁ。。。



今回は2017/12/3 アクションエンデューロ 丸太祭りのお話

またも写真はいろんなとこから盗んでます。
すいません。

2.3日前から風邪をひいてしまい、咳き込んで夜も眠れず、睡眠時間1時間ほどでレースに挑む強行突破で参戦しました。

朝の4時に家を出て、ゲホゲホゼーハーな感じのまま現地着。

レースの準備をしてたら、ブレストガードを忘れた事に気がつく。

ダメもとで怪人さんに持ってないか聞いたら、まさかの2個持ちで貸してくれました。

ほんと助かりました。

普段ならそんな忘れ物なんてしないのですが、風邪ひいたままレースに来ちゃダメですねぇ。。。

この日は快晴で暑くなりそう。

水を飲む場所を決めて、スタートに並ぶ。

イメージ 1




苦手なヘルメットタッチスタート。

左手をメットに当てて、その間は左足はシフトの上に浮かし続けて、日章旗が振られたら、クラッチをマッハで握って1速に入れてダッシュ!

イメージ 2



2番手で1コーナー、2コーナーを回り、3コーナーで3番手に。

イメージ 3



そして最初の丸太で失敗して横向きになってしまった。

モガモガしてるうちに次々と抜かれて、10番手くらいに落ちた。

行けると踏んで余裕ぶっこいたのがいけなかった。。。

もう腕がパンパン。

イメージ 4



木の下くぐるのが何気にしんどい。

木をくぐった先で渋滞してたので、なかなか手前のラインを使って渋滞を回避。

タイヤのぶら下がった所でも数台をパス。

最後に2段のヒルクライムを超えたら、あとは下って集計。

この時、トランスポンダーの凄さを知らず、表示される時間やら数字が何を意味するのかわからなかった。

どうやら1位通過だったらしい。

イメージ 5



デッカい丸太を超えて階段を登る。

イメージ 6



なぜこの階段なのか?

そもそも見た目にやられる。

なぜ踊場を作ったんだ?

2度ほどこの階段を使ったが、となりの真っ直ぐな階段と同じルートになるので、後はずっと真っ直ぐ階段を使うようにした。

最後に気がついたのだが、この踊場階段は実はかなりショートカットできたようだ。。。

イメージ 7


後ろに乗ってんなぁ。。。

その真っ直ぐな階段で投げを2回。
マクレて落ちたの1回。

リアフェンダーをポッキリやらかして、頭の中は修理代でいっぱいだった。

この辺で4位に後退。

丸太のセクションは気が張っているので咳込まないが、裏のコースに入ると咳を思い出し、ずっとゲホゲホ。

で、息が出来ずゲ〜ってなる。

水を飲んでうがいして、走りながらペッて吐いて、しばらくして咳こんで、またゲ〜ってなる。

やめたほうがいいような気がしてならなかった。

イメージ 8



口がずっと酸っぱいし、咳は止まらんし。

早く時間が経って終わって欲しいと切に願うばかり。

無情にもレースはまだ半分も経っていなかった。

イメージ 9



階段手前のデカい丸太を動きながらヒョイと越えられたのに、一旦停止しなきゃ越えられなくなった。

越えるタイミングなんやろけど、なんだかよくわからんように。。。

集計の時計であと何分か確かめるが、何がどれやらわからず、残り30分ほどで理解した。

どうやら3位らしい。

もうお腹いっぱい。3位なら満足よね。

イメージ 10



そんな気持ちで走っていると、ちょっと離れた位置に、もとかも氏が見えた。

序盤に抜かれて、付いて行けずさようならしたのに?

ミスでもしたのかな?と思いながら、追いつこうと頑張るとコッチがミスするから、マイペースで走る事に。

残り時間はそんなにないし、4位に落ちたくないし。

イメージ 11



でも、集計前ですぐ後ろに追いついた。

お互いだが、疲れとるんだろうなぁと。

猫山では最後の周にコケた時に巻き込んだし、もとかもさんがミスったら前に出ようくらいに思っていたら、迂回に回って行った。

イメージ 12



僕はいつもの丸太と階段を越えて、その先もミス無くハイペースでもない80点の走りで集計に着いたら2位に浮上していた。

迂回すると1分くらいロスするんじゃなかろうか。。。

そんなこんなで丸太越え。

裏のコースを走りながら考えていたが、迂回って走ってないから、もったいないなぁと。

次の周が最後だったので、迂回を回る事にした。

走ってみると、スタートした時のコースでした。

丸太の方にすれば良かったと後悔。。。

とにかく、コケないように安全運転でコースを周回しゴール。




結果は2位のままでした。



2017年の3レースはこんな感じ。

丸太祭りが風邪で酷い目にあいましたが、自己管理の無さがこうさせたので仕方ありません。

徐々に感を戻しつつありましたが、レースを続けるのなら、せめて月イチでバイクに乗らないとダメですね。

練習無しでいきなりレースは、感が戻るまでに最初の数周を無駄にしてしまいます。

調子が良くなってきた頃には腕がパンパンやし。。。

2018年の前半は、ほぼアメリカ生活になるので、またイチからやり直しやな。

アメリカで乗って怪我したらヤバいし。。。

あぁ、バイク乗りてぇ。。。

2017/10/29 CGC大町

ピザにブルーチーズがトッピング出来るのを知ってパワープレイ中の「黄色F改」です。

と、言っても週イチで、2日に分けて食べてます。

デカくて食べきれないので。
それでも太っていくよ。。。

アメリカはダメだ。。。


2017/10/29 CGCエンデューロ大町に参加した話。




さわやかクラスに出ました。

前回の猫山で散々な目にあい、今の僕にはちょうどいいクラスなのでは?と思った次第です。

今回も勝手に画像を盗みました。
ごめんなさい。

イメージ 1



台風の影響で前日より雨が降り続き、コースはドロドロ。

120分のレースが90分に短縮され、コースカットもあるらしい。

セクションが無くなるのは寂しいけど、さわやかクラスを選んだからには仕方ない。

イメージ 2



時間になりスタートラインに並ぶ。

ゴーグルしてるけどいつまで持つか。

こんな雨ならすぐに曇ってしまうだろう。

イメージ 3



1列目からスタートしていく。

僕は3列目か4列目だったか。

もう、目の前の坂でグダグダなりかけてる。

渋滞する前に登り切りたい。

イメージ 8




ビョンと取り付き上まで登れた。

雨で緩い土のはずがグリップする。

イメージ 4



タイヤはVE33で空気圧0.6。

もっと落とせるけど、グニャグニャした感じが好きではない。

今回みたいなコンディションなら0.3くらいの人も多いんじゃないかと。

ビードストッパー2個はキツいかな?

せめて3個。
できれば4個は欲しいところ。

0.3ならね。

前回の猫山は1.0でだいぶ苦労したけど。。。

イメージ 5



登り切ってからの下り。
下りきった所がキツく落ち込んでて前転してしまった。

そこからキック地獄に堕ちて、50回くらいキックキック。

復帰した頃には10台くらい抜かれたんじゃかなろうか。。。

そして、いま降りた下りの向こう側からすごい轟音とラジエターの焼ける臭いが漂ってきてた。

イメージ 6



どうなってるのかそこからは見えなかったが、スタートしてすぐのヒルクライムが登れず頑張ってるんだろうなぁ、くらいに思っていた。


コースはドロドロしてるけど、思ったほど滑らない。

タイヤを超える横にエスケープルートも。

その次の岩もそんなに大きくないし、しっかりしてるから、あんまり滑らない。


でも、その先のタイガーウッズに入ってから、ツルツル具合がアップ。

イメージ 7



1周目はまだ人が少ないけど、2周目辺りから密集する様になると予想。

次のオイルショックも黒土のチュルチュルな登り。

ラインは大きく2本。と迂回。

とりあえず、右ラインを選んでクリア。

イメージ 9



あと、どっかウッズの中を下るはずと思い、入り口を探しながら走るも見当たらず集計についた。

どうやらカットされてるみたい。

だいたいのコースは頭に入ったので、2周目からペースを上げる事ができるのだが、最初のヒルクライムがエライことになっていた。

イメージ 10



右のラインから行けるよと教えてもらったが、なんなら更に右の草むら入って、ニューライン作ったろと思って突っ込んだのが失敗。

上の方まで行きすぎて、このままならショートカットしてしまう所まで来てしまったので引き返して、前転した下りに戻った。

1本松をクルッと回るハズだったコースもカットだったので、取り敢えず回ってみた。

たしかに。これはカットしないとスタッフ大変だわ。

タイヤ、岩と超えてチャレンジヒルからタイガーウッズへ。


イメージ 11



ソコソコ混み出してきた。

渋滞待ちみたいになって休憩しながら先に進み、オイルショックで右ルートの最後でラインが無くて停止。

一旦下まで降りないとツルツルでリスタートできなかった。

じゃ、次は左のルートを選んだ。

で、今度は最後でコケてる人を避けようとして失速して登れず。。。

右ルートでもう一度。

真ん中辺りでラインが全部転倒者で埋まって停止。

諦めて下って迂回に行きました。

集計に着いて時計をみると50分くらい経っていた。

2周目に20分以上かかってたみたい。

イメージ 12



ちょっとペースを上げ気味にして、その後はチャレンジヒル手前で転倒したのと、タイガーウッズ手前の下りで転倒したのが最後の失敗でした。

残りは淡々と走って5周でゴール。

イメージ 13




結果は2位。

この時の僕にはちょうど良いレースだったのかもしれない。

で、帰り道
寄りたい所 その3
桔梗

山賊焼の店で晩御飯。


イメージ 14



子供達の顔よりデカイ鳥の唐揚げを食べました。

電動バイクを充電しながら旅するテレビ番組見てね。

デカっ!食べたいっ!

と。まぁ、こんなとこです。


今日はこのへんで。

全93ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事